福岡市立こども病院の看護師求人・給料や賞与など募集情報

少子化と小児科医の不足が深刻な社会問題となっているなか、小児科を診療科目に加える病院の減少傾向が目立っているといわれています。大都会から離れるほどその傾向を強く示しており、小児科勤務を希望する看護師も数多く存在するものの、求人件数自体が少ないという現状にあるようです。

九州地方の中心地ともいえる福岡市に、兵庫以西唯一の小児専門医療施設である地方独立行政法人福岡市立病院機構「福岡市立こども病院・感染症センター」があります。この病院は、一般の小児医療機関における入院治療が困難な感染症用病床を設置しているほか、16の専門診療分野の協力により高度な医療の提供を実現しています。



福岡市立こども病院の求人は『看護のお仕事』や『ナース人材バンク』で非公開求人として紹介されている可能性があります。 転職サイトによって求人の条件が変わる可能性があるため、両方の転職サイトに登録して求人を紹介してもらってください。どちらも紹介~入職まで無料でサポートしてくれます。

看護のお仕事

看護のお仕事の詳細

ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細

福岡市立こども病院の基本情報・診療科目

 病院名福岡市立こども病院・感染症センター
 住所福岡県福岡市中央区唐人町2-5-1
 施設形態福岡市中央区の一般病院
 診療科目 内分泌内科|皮膚科|血液内科|腎臓内科|脳神経外科|脊椎外科|耳鼻咽喉科|総合診療科|精神科|眼科|産科|小児外科|泌尿器科|新生児科|整形外科|放射線科|心臓血管外科|循環器科|形成外科|小児科|麻酔科|
 病床数214
 手術件数2,258
 入院件数104

福岡市立こども病院の給料・賞与・手当・各種条件

 電子カルテ  車通勤  寮  託児所
 2交替  3交替  日勤のみ  夜勤のみ
 4週8休以上  土日祝休み  教育充実  ブランク・未経験可
 給与高め  駅近

福岡市立こども病院の特徴

紹介予約制を原則に、患者の半数近くが市外からの来院であるという特徴を持つ病院ですが、平成26年秋には、周産期医療が加わった新病院が開院予定となっています。

福岡市立こども病院・感染症センターでは、外来および病棟の看護業務に従事する看護師を募集しています。募集予定定員は若干名で、常勤雇用ではありますが、任用期間平成26年3月末までの有期職員となります。ただし、良好な勤務成績が認められた場合は、最長3年まで1年毎の更新が可能となっており、正職員として採用される可能性が含まれています。

応募書類として、業務内容についての希望を朱書きで明記した履歴書や職務経歴書、看護師免許の写し、作文が必要です。作文は、「看護師を目指した動機・きっかけ」をテーマにA4サイズ400字以内、自筆が条件となっています。

日勤もしくは2交代の外来勤務や、変則2交代および3交代の病棟勤務が可能な体力の持ち主で、電子カルテに対応できることを応募資格としています。

新生児から15歳以下を対象にあらゆる疾患の治療を行う小児科では、看護師にも様々な能力が求められます。子どもが好きであることを大前提に、症状を明確に伝えることができない乳幼児と上手にコミュニケーションを図りながら、ちょっとした変化も見逃さない観察力は重要です。

症状が激変した際にも冷静に対応できること、病気の子どもを持つ親の気持ちが理解できることなども、小児科で働く看護師には必要な要素であるといえます。福岡市立こども病院・感染症センターも、看護師の採用にあたっては小児看護経験者が望ましいとしています。

スタッフ一丸となって医療サービスの質の向上を目指す同病院では、看護師以外にも、3年以上の保育業務経験のある保育士、一般・医療事務職員、臨床検査技師の求人募集があります。



福岡市立こども病院の求人は『看護のお仕事』や『ナース人材バンク』で非公開求人として紹介されている可能性があります。 転職サイトによって求人の条件が変わる可能性があるため、両方の転職サイトに登録して求人を紹介してもらってください。どちらも紹介~入職まで無料でサポートしてくれます。

看護のお仕事

看護のお仕事の詳細

ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細

福岡市中央区看護師求人を条件で探す

 この病院の近くの病院

掲載サイト一覧