田川市立病院の看護師求人・給料や賞与など募集情報

昭和24年に国民健康保険直営診療施設としてスタートを切って以来、公共の立場で医療と福祉の増進に貢献してきた田川市立病院が、現在地に新築移転したのは平成11年1月のことです。



田川市立病院の求人は『看護のお仕事』や『ナース人材バンク』で非公開求人として紹介されている可能性があります。 転職サイトによって求人の条件が変わる可能性があるため、両方の転職サイトに登録して求人を紹介してもらってください。どちらも紹介~入職まで無料でサポートしてくれます。

看護のお仕事

看護のお仕事の詳細

ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細

田川市立病院の基本情報・診療科目

 病院名田川市立病院
 住所福岡県田川市大字糒1700-2
 施設形態田川市の一般病院
 診療科目 内科|泌尿器科|耳鼻咽喉科|神経内科|眼科|皮膚科|産婦人科|消化器科|歯科|口腔外科|整形外科|放射線科|循環器科|形成外科|小児科|外科|呼吸器科|麻酔科|
 病床数342

田川市立病院の給料・賞与・手当・各種条件

 電子カルテ  車通勤  寮  託児所
 2交替  3交替  日勤のみ  夜勤のみ
 4週8休以上  土日祝休み  教育充実  ブランク・未経験可
 給与高め  駅近

田川市立病院の特徴

その後、医師不足・資金不足などの問題から、一時は多額の累積赤字を抱え経営破綻へと追い込まれましたが、平成22年4月から地方公営企業法の全部適用に移行するなど大幅な病院改革を行ったことにより、現在は地域中核病院としての再生を果たしています。

24時間対応の循環器診療をはじめ、平日は小児科の夜間診療を担当し、骨折や腹部疾患などに対するオンコール体制を継続するなど、輪番制を担う病院として可能な限りの救急医療を提供しています。

また、医師数の回復が産婦人科や外科の充実をもたらし、手術症例数は平成25年度において2,000例に達したほか、心臓カテーテル治療数では九州全体で上位第5位にランクインするなど、大きなテーマであった急性期病院への転換を実現させています。

医療機器を一新し、電子カルテやDPCシステムといった診療体制を整え、「再生」から「発展」へと歩みを進めている田川市立病院は、慢性期医療や緩和ケアを含めた在宅医療・介護をも視野に入れ、今後も市民が求める医療を提供していく構えです。

一般病床334床・感染症病床8床・人工透析50床で運営されている田川市立病院は、公的病院としてより高度できめの細かい医療を目指すために、優秀な看護スタッフを募集しています。

採用情報によると、看護師免許・准看護師免許取得者を対象に、雇用期間最大12か月の臨時職員もしくは夜勤に対応する嘱託職員の求人が行われています。ただし、嘱託職員は、臨時職員として1~3か月間勤務してからの任用となり、臨時職員は、1年後に更新された際に嘱託職員として任用されることになります。

勤務時間は、臨時職員が平日の8:30~17:00と土曜の8:30~12:30で、嘱託職員が日勤8:30~17:00、準夜勤16:30~1:00、深夜勤0:30~9:00の3交替制です。休日は4週8休制で、有給休暇は雇用期間によって異なりますが、臨時・嘱託職員ともに年間最大10日と設定されています。

日額賃金は、臨時職員で看護師が8,300円~9,600円、准看護師が8,000円~9,300円、嘱託職員の看護師で日勤10,900円・準夜14,400円・深夜15,400円~、准看護師で日勤10,400円・準夜13,900円・深夜14,900円~となっています。



田川市立病院の求人は『看護のお仕事』や『ナース人材バンク』で非公開求人として紹介されている可能性があります。 転職サイトによって求人の条件が変わる可能性があるため、両方の転職サイトに登録して求人を紹介してもらってください。どちらも紹介~入職まで無料でサポートしてくれます。

看護のお仕事

看護のお仕事の詳細

ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細

田川市看護師求人を条件で探す

 この病院の近くの病院

掲載サイト一覧