四国がんセンターの看護師求人・給料や賞与など募集情報

四国がんセンター(愛媛県松山市)は、全国に展開している独立行政法人国立病院機構が運営している、日本医療機能評価機構の認定(Ver6.0)や日本緩和医療学会認定研修施設の認定、都道府県がん診療連携拠点病院としての指定などを受けている医療施設です。



四国がんセンターの求人は『看護のお仕事』や『ナース人材バンク』で非公開求人として紹介されている可能性があります。 転職サイトによって求人の条件が変わる可能性があるため、両方の転職サイトに登録して求人を紹介してもらってください。どちらも紹介~入職まで無料でサポートしてくれます。

看護のお仕事

看護のお仕事の詳細

ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細

四国がんセンターの基本情報・診療科目

 病院名独立行政法人 国立病院機構 四国がんセンター
 住所愛媛県松山市南梅本町甲160
 施設形態松山市の一般病院
 診療科目 呼吸器外科|呼吸器科|外科|婦人科|形成外科|放射線科|整形外科|歯科|泌尿器科|消化器科|精神科|耳鼻咽喉科|麻酔科|
 病床数405

四国がんセンターの給料・賞与・手当・各種条件

 電子カルテ  車通勤  寮  託児所
 2交替  3交替  日勤のみ  夜勤のみ
 4週8休以上  土日祝休み  教育充実  ブランク・未経験可
 給与高め  駅近

四国がんセンターの特徴

四国がんセンターは、四国地方のがんに関する中心的医療施設としての役割を担うとともに、高度で専門的な医療、臨床研修、教育研修、情報発信の機能も有しています。

四国がんセンターの歴史は古く、125年も前の明治22年に、陸軍病院として創設されたのが始まりですが、現在ではがんに特化した専門病院、広範囲な臨床圏、高度先進医療の推進、診療情報システムの充実、地域医療機関との連携、臨床研究の積極的推進という特色がある病院です。

四国がんセンターは、血液腫瘍内科や精神腫瘍科、婦人科、緩和ケア科、病理診断科、整形外科、放射線診断科、放射線治療科、緩和ケア内科、リハビリテーション科などを含む20科目の標榜する診療科を有しています。症病床数は405床で、その内訳がICU4床、緩和ケア25床、一般376床(個室85床、4床室280床、無菌室14床)です。

看護部では、専門職としての誇りと責任を持ち、がんとともに生きる人を支える最良のがん看護を提供することを理念に、そして患者さんのQOLの向上を目指した看護の実践、がん看護の専門家としてチーム医療への参画、がんとともに生きる人をサポートするシステムの構築、専門職として研鑽を重ね、がん看護の指導的役割を担う、患者さんサービス向上に向け病院運営に参画することなどの方針のもと、看護業務に日々努めています。

四国がんセンターでは教育体制もしっかりと確立されており、クリニカルラダー(臨床看護実践能力熟達段階制度)を導入し、新人(入職1年目まで)、ラダーレベルⅠ(2~3年)、ラダーレベルⅡ(4~5年)、ラダーレベルⅢ(6年以上)と、新人看護師からがん看護のジェネラリストへと徐々にステップアップ出来るようになっています。

四国がんセンターでは、ワークライフバランスを考えた、働きやすい職場づくりにも取り組んでいて、育児休業や育児時間、育児短時間勤務、保育時間、子の看護休暇、介護休業、介護休暇などの制度も充実しています。

また、病院敷地内には働きながら子育てができるよう保育施設も完備されています。現在多くの看護師の方がこの保育施設を利用しながら安心して勤務しているようです。



四国がんセンターの求人は『看護のお仕事』や『ナース人材バンク』で非公開求人として紹介されている可能性があります。 転職サイトによって求人の条件が変わる可能性があるため、両方の転職サイトに登録して求人を紹介してもらってください。どちらも紹介~入職まで無料でサポートしてくれます。

看護のお仕事

看護のお仕事の詳細

ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細

松山市看護師求人を条件で探す

 この病院の近くの病院

掲載サイト一覧