「清瀬市の小児科」看護師求人一覧

「清瀬市の小児科」の看護師求人は下記の転職サイトで非公開求人として紹介されている病院が多数あります。 「清瀬市の小児科」だけでなく全国の看護師の求人を扱っており、それぞれ違う病院の求人があるため、3サイトとも登録して探すのが希望の求人を見つけるならオススメです。

 武蔵野総合クリニックの求人情報・採用情報

医療法人社団順洋会武蔵野総合クリニックは、西武鉄道池袋線の清瀬駅から徒歩約1分のところにある入院病床10床の有床診療所です。診療科目は内科、外科、小児科等を含む10科目で、診療設備の他に訪問看護ステーションを併設しています。看護師の勤務時間...

正式病院名医療法人社団順洋会 武蔵野総合クリニック
 施設形態東京都のクリニック(診療所)
 診療科目 内科|外科|小児外科|小児科|整形外科|泌尿器科|
 住所 東京都清瀬市元町1-8-30
 最寄り駅清瀬駅
  •  電子カルテ
  •  4週8休以上
  •  ブランク・未経験可

詳しく見る

 山本病院の求人情報・採用情報

医療法人社団 雅会 山本病院(東京都清瀬市)は、昭和36年6月に開設された半世紀以上の歴史ある病院で、標榜する診療科目は内科と外科、小児科、整形外科、泌尿器科、皮膚科など6診療科、病床は一般病床79床です。関連施設には訪問看護ステーションが...

正式病院名医療法人社団 雅会 山本病院
 施設形態東京都の一般病院
 診療科目 内科|外科|小児科|循環器科|整形外科|肛門科|胃腸科|
 住所 東京都清瀬市野塩1-328
 最寄り駅秋津駅
  •  車通勤可
  •  2交代制
  •  4週8休以上
  •  駅近

詳しく見る

 清瀬リハビリテーション病院の求人情報・採用情報

回復期リハビリテーションに特に力を入れている社会福祉法人 上宮会 清瀬リハビリテーション病院(東京都清瀬市)は、内科や呼吸器科、消化器科、小児科、膠原病内科、歯科などの診療科、回復期リハビリテーション病棟93床、一般病棟27床、呼吸器病棟4...

正式病院名社会福祉法人 上宮会 清瀬リハビリテーション病院
 施設形態東京都の一般病院
 診療科目 リハビリテーション科|内科|呼吸器科|小児科|歯科|消化器科|皮膚科|
 住所 東京都清瀬市竹丘3-3-33
 最寄り駅清瀬駅・新秋津駅
  •  車通勤可
  •  2交代制
  •  4週8休以上
  •  教育充実
  •  ブランク・未経験可
  •  駅近

詳しく見る

 複十字病院の求人情報・採用情報

スキルアップを望む看護師さんにとって理想的!プリセプター制度やクリニカルラダー制度を導入し、がそれぞれのレベルに合わせしっかり成長できる。結婚・出産後の制度も充実。東京都清瀬市にある財団法人結核予防会・複十字病院は、呼吸器内科、消化器外科、...

正式病院名財団法人 結核予防会 複十字病院
 施設形態東京都の一般病院
 診療科目 アレルギー科|リハビリテーション科|内科|呼吸器外科|呼吸器科|小児科|循環器科|放射線科|整形外科|歯科|泌尿器科|消化器科|皮膚科|神経内科|耳鼻咽喉科|麻酔科|
 住所 東京都清瀬市松山3-1-24

詳しく見る

 宇都宮病院の求人情報・採用情報

医療法人社団宇都宮病院は、最寄り駅の西武池袋線「清瀬駅」から徒歩2?3分のところにあり、病院の向かい側には市立駅前図書館があります。都心の池袋駅から清瀬駅まで25分程度ですので、池袋駅から病院まで30分足らずと通勤にもショッピングにもとても...

正式病院名医療法人社団 宇都宮病院
 施設形態東京都の一般病院
 診療科目 内科|小児科|産婦人科|
 住所 東京都清瀬市元町1-4-41

詳しく見る

清瀬市ってどんな市?

戦前まで結核患者の療養地であった清瀬市。そのため市内には財団法人結核予防会複十字病院や、設立当初は結核療養を目的としていたため「清瀬の療養所」と呼ばれていました。

しかし現在では結核以外の診療を中心に行っている国立病院機構東京病院などの国立や都立の大規模病院があることや、内外の人類のみならず動植物に由来する研究施設も集まっていることから「医療の街」と呼ばれています。

また市内には金山緑地公園など緑地が多く、緑地面積は市域の約46%を占めていますし、農地も市域の4割を占めています。この農地では黒土が深いという利点があり根菜類の栽培が多く行われていて、とくにニンジンは都内の出荷額の半分を占めています。

そのため、にんじんを利用した「にんじんジャム」や「にんじん焼酎」なども市内で販売されています。また酪農も比較的盛んで、中清戸の清瀬市役所周辺に集中して立地しています。

市名の由来には諸説あり、 市内の地名「清戸」と、市内を流れる柳瀬川から、一字ずつ取ったという説、日本武尊がこの地を訪れ、木の下で休んだ際に、木の下の土を見て「清き土なり」と言ったことから「清土」の名が生まれ、それが「清戸」に変わったのであるという説、市内を流れる柳瀬川の「清らかなせせらぎ(瀬ぎ)」から名付けられたという説があります。

掲載サイト一覧