失敗しないための看護師求人情報のチェックポイントは?

看護師が求人探しに困っている

売り手市場といわれている、看護師の転職事情

一方で、条件がいい求人だと思って転職したのに、実際に転職したら全然違っていたと後悔する看護師さんも少なくありません。

大切なのは、失敗しない求人を選ぶことです。

そこで今回は、絶対に転職を成功させたいあなたに、失敗しない求人情報の選び方をご紹介します!

看護師の求人倍率と求人の現状が知りたい

やっぱり看護師不足

平成26年度、全国のナースバンクの求人倍率は2.79倍と、過去10年間でもっとも高い求人倍率だったことがわかりました。

これは、求職者一人当たりに2.79の求人がある、ということを表しています。

平成26年度の一般の職種の求人倍率は1.09倍であることと比較すると、看護師の求人倍率は2倍以上あり、他職種に比べると看護師は就職・転職がしやすい状況である、といえます。

人気求人は争奪戦?!

看護師の求人倍率は高い傾向にありますが、一方で求人と求職のミスマッチも多く起きています。

平成26年度に全国のナースバンクにおいて、求人と求職の条件が一致し、就業まで至った人の割合は、6.2%にとどまっています。

つまり、看護師の求人数はたくさんある一方で、求職者の条件に合う求人は少ないということなのです。

そのため、多くの求職者の条件に合う求人は「人気がある求人」となっており、争奪戦となっているのです。

看護師求人を比較するにはどうすればいいの?

公的なハローワーク

求人情報を探す方法として真っ先に浮かぶのが「ハローワーク」ですよね。

ハローワークでは、さまざまな職種の求人が集まっており、自分の条件に合った求人を無料で探すことができます。

ハローワークは全国にあるため、遠出をしなくても自分が居住している自治体で仕事を探すことができるというメリットがあります。

また、ハローワークでは専用端末に希望の条件を入力することで、自分では思いつかなかった職種の求人も閲覧することができます。そのため、幅広い求人情報を集めることができます。

ハローワークのメリットとデメリット

一方で、ハローワークでは勤務地を絞り込むことはできても、診療科や病棟、病院の規模といった専門的な検索ができません。看護師のような特定の資格を持っている方が求人を探す場合には、あまり向いていない方法だといえるでしょう。

非公開求人なら転職サイト

ハローワーク以外で看護師の求人情報を探す方法。

それは、「看護師の転職サイト」を利用する方法です。

転職サイトは、厚生労働省の許可を得た民間会社が運営しており、看護師の転職についてさまざまなサービスを提供しています。

転職サイトに登録することで、ハローワークでは検索できないような、より看護師に特化した条件で求人情報を検索することができます。

特に、転職サイトで注目したいのが「非公開求人」です。

看護師転職サイトの非公開求人

求人の中には、ハローワークや新聞の折り込み広告などで求人情報を公開していない、
「非公開求人」というものがあります。

求人を非公開とすることで、より求人側の条件に合った求職者を探すことが目的です。

こうした非公開求人情報を扱っているのが、転職サイトなんです。

つまり、よりよい求人情報を探すには、転職サイトを利用することが一番なんです。

一方で、一部の転職サイトは求人側の条件を重要視せず、評判の良くない求人を積極的に紹介して紹介料で稼いでいる、という情報もあります。転職サイトそのものも、さまざまな情報を加味した上で慎重に選ぶ必要があります。

看護師の求人の選び方 条件別に選ぶことは重要?

