国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター病院の看護師求人・給料や賞与など募集情報

西武多摩湖線、拝島線の萩山駅から徒歩7分程度のところにあります国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター病院(東京都小平市)は、平成22年から独立行政法人国立精神・神経医療研究センター病院として運営されてきましたが、平成27年4月から現在の名称になりました。



国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター病院の求人は『看護roo!』や『看護のお仕事』で非公開求人として紹介されている可能性があります。 転職サイトによって求人の条件が変わる可能性があるため、両方の転職サイトに登録して求人を紹介してもらってください。どちらも紹介~入職まで無料でサポートしてくれます。

 
看護roo

看護rooの詳細

看護のお仕事

看護のお仕事の詳細

国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター病院の基本情報・診療科目

 病院名国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター病院
 住所東京都小平市小川東町4-1-1
 施設形態小平市の総合病院
 診療科目 内科|小児科|神経内科|精神科|脳神経外科|

国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター病院の給料・賞与・手当・各種条件

 電子カルテ  車通勤  寮  託児所
 2交替  3交替  日勤のみ  夜勤のみ
 4週8休以上  土日祝休み  教育充実  ブランク・未経験可
 給与高め  駅近

国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター病院の特徴

唯一の精神・神経疾患のセンターでもある神経医療研究センター病院には、精神科、神経内科、小児神経科、脳神経外科、総合外科、総合内科の6科目の診療科と、そのほかに専門疾病センターとして、多発性硬化症センター、筋疾患センター、てんかんセンター、睡眠障害センターなどがあります。

神経医療研究センター病院は、「研究所と一体となって診療と研究に取り組み、精神・神経・筋疾患と発達障害の克服を目指します」を理念に、そして研究成果を活かすこと、高度な医療を優しく提供すること、人材を育て、情報を全国に発信することを基本方針として医療活動を行っています。

「先駆的な看護と患者の心に寄り添った看護を提供します」という理念のもと看護サービスの提供に努めている看護部では、モジュール型プライマリーナーシング方式を看護方式とし、また、問題志向型記録システム(PONR)を看護記録方式として採用しています。

また看護部では、「先駆的な看護と患者のこころに寄り添った看護を提供できる人材を育成する」ために、基本から高い専門性を身につけるまで、クリニカルラダーシステムによる教育研修を行っています。

国立精神・神経医療研究センター病院に採用されると、給与は国立精神・神経医療研究センター職員給与規定に基づいて給付されます。通勤手当や住居手当、夜間看護などの諸手当、超過勤務手当、夜勤手当、年2回の業績手当などもあります。

勤務体制は2種類があり、3交替制勤務の場合は日勤が午前8:30~午後5時15分、準夜勤が午後4:30~午前1:15、深夜勤が午前0:30~午前9:15です。夜勤(準夜勤・深夜勤)は月8回程度あります。 また、2交替制勤務の場合は、日勤が午前8:30~午後5:15、夜勤が午後4:00~午前9:30で、月4回程度の夜勤があります。

福利厚生として、個室ワンルームタイプの看護宿舎があり、キッチン、トイレ、バス、エアコンがついています。オートロックの設置や平日日中の警備員常駐など、安全面にも配慮されています。また、病院敷地内に東京都認証保育所があるので、子育てとも両立しやすい職場といえます。



国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター病院の求人は『看護roo!』や『看護のお仕事』で非公開求人として紹介されている可能性があります。 転職サイトによって求人の条件が変わる可能性があるため、両方の転職サイトに登録して求人を紹介してもらってください。どちらも紹介~入職まで無料でサポートしてくれます。

 
看護roo

看護rooの詳細

看護のお仕事

看護のお仕事の詳細

小平市看護師求人を条件で探す

 この病院の近くの病院

掲載サイト一覧