独立行政法人国立病院機構南京都病院の看護師求人・給料や賞与など募集情報

国立病院機構南京都病院は、昭和14年に傷痍軍人京都療養所として設立され、その後厚生省に移管し国立京都療養所となりましたが、平成16年より、新たに独立行政法人国立病院機構として一つの組織の元に再スタートしている病院です。



独立行政法人国立病院機構南京都病院の求人は『看護roo!』や『看護のお仕事』で非公開求人として紹介されている可能性があります。 転職サイトによって求人の条件が変わる可能性があるため、両方の転職サイトに登録して求人を紹介してもらってください。どちらも紹介~入職まで無料でサポートしてくれます。

 
看護roo

看護rooの詳細

看護のお仕事

看護のお仕事の詳細

独立行政法人国立病院機構南京都病院の基本情報・診療科目

 病院名独立行政法人 国立病院機構 南京都病院
 住所京都府城陽市中芦原11
 施設形態城陽市の一般病院
 診療科目 リハビリテーション科|内科|呼吸器外科|呼吸器科|小児科|循環器科|放射線科|整形外科|歯科|消化器科|神経内科|耳鼻咽喉科|麻酔科|
 病床数370

独立行政法人国立病院機構南京都病院の給料・賞与・手当・各種条件

 電子カルテ    車通勤    寮    託児所  
 2交替  3交替  日勤のみ  夜勤のみ
 4週8休以上  土日祝休み  教育充実  ブランク・未経験可
 給与高め  駅近

独立行政法人国立病院機構南京都病院の特徴

交通アクセスは、JR奈良線「山城青谷駅」からですと徒歩約20分でタクシーの場合は約5分になります。バスの場合ですと、近鉄京都線「新田辺駅」から「緑苑坂」行き、又は「工業団地」行きに乗車し「国立病院前」下車になります。

国立病院機構南京都病院には結核を始め慢性閉塞性肺疾患、睡眠時無呼吸症候群などの呼吸器疾患、パーキンソン病やALSなどの神経・筋疾患・長寿医療など、急性期や一般病院では対応が困難な疾患を対象にした診療を行っているという特徴があります。

国立病院機構南京都病院は、隣接する京都府立城陽支援学校と連携して、小児慢性疾患などの専門的医療機関として、診療・臨床研究・教育および情報発信も積極的に行っている病院です。国立病院機構南京都病院は、さまざまな身体症状を伴う不登校等にも取り組んでおり、思春期以降の継続医療、成育医療も行っています。

分かりやすく安全で、安心して受けられる質の高い医療を提供することを病院の理念とし、診療に必要な高度医療機器をそろえています。また、在宅療養をしている方のレスパイト・短期入所などの支援も積極的に行っています。

国立病院機構南京都病院看護部では、患者の人権を尊重し、安全と安心、納得と信頼のある看護を提供するためにより質の高い看護に向けて努力を重ねており、病院・看護部の理念・目標に向かって活動を行っています。

新人看護師の方は約1ヶ月の集合研修と病棟研修があり、先輩からの指導を受けて5月の連休明けからは休日勤務や夜勤も始まるようです。夜勤に備え、夜勤を想定した「多重課題」研修がありますから、不安や心配なことがあっても先輩看護師がサポートしてくれます。

病院ホームページの採用情報では看護師(免許取得者)を若干名募集しているとあります。2交替及び3交替制での勤務で、休日は週休2日制、有給休暇や夏季休暇(3日)、年末年始休暇(12月29日から1月3日)、特別休暇などの休みも取得できます。

看護師の給与は短大卒が180,500円以上で、短大3卒188,900円以上、大学卒は198,300円以上、諸手当として扶養手当や住居手当、通勤手当、地域手当、特殊業務手当なども支給されます。また、国家公務員退職手当法により支給される退職手当もあります。



独立行政法人国立病院機構南京都病院の求人は『看護roo!』や『看護のお仕事』で非公開求人として紹介されている可能性があります。 転職サイトによって求人の条件が変わる可能性があるため、両方の転職サイトに登録して求人を紹介してもらってください。どちらも紹介~入職まで無料でサポートしてくれます。

 
看護roo

看護rooの詳細

看護のお仕事

看護のお仕事の詳細

城陽市看護師求人を条件で探す

 この病院の近くの病院

掲載サイト一覧