求人情報は、限られたスペースにたくさんの情報が記載されています。

そのため、どの情報を特に重視すればよいか、迷ってしまう方も多くいます。

そこでおすすめなのが、「求人情報を条件別に選ぶ」ということです。

特に看護師の求人において重要な3つのシーンについて、解説していきましょう。

ママナースやブランクのあるナースの場合

ブランクのあるナースやママナースは、希望する条件を重視しましょう。

ブランクがあるナースは、「復帰にあたり、研修を受けることができる」

ママナースは「院内保育所がある、時短勤務も受け入れてくれる」

など、それぞれの条件に対してどういった対応をしてくれるかを見ます。

このとき注意したいのが、それぞれの条件について、より深く情報を見る、という点です。

経験者歓迎とうたっている求人は、ブランクがあり技術に不安がある方にはあまりおすすめできません。

先ほどあげた「院内保育所がある」という条件で求人情報を探す場合、院内保育所の有無だけでなく、

  • 「月にどれくらいの自己負担額があるか」
  • 「就職希望時、保育所の空きはあるのか」
  • 「土日祝日の勤務、夜勤時にも預けることはできるのか」

など、より深く情報を見ることにより、自分の理想に近い求人を探すことができるのです。

高収入を希望する場合

求人情報の中には高収入をうたっているものもありますが、その場合は「なぜ高収入なのか」という点を特に重点的に調べます。

高収入をうたっている求人の中には、看護師が極端に不足しており、一人でも多くの看護師を確保したい、という求人が多くあります。

一方で専門医療を扱い、高いスキルを条件にしている求人は、ただの人寄せで高収入をうたっているものとは異なります。

たとえば

  • 認定看護師など、看護師に加えてほかの資格も取得している
  • 透析や手術室など、特殊な看護技術をすでに一通り取得している

などです。

この場合は「高いスキル」が高収入である理由ですので、信用できる求人と言えるでしょう。

【短期・高給与・寮あり】
気になる応援ナースの働き方とは?

高給与求人が希望ならココ!

看護師の求人にも年齢制限がある?

看護師の求人の選び方 診療科目ごとの特徴を比較

自分の専門分野を極める医師と違い、看護師は職場によって担当する診療科が変わります。

よって、看護師の求人情報を見るにあたり、「どの診療科があるのか」という点は非常に重要となります。

また、「どの診療科が自分にあっているか」というのは、実際にある程度、勤務経験を積まないと見えてこないという実態もあります。

では簡単ではありますが、各診療科について解説していきましょう。

「内科」

内科は外科などに比べ、一人の患者さんと長期にわたって人間関係を構築する必要があります。

よって、患者さん一人ひとりとじっくりかかわりたいという方には向いているといえます。

透析の看護師求人の見分けるポイント

内視鏡室の看護師求人の見分けるポイント

「外科」

外科では主に術前、術後のケアがメインとなりますので、患者さんの入れ替わりは内科に比べて早くなります。

よって、「患者さんが元気に退院していく姿を見たとき、やりがいを感じる」という方には向いています。

整形外科で働く看護師
業務内容と転職成功のコツ

「救急、ICUなどのハイケアユニット」

救急外来やICUなどのハイケアユニットでは、患者さんの入れ替わりが非常に早く、かかわれる時間も限られてしまいます。

他部署に比べより広範囲の知識と経験が必要となりますが、看護師としてさらに成長したい方、医療の最前線で働きたいと思っている方に向いている環境です。

救急外来(ER)看護師の求人情報の選び方
転職で失敗しない方法

「精神科」

精神科では患者さんの言動や行動に振り回されず、常に冷静にアセスメントを行う必要があるので、周囲に流されず、マイペースに仕事ができるという方が向いています。

精神科看護師は大変?
スキル、メリットデメリットを徹底調査

精神科病院の看護師求人
精神科勤務の経験がなくても可

精神科 看護師求人はしっかり比較!

精神科で働く看護師が抱える悩みとは?
やりがいはあるの?

【精神科】
看護師の求人と仕事内容

「小児科・産婦人科」

小児科や産婦人科は、対象となる患者さんが限られているため、より専門的な知識が必要となります。

小児医療センターなど専門病院に勤務すれば自身のスキルアップにもつながり、資格取得者であれば給料面でも優遇されます。

小児科では患児だけでなく家族に対するフォローも看護師として重要ですし、子どもの成長発達に合わせた看護を提供する必要があります。

産婦人科では、産科は妊娠・出産を扱うため、「異常の早期発見」がメインとなります。婦人科では女性にとって精神的に辛い処置も多く、患者さんの負担軽減も重要です。

対象となる方一人ひとりに合わせ、より細かい心遣いが必要となるため、「子どもが好き」「赤ちゃんが好き」「少しでも安心して過ごしてもらいたい」と思える看護師さんに向いている診療科といえるでしょう。

小児科看護師の求人
転職を成功させるカギ

小児科で働く看護師の仕事内容

小児科の看護師の給与の実態と手当

「緩和ケア」

緩和ケアは、最期の時を迎える方とそのご家族が、穏やかな時間を過ごすためのお手伝いをする診療科です。

また、最期の時以外でも、ガンなど疾患によって疼痛など苦痛に感じる症状を緩和し、QOLを上げるという診療科でもあります。

そのため、緩和ケアについての知識は必須条件ですし、「患者さんの希望をどうしたら叶えることができるか」という、常に患者さんやご家族側に立って、ケアを行える方が向いています。

