下関市立市民病院の看護師求人・給料や賞与など募集情報

地方独立行政法人・下関市立市民病院(山口県下関市)は、平成24年4月に下関市立中央病院から新しく生まれ変わった病院です。



下関市立市民病院の求人は『看護のお仕事』や『ナース人材バンク』で非公開求人として紹介されている可能性があります。 転職サイトによって求人の条件が変わる可能性があるため、両方の転職サイトに登録して求人を紹介してもらってください。どちらも紹介~入職まで無料でサポートしてくれます。

看護のお仕事

看護のお仕事の詳細

ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細

下関市立市民病院の基本情報・診療科目

 病院名下関市立中央病院
 住所山口県下関市向洋町1-13-1
 施設形態下関市の一般病院
 診療科目 アレルギー科|整形外科|脳神経外科|耳鼻咽喉科|精神科|神経内科|眼科|皮膚科|産婦人科|消化器科|泌尿器科|歯科|放射線科|リウマチ科|心臓血管外科|循環器科|小児科|小児外科|外科|呼吸器科|呼吸器外科|口腔外科|内科|リハビリテーション科|麻酔科|
 病床数436

下関市立市民病院の給料・賞与・手当・各種条件

 電子カルテ  車通勤  寮  託児所
 2交替  3交替  日勤のみ  夜勤のみ
 4週8休以上  土日祝休み  教育充実  ブランク・未経験可
 給与高め  駅近

下関市立市民病院の特徴

下関市立市民病院では、「安心の優しい医療を提供し市民から信頼される病院を目指します」を基本理念に、そして市民のニーズに応じた最善の医療の提供や重点診療項目として悪性疾患・救急および生活習慣棒に取り組むこと、安定した健全な病院経営を目指すことを基本方針としています。

下関市立市民病院には、内科や精神科、緩和ケア内科、アレルギー科、小児科、外科、脳神経外科、放射線診断科、放射線治療科、救急科などを含む35科目もの診療科と、透析外来や禁煙外来、渡航外来、ストーマ外来、セカンドオピニオン外来、呼吸器・感染症外来の6つの専門外来があります。病床数は436床でその内訳は一般病床430床、感染病床6床です。

看護部の看護体制ですが、看護職員配置基準は7対1で、看護提供方式は固定チームナーシングと受持ち制、一部機能別を採用しています。勤務体制は3交替制(一部2交替制を試行中)で、勤務時間は日勤8:30~17:00、準夜勤16:30~翌1:00、深夜勤0:30~9:00です。

看護師の待遇ですが、初任給は大学卒206,200円、短大3卒196,400円、短大2卒187,700円で、諸手当として夜間看護等手当や時間外手当、扶養手当、住居手当、通勤手当、期末・勤勉手当(4ヶ月分)、業績手当(予定)等が支給されます。

福利厚生では山口県市町村職員共済組合、下関市職員互助会への加入、地方公務員災害補償法の適用、雇用保険法の適用、奨学金制度、退職金制度などがあります。病院に勤務する職員が扶養義務者で生後2ヶ月から4歳未満のお子さんを対象とした院内保育所も完備しています。この保育所の保育時間は7:45~19:00で、週2回(月8回)の夜間保育も行っています。

下関市立市民病院看護部では、新人やエキスパートを問わずどのレベルの看護師でも、勉強したい事を勉強できる継続教育の体制が整っています。院内研修では必修研修と選択研修があり、具体的な研修にはがん看護や急性期看護、災害看護、医療安全、接遇、地域医療看護などを含む数多くの研修があります。

キャリアラダーシステムでは下関市立市民病院独自の教育プラネットシステムを導入し、看護師各々のレベルに応じて知識・技術が習得できるよう配慮されています。新人看護師には、新人看護師教育年間スケジュールのもと様々な研修、体験学習が準備されています。



下関市立市民病院の求人は『看護のお仕事』や『ナース人材バンク』で非公開求人として紹介されている可能性があります。 転職サイトによって求人の条件が変わる可能性があるため、両方の転職サイトに登録して求人を紹介してもらってください。どちらも紹介~入職まで無料でサポートしてくれます。

看護のお仕事

看護のお仕事の詳細

ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細

下関市看護師求人を条件で探す

 この病院の近くの病院

掲載サイト一覧