沖縄病院の看護師求人・給料や賞与など募集情報

独立行政法人国立病院機構沖縄病院は沖縄の歴史と共にあり、創設は戦後昭和23年8月、米軍の占領下に沖縄民政府公衆衛生部金武保養院として始まりました。その後60余年の歳月のなかで琉球府立から国立へと幾度か名称変更され、今日の国立病院機構沖縄病院へと至っています。



沖縄病院の求人は『看護のお仕事』や『ナース人材バンク』で非公開求人として紹介されている可能性があります。 転職サイトによって求人の条件が変わる可能性があるため、両方の転職サイトに登録して求人を紹介してもらってください。どちらも紹介~入職まで無料でサポートしてくれます。

看護のお仕事

看護のお仕事の詳細

ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細

沖縄病院の基本情報・診療科目

 病院名独立行政法人 国立病院機構 沖縄病院
 住所沖縄県宜野湾市字我如古3-20-14
 施設形態宜野湾市の一般病院
 診療科目 呼吸器内科|外科|放射線科|消化器科|神経内科|緩和ケア科|麻酔科|
 病床数320

沖縄病院の給料・賞与・手当・各種条件

 電子カルテ  車通勤  寮  託児所
 2交替  3交替  日勤のみ  夜勤のみ
 4週8休以上  土日祝休み  教育充実  ブランク・未経験可
 給与高め  駅近

沖縄病院の特徴

時代の流れと共に、感染症の時代から生活習慣病の時代へと疾病構造も移り変わり、病院も結核の治療からがんへの診療へと変化を遂げました。

現在は国の定めた政策医療を担うと共に県の地域医療の枠組みの中、「呼吸器センター」「神経、筋センター」、肺がんを中心とした「がんセンター」的役割を果たす体制を整えています。病床数は一般130床、筋ジス320床、難病40床、結核50床、緩和ケア20床の計320床を保持し、各病棟において専門的な治療や看護を行っています。

沖縄病院の看護部では、個人、家族、地域に対する専門性のある看護実践や患者のQOLを中心に置いた業務改善を基本方針として掲げ、看護師の自己研鑽、能力開発、後進育成、喜びのある職場環境に努めています。

地域支援の一環として、医師、看護師、栄養士、理学療法士が積極的に無料出張講座を開いています。小中高校の教育の一つとして、又は地域の婦人会、老人会の他、サークル活動計画等にも対応しています。



沖縄病院の求人は『看護のお仕事』や『ナース人材バンク』で非公開求人として紹介されている可能性があります。 転職サイトによって求人の条件が変わる可能性があるため、両方の転職サイトに登録して求人を紹介してもらってください。どちらも紹介~入職まで無料でサポートしてくれます。

看護のお仕事

看護のお仕事の詳細

ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細

宜野湾市看護師求人を条件で探す

 この病院の近くの病院

掲載サイト一覧