公立大学法人横浜市立大学附属市民総合医療センターの看護師求人・給料や賞与など募集情報

日本の市町村のなかでは総人口が最多となる横浜市に、明治4年に設立され西洋式病院としての古い伝統を持つ横浜市立大学附属市民総合医療センターがあります。「市大センター病院」という略称でも親しまれるこの医療施設は、平成17年4月1日に地方独立行政法人化を果たし、自主的・自立的な病院運営を目指しながら、より安全で信頼される医療を推進しています。



公立大学法人横浜市立大学附属市民総合医療センターの求人は『看護roo!』や『看護のお仕事』で非公開求人として紹介されている可能性があります。 転職サイトによって求人の条件が変わる可能性があるため、両方の転職サイトに登録して求人を紹介してもらってください。どちらも紹介~入職まで無料でサポートしてくれます。

 
看護roo

看護rooの詳細

看護のお仕事

看護のお仕事の詳細

公立大学法人横浜市立大学附属市民総合医療センターの基本情報・診療科目

 病院名公立大学法人 横浜市立大学附属 市民総合医療センター
 住所神奈川県横浜市南区浦舟町4-57
 施設形態横浜市南区の大学病院
 診療科目 リハビリテーション科|内分泌内科|婦人科|形成外科|放射線科|整形外科|皮膚科|眼科|神経内科|総合診療科|耳鼻咽喉科|脳神経外科|腎臓内科|血液内科|麻酔科|

公立大学法人横浜市立大学附属市民総合医療センターの給料・賞与・手当・各種条件

 電子カルテ  車通勤  寮  託児所
 2交替 該当  3交替 該当  日勤のみ 日勤  夜勤のみ 夜勤
 4週8休以上 該当  土日祝休み 該当  教育充実 該当  ブランク・未経験可
 給与高め 該当  駅近 対応

公立大学法人横浜市立大学附属市民総合医療センターの特徴

病床数は726床と横浜市内最大の規模を誇り、地域の基幹病院として、疾患別センターと専門診療科による総合的かつ高度な医療を提供しています。3次救急医療を担う高度救命救急センターとしての承認をはじめ、災害拠点病院、神奈川県総合周産期母子医療センター、地域がん診療連携指定病院など様々な指定を受けているほか、神奈川県内で初めての「赤ちゃんにやさしい病院」にも認定されています。

豊富な臨床現場を有する市大センター病院は、教育システムのレベルの高さにも定評があり、医療専門職である看護師にとって多様なキャリア開発が可能な環境となっています。

横浜市立大学附属市民総合医療センター看護部の人材育成プログラムは、看護サービス実践能力、マネジメント能力、人間関係能力、教育・研究能力を5段階の到達目標に分け評価し、臨床実践能力を向上させることを目的としています。

市大センター病院ナースとして、一人ひとりが得意分野・技を持つこと、自分の持てる力を活かし地域や組織に貢献すること、高い倫理性を持って行動すること、常に患者の生活を捉えその全体像から必要なケアを判断し提供することを目指しています。

『信頼に応え、未来につながる看護を創造します』という理念を掲げ、継続受け持ち看護方式を採用している看護部では、病棟・初療室・中央手術室のいずれにおいても3交替制の勤務が行われています。

休日はシフト勤務による週休2日制で、年休20日・夏期休暇5日のほか各種休暇制度があります。免許取得後の経験に応じて格付けされる給与は、短大・高看3年卒の場合、地域手当や初任給調整手当を含めた月額で231,640円となっています。

その他に、夜勤手当・住宅手当・通勤手当・扶養手当・退職手当・超過勤務手当などがあり、年2回の賞与は4.15ヶ月分の支給実績を持っています。

公立学校共済組合への加入をはじめ各種社会保険が完備されており、週3日間の夜間保育・平日日中の一時預け保育を実施する院内保育所や、病院から歩いて5分ほどの場所に看護職員宿舎があります。



公立大学法人横浜市立大学附属市民総合医療センターの求人は『看護roo!』や『看護のお仕事』で非公開求人として紹介されている可能性があります。 転職サイトによって求人の条件が変わる可能性があるため、両方の転職サイトに登録して求人を紹介してもらってください。どちらも紹介~入職まで無料でサポートしてくれます。

 
看護roo

看護rooの詳細

看護のお仕事

看護のお仕事の詳細

横浜市南区看護師求人を条件で探す

 この病院の近くの病院

掲載サイト一覧