「上越市のリウマチ科」看護師求人一覧

「上越市のリウマチ科」の看護師求人は下記の転職サイトで非公開求人として紹介されている病院が多数あります。 「上越市のリウマチ科」だけでなく全国の看護師の求人を扱っており、それぞれ違う病院の求人があるため、3サイトとも登録して探すのが希望の求人を見つけるならオススメです。

 名立診療所の求人情報・採用情報

医療法人社団ひらはら内科クリニック 名立診療所は、新潟県の上越市名立区に位置している病院です。病院への交通アクセスですが、上越インターを降りて上越市役所方面へ向かって頂くと数分でアクセスする事が出来ます。病院の特色ですが、上越地域の方に個人...

正式病院名医療法人社団ひらはら内科クリニック 名立診療所
 施設形態新潟県のクリニック(診療所)
 診療科目 アレルギー科|リウマチ科|内科|呼吸器科|小児科|心療内科|放射線科|
 住所 新潟県上越市名立区名立大町196
 最寄り駅名立駅

詳しく見る

上越市ってどんなまち?

上越市は新潟県南西部に位置している、新潟県内では第3位の人口を擁するする特例市に指定された都市。上越地方で古くから相互補完の関係を築いてきた高田市と直江津市が、1971年4月29日に新設合併して誕生。

その後、2005年1月1日に市域周辺の13町村を編入合併し、現在の市域となりました。律令時代には越後国の国府が置かれ、戦国時代には長尾景虎(上杉謙信)に代表される上杉氏が春日山城を居城、その城下町として盛えました。

上越市は合併特例法に基づく地域自治区制度を初めて導入した市で、現在は地方自治法に基づく28の地域自治区を設置しています。日本海に面していることから、夏には長野県方面から多くの海水浴客が訪れます。

他にも、日露戦争に勝利した日本の軍事研究を目的に来日したテオドール・エードラー・フォン・レルヒ少佐が、金谷山で日本で初めてとなるスキー講習を行ったことから「日本スキーの発祥地」としても知られており、冬には多くのスキー客が訪れています。2000年代前半、直江津港北東沖で海底表面にメタンハイドレートが露出している海域が発見されました。

海底面上にあるメタンハイドレートが発見されたのは東アジア周辺海域では初めてで、2004年7月に実施された共同調査では、日本海側で初めてメタンハイドレートの天然結晶サンプルが採取されています。

掲載サイト一覧