看護師の勤務時間 これって法律違反じゃないの?!

看護師から見た3交代制勤務のメリット・デメリット
  
看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク

「暇な看護師なんていない」。多忙をきわめる業務の中、そう自身に納得させて働き続けてはいませんか?

しかし、身体や心が参ってしまっては、人生自体が壊れてしまいかねません。自分を守るのは自分しかいません。今の働き方が適性かどうかを正しく判断すれば、安心して看護師生活を継続していくことができます。

今回は労働基準法の観点から専門家に勤務時間の基礎知識について聞いてみました。

看護師の勤務時間は長い!!法律的にNGじゃないの?

看護師の勤務時間は長い

夜勤明けで引き継ぎがあったり、バタバタしていたり、気が付けば17~18時間仕事をしていた…というのは看護師にはありがちな話です。


看護師は患者の回復を目指してケアを続ける厳しい仕事です。入院患者さんがいる病院は、24時間休むことがありません。「ここからここまでで終わり」と線引きができない場合も多く、長時間連続して患者に付き添うケースもしばしばです。疲労が十分に回復しないまま、次のシフトへ入るのも珍しくはないでしょう。


看護師の労働時間にはどんな決まりがあるのか知れば、自分の現在の状況を客観的に確認できます。ここでは看護師の勤務時間に関する法律の知識も交え、詳しく調べていきましょう!

労働基準法から見る看護師の勤務時間

原則として、1日に8時間、1週間に40時間を超えて労働させてはいけません。

労働時間が6時間を超える場合は45分以上、8時間を超える場合は1時間以上の休憩を与えなければいけません。

少なくとも毎週1日の休日か、4週間を通じて4日以上の休日を与えなければなりません。

(出典:厚生労働省サイト)

これは厚生労働省が、労働基準法で定める法定労働時間です。しかし、こんな条件で病院勤務をする看護師は、まずいませんよね。2交代制を取っている場合、夜勤勤務だけでも16時間以上の連続労働です。


看護師の一般的な勤務体制は、労働基準法の枠からは大きく外れているのです。


病院には「日勤・夜勤」の2交代制と「日勤・準夜勤・深夜勤」の3交代制があります。


長時間の勤務が続くのは2交代制ですが、8時間ごとに勤務が置かれる3交代制も、労働基準法の原則に従っていません。


このように労働基準法に照らし合わせると、看護師の現状は法律違反になってしまいます。

特殊な勤務時間制度である看護師

2交代制の夜勤勤務のように、労働基準法で定められた時間枠以外となるものは、労働基準法違反をしているわけではなく


「変形労働時間制」を適用します。


これは、労使協定や就業規則で規定すれば、決められた期間内の労働時間を柔軟に定められるというものです。


病院の多くは1か月単位で見たとき、週40時間労働が平均して守られるようにシフトを組んでいます。この方式を採用すれば、16時間以上となる夜勤勤務も違法ではなくなります。

夜勤に関してのルール

夜勤に関しては看護師の労働環境を守る目的で、診療報酬の入院基本料算定ルールに基づき、時間数の制限が設けられています。


通称「72時間ルール」です。


これによってひとりの看護師ができる夜勤回数が限られ、2交代制であれば月4回までとなります。


 注意!

・夜勤専従の看護師はこのルールが適用されません。(夜勤専従看護師にも、144時間という月当たりの夜勤勤務の時間制限があります。)

・夜勤専従で働く看護師にはこの範囲内で、月9~10回程度の夜勤をこなしている人も珍しくはありません。

・労働時間の制度には他にも所定労働時間があります。

施設や科目で看護師の勤務時間の違い

看護師としての経験が長くなれば、働く場所によって勤務時間に大きな差があるのに気づきます。


規模の違う病院、施設であっても診療科目や病棟によって働く時間が変わってきます。同僚の話を聞いて、違いに驚いたことがある人も多いのはないでしょうか。


実際にどのような違いがあるのか、働く場所による勤務時間の違いについて詳しく見ていきましょう。

勤務時間の違いが生まれるワケ

勤務時間についてのもっとも大きな差は夜勤の有無です。


施設ごとの勤務の特徴は以下の通りです。


大学病院

大学病院は施設が様々あるので、以下に分けられます。

  • 一般外来:夜勤なし・残業多少あり

日によって忙しさに波がある場合が多い。救急外来が一般外来の看護師間で当番制の場合もある。

  • 専門外来:夜勤なし・残業多少あり

専門的な診断や治療を行う外来。予約制が多いため、患者数が一定。

  • 救急外来:夜勤あり

24時間年中無休で緊急度の高い順に診察を行う。夜間・深夜・休日など勤務体制が特殊。

  • 病棟:夜勤あり・残業少なめ

夜勤は二交代制・三交代制のいずれかで、担当患者について緊密な申し送りが必要で時間が取られやすい。

クリニック:日勤・残業少なめ

ほぼ開業時間に合わせた勤務となり、問診やバイタル測定、採血、点滴といった比較的軽微な業務や雑用が多い。休み明けやインフルエンザの流行時期などは混雑するが、重症患者を対応する可能性が低い。

介護施設:介護老人保健施設・有料老人ホームでは夜勤あり、残業は少なめ

バイタル測定、薬の管理、体調管理が主な業務。介添え、介護も介護士とともに行う。基本的には健康チェックがメインなので、高度な医療技術を求められない。

デイサービス:日勤のみ・