中津市立中津市民病院の看護師求人・給料や賞与など募集情報

大分県内で3番目に人口が多い都市である中津市に、250床の許可病床数を有する中津市立中津市民病院があります。旧国立中津病院を母体とするこの病院は、国から中津市への経営移譲により、平成12年7月1日を以て再スタートを果たしています。



中津市立中津市民病院の求人は『看護のお仕事』や『ナース人材バンク』で非公開求人として紹介されている可能性があります。 転職サイトによって求人の条件が変わる可能性があるため、両方の転職サイトに登録して求人を紹介してもらってください。どちらも紹介~入職まで無料でサポートしてくれます。

看護のお仕事

看護のお仕事の詳細

ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細

中津市立中津市民病院の基本情報・診療科目

 病院名中津市立中津市民病院
 住所大分県中津市大字下池永173
 施設形態中津市の一般病院
 診療科目 内科|呼吸器外科|外科|小児科|循環器科|放射線科|泌尿器科|消化器科|産婦人科|耳鼻咽喉科|麻酔科|
 病床数250

中津市立中津市民病院の給料・賞与・手当・各種条件

 電子カルテ  車通勤  寮  託児所
 2交替  3交替  日勤のみ  夜勤のみ
 4週8休以上  土日祝休み  教育充実  ブランク・未経験可
 給与高め  駅近

中津市立中津市民病院の特徴

以来、救急告示病院としての歩みを進めながら、災害拠点病院として平成19年度より「日本DMAT」と「大分DMAT」に登録されているほか、平成19年5月には全国自治体病院協議会から、翌年には総務大臣から自治体立優良病院として表彰されている病院でもあります。

夜間休日における小児救急患者の受け入れ態勢を整えるなど、救急医療の充実に努めてきたこの病院は、平成24年の新築移転を経て、今では、大分県北部と福岡県東部の一部を含む24万人医療圏の中核病院として機能するまでに成長しています。

心臓や腎臓・神経の疾患を対象とする小児科専門外来の設置をはじめ、小児医療に関しては特に力を入れていますが、平成22年6月に診療が再開された産婦人科との連携体制が整ったことにより、同年12月1日、県北で初の地域周産期母子医療センターに認定されています。

平成23年に地域がん診療連携拠点病院に指定されたことを受けて、がん診療の更なるレベルアップを図っているほか、平成25年には地域医療支援病院に承認され、その翌年にへき地医療拠点病院に指定されるなど着実な進化を遂げています。

外来・手術室・病棟部門によって構成されている看護部には、平成26年4月1日現在で、看護師229名、助産師15名、准看護師7名、看護助手12名が在籍し、それぞれが協力し合い役割に応じた看護実践に努めています。

勤務は、8:30~17:00、16:30~9:00の2交替制ですが、7:00~15:30、10:30~19:00、13:30~22:00といった多様な勤務時間があり、時間外勤務は月平均10時間となっています。

週休2日制で、年間休日は117日、初任給は月額で短大2卒の看護師180,500円、短大3卒の看護師および助産師188,900円、大卒の助産師201,100円という例があり、更に月26,300円を上限とする通勤手当をはじめ各種手当が支給されます。

新人教育はもちろんのこと、潜在看護師に対する復職支援セミナーを開催している中津市民病院は、『病む人の身になって、最善・最高の医療を』というスローガンのもと、地域の人々の健康を守り、いざという時の砦となることを目指しています。



中津市立中津市民病院の求人は『看護のお仕事』や『ナース人材バンク』で非公開求人として紹介されている可能性があります。 転職サイトによって求人の条件が変わる可能性があるため、両方の転職サイトに登録して求人を紹介してもらってください。どちらも紹介~入職まで無料でサポートしてくれます。

看護のお仕事

看護のお仕事の詳細

ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細

中津市看護師求人を条件で探す

 この病院の近くの病院

掲載サイト一覧