緩和ケアの看護師求人の見分けるポイント

緩和ケアの看護師
働くメリットとデメリット

【緩和ケア】
看護師の役割と仕事内容

看護師の求人の選び方 常勤・派遣・パートの場合

看護師として働く際、常勤以外にもパート、日勤のみ、非常勤など、さまざまな働き方があります。

  • 「教育体制の整った職場で、看護師として成長したい」
  • 「看護師としての経験をどんどん積みたい」

という方は、常勤として働くことをおすすめします。

シフトによってさまざまな時間帯の勤務を経験することができます。

年金や社会保険なども職場が負担してくれますし、安定した収入を得ることが可能です。

子育て中におすすめな非常勤の働き方

  • 「子育て中なので、しばらくは子育てをメインにしながら働きたい」
  • 「保育園のお迎えもあるし、夜までは働けない」
  • 「親の介護があるから、働ける時間が限られている」

という方は、非常勤として働くことで、常勤として働くよりも自分の都合に合わせて仕事をすることが可能となります。

一方で、職場によっては年金や社会保険などに加入できない場合があり、収入も時給換算で支給となるため、不安定となります。

シングルマザー看護師
仕事と子育てを両立させるヒント

子育て中におすすめの看護師転職サイトはココ!

看護師の働き方と年収
パート・アルバイトで働くメリット・デメリット

単発や派遣で効率よく稼ごう!

  • 「今後海外留学を計画しているから、期間を決めて働きたい」
  • 「働ける日とそうでない日があるから、自分で働く日を決めたい」

という方は、派遣会社に登録し、派遣看護師として働く方法もあります。特定の科目を希望する場合は経験者や資格者であれば問題なく採用されるはずです。

派遣も長期派遣から数か月単位の短期派遣、単発などさまざまな仕事から自分に合った仕事を選ぶことが可能となります。

派遣会社の条件によっては年金や社会保険に加入することができますが、必ず自分の条件に合う仕事が見つかるとは限りません。また、収入も不安定です。

一般的に、新卒や看護師経験の浅い方は常勤として働いて経験を積み、ある程度看護師として働けるようになった時点で非常勤や派遣など、さまざまな雇用形態も検討する、という方が多いようです。

ダブルワークに最適
単発の看護師求人

派遣看護師ってどんな働き方をするの?給与や待遇はどうなんだろう?

看護師の求人の選び方 病院やクリニックの場合

看護師の職場というと大学病院やクリニックなどの個人病院、診療所といったさまざまな規模の医療機関を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

さまざまな医療施設がある中で、診療所やクリニックは地域に根付いた医療を提供している場所と言えます。

そのような地域医療に携わることでより患者と身近に接することができ、やりがいを感じやすいでしょう。

また、最近では世間の介護に対する要望の多さから、介護業界の求人も増えてきています。

介護業界の場合、デイサービスや訪問入浴といった昼間のみの仕事から、特別養護老人ホームのように夜勤もあるシフト制の仕事もあります。

介護施設の場合、医療行為が少ないのが特徴ではありますが臨床経験が抱負だと採用されやすいこともあるでしょう

お給料も施設によって差がありますが、夜勤がある施設では、医療機関と同等かそれ以上の待遇となる場合もあります。

また、美容整形外科や美容クリニックなど保険外のクリニックで看護師として働くこともできます。

この場合はそれぞれのクリニックが個人経営となっているため、看護師一人あたりにノルマがあったり、待遇には大きな差があります。

医療品メーカーなどに属する治験コーディネーターという仕事では、オフィスに通勤する場合もあります。

このように、看護師には医療機関以外にも、さまざまな職場があります。

老健(介護老人保健施設)の看護師求人
看護師の役割と仕事内容

日勤のみの人気看護師求人!デイケアで働く看護師の仕事内容

訪問看護師に転職!
後悔しない求人選びのコツ

クリニックの看護師求人
「ホントのところ」を見極める5つのポイント

看護師に人気の医務室勤務!シップナースやレジャー施設~企業や大学まで

日勤だけの人気看護師求人!デイサービスで働く看護師の業務内容

自分に合った完ぺきな求人が見つからない時は

「福利厚生が整ってる」「勤務地が徒歩圏内」など自分の希望はある程度あるけれど、実際に求人や転職情報を探すとなるとどういった条件にしていいかわからない、という方もいらっしゃるかと思います。

