「鹿屋市の寮付き」看護師求人一覧

「鹿屋市の寮付き」の看護師求人は下記の転職サイトで非公開求人として紹介されている病院が多数あります。 「鹿屋市の寮付き」だけでなく全国の看護師の求人を扱っており、それぞれ違う病院の求人があるため、3サイトとも登録して探すのが希望の求人を見つけるならオススメです。

 公益社団法人いちょうの樹 メンタルホスピタル鹿屋の求人情報・採用情報

公益社団法人いちょうの樹 メンタルホスピタル鹿屋は精神科、神経科の2診療科目を持ち、特に精神科医療に優れた医療施設です。鹿児島県鹿屋市に立地しており、鹿屋市役所から車で約6分とのところに位置しています。メンタルホスピタル鹿屋では精神疾患を持...

正式病院名公益社団法人いちょうの樹 メンタルホスピタル鹿屋
 診療科目 神経科|精神科|
 住所 鹿児島県鹿屋市田崎町1043-1
  •  車通勤可
  •  3交代制
  •  4週8休以上

詳しく見る

 社会医療法人恒心会 恒心会 おぐら病院の求人情報・採用情報

社会医療法人恒心会 恒心会 おぐら病院(鹿児島県鹿児島市)は、平成25年に小倉記念病院とおぐらリハビリテーション病院が統合して、新たに開院した総病床数216床の病院です。おぐら病院は、整形外科や外科、リハビリテーション科、婦人科、心療内科、...

正式病院名社会医療法人恒心会 恒心会 おぐら病院
 診療科目 リウマチ科|整形外科|血液内科|胃腸科|肛門外科|精神科|神経内科|消化器外科|消化器内科|放射線科|リハビリテーション科|心療内科|循環器内科|形成外科|小児外科|婦人科|外科|呼吸器内科|内科|麻酔科|
 住所 鹿児島県鹿屋市笠之原町27番22号
  •  電子カルテ
  •  車通勤可
  •  2交代制
  •  3交代制
  •  4週8休以上

詳しく見る

 大隅鹿屋病院の求人情報・採用情報

昭和63年8月に開設された社会医療法人鹿児島愛心会 大隅鹿屋病院(鹿児島県鹿屋市)は、内科や外科、消化器内科、脳神経外科、小児科、救急科などを含む21診療科を有する病院で、厚生労働省指定臨床研修指定病院、救急告示病院などの指定を受けています...

正式病院名社会医療法人鹿児島愛心会 大隅鹿屋病院
 施設形態鹿児島県の一般病院
 診療科目 リハビリテーション科|人工透析科|内科|外科|循環器科|心臓血管外科|放射線科|整形外科|歯科口腔外科|泌尿器科|消化器科|耳鼻咽喉科|脳神経外科|麻酔科|
 住所 鹿児島県鹿屋市新川町6081-1
  •  電子カルテ
  •  車通勤可
  •  2交代制
  •  3交代制
  •  4週8休以上
  •  ブランク・未経験可

詳しく見る

 井ノ上病院の求人情報・採用情報

昭和32年に開設された医療法人 碧仁会 井ノ上病院は鹿児島県鹿屋市に位置していて、鹿屋バスセンターから車で約5分のところにあります。病院への通勤にはマイカー利用も可能です。標榜する診療科として内科・外科・婦人科・整形外科などを含む9科目を扱...

正式病院名医療法人 碧仁会 井ノ上病院
 施設形態鹿児島県の一般病院
 診療科目 リハビリテーション科|内科|外科|循環器科|放射線科|整形外科|産科|肛門科|
 住所 鹿児島県鹿屋市王子町3980-1
  •  車通勤可
  •  2交代制

詳しく見る

 おぐら病院の求人情報・採用情報

鹿児島県鹿屋市にある医療法人恒心会 おぐら病院は、内科や外科など9診療科を有し、急性期、回復期リハビリテーション、介護、在宅までトータル医療サービスを提供している病院です。職員が働きやすい職場環境整備に努めていて、職員食堂、図書室、パウダー...

正式病院名医療法人恒心会 おぐら病院
 施設形態鹿児島県の一般病院
 診療科目 リウマチ科|リハビリテーション科|内科|外科|婦人科|小児外科|形成外科|循環器科|心療内科|放射線科|整形外科|皮膚科|神経科|肛門科|胃腸科|
 住所 鹿児島県鹿屋市寿8-21-2
 最寄り駅鹿児島中央駅
  •  電子カルテ
  •  車通勤可
  •  2交代制
  •  3交代制
  •  4週8休以上
  •  ブランク・未経験可

詳しく見る

鹿屋市ってどんなまち?

鹿屋市は大隅半島のほぼ中心部に位置する、大隅半島の行政・経済・産業の中核となっている都市。、市の北西部には日本の自然百選にも選ばれている高隈山系が連なっていて、 南東部は肝属山地の山林地帯が続いています。その谷間にシラス台地の笠野原台地と鹿屋原台地が広がり、そこに続く肝属平野の中央を肝属川が流れています。鹿児島県内では鹿児島市・霧島市に次いで3番目の人口規模を有しています。2000年代に入ってから「ばらのまち」をキャッチフレーズとして使用するようになっており、2006年に吾平町・串良町・輝北町と合併して新たな鹿屋市となった際、市の花をバラに変更しています。年間の平均気温17℃という温暖な気候を活かした農業・畜産が盛んで、黒豚やブロイラー、落花生、サツマイモなどが特産品となっています。また漁業ではカンパチの水揚げ量が垂水市に次いで日本国内で2位となっています。さらに国立大学の鹿屋体育大学や海上自衛隊鹿屋航空基地があることでも全国的にその名が知られています。鹿屋市には鉄道がないため、自家用車やバスが市民の交通手段となっており、2007年9月からは市街地巡回バスとして「かのやくるりんバス」が運行を開始しています。現在は「ばらのまち」のキャッチフレーズに加え、「健康・交流都市」というキャッチフレーズも使用しています。

掲載サイト一覧