そういったとき、ぜひ利用したいのが転職サイトのコンサルタントに転職相談をして、求人情報を探すお手伝いをしてもらう方法です。

働きながらの求人探しや転職活動は労力がいる事です。そんな時は自分の条件をコンサルタントに伝えることで、あなたの条件に合った職場をたくさんの求人の中から探し出してもらうことができます。

ぜひあなたも、転職サポートをうけて自分に合った求人を探し出してくださいね。


看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク
4位 マイナビ看護師
5位 ナースではたらこ

4月入職希望の方は早めの登録がおすすめ

人気がある求人や急な欠員は公開されずに募集が終了してしまいます。

今の時期は特に非公開求人として紹介される求人が増えています。

看護師転職サイトによって持っている求人情報が違うので、複数の転職サイトに登録しておくといいですね。どの転職サイトも紹介~入職まで無料でサポートしてくれます。



利用者満足度96.2%! 『看護roo!』

首都圏・中部圏・関西圏対応

看護roo

看護roo!はサポートが手厚く対応地域(首都圏・中部圏・関西圏)の求人数が多いので、対応地域の病院を探している看護師さんは必ず登録しておきたい転職サイト。働いているスタッフでさえ驚くほど、どこよりも詳しい病院情報を事前に教えてくれることで有名です。利用者満足度も96.2%とNO.1を誇ります。

コンサルタントの対応満足度NO.1!『看護のお仕事』

看護のお仕事は、希望に合う職場をとことん探してくれる点が評価され『コンサルタントの対応満足度NO.1』に選ばれました。職場の雰囲気や人間関係など詳しい病院情報も教えてくれるので人間関係で失敗したくない方だけでなく、第二新卒の方やブランクがある方・転職サイトの利用が初めての方にもおすすめです。

定着率がいい求人だけを紹介!『マイナビ看護師』

人間関係がよく働きやすい職場にこだわり、定着率が良い求人を厳選して紹介しているマイナビ看護師。コンサルタントの対応も評判がよく、利用者満足度は96%以上となっています。職場の人間関係がよく働きやすい求人や研修制度が整っている求人が多く、人間関係が原因で転職する方や、ブランクがあり復職する看護師に人気があります。

整形外科で働く看護師の業務内容と転職成功のコツ

整形外科で働く看護師の業務内容と転職成功のコツ

整形外科の求人が多い看護師転職サイトはこちら 整形外科とは 整形外科は外科の診療科目の一つですが、外科にはその他... 続きを読む

健診センターで働く看護師の給料

健診センターで働く看護師の給料

健診センターにおける看護師の仕事 看護師が活躍する職場は病院やクリニック(診療所)だけでなく、健診センターもあります。... 続きを読む

no image

日本看護協会加入のメリット

日本看護協会とは 公益社団法人日本看護協会(Japanese Nursing Association)とは、保健師... 続きを読む

no image

看護師専門の職業紹介所 ナースバンクとは

ナースバンクとは ナースバンクとは厚生労働大臣の許認可を受けた看護師専門の職業紹介所のことで、看護師資格があるにも... 続きを読む

no image

ナースセンターとナースバンク事業について

ナースセンターとは ナースセンターという名前から看護師専用の組織の様に思われがちですが、ナースセンターは厚生労働大... 続きを読む

no image

看護協会が運営するe-ナースセンターとは?

看護協会運営のe-ナースセンターとは? 各都道府県の委託を受けてそれぞれの地域の看護協会が運営する組織ナースセンタ... 続きを読む

no image

高給与求人が希望ならココ!

高給与・好条件求人なら『看護roo!』・『看護のお仕事』におまかせ 利用者満足度96.2%『看護roo!』... 続きを読む

no image

看護師の求人探し 3つの方法を比較

転職を決意したら転職先を決めなければなりません。現代では求人を探す方法も人によって様々です。理想の求人を探すために代表的... 続きを読む

no image

訪問看護ステーション・療用型回復期リハ病棟・ケアミックスで働く

私は今まで何度か転職をしている。その時その時生活の変化に合わせて働く場所を変えてきた。看護師を続けることに抵抗があって全... 続きを読む

掲載サイト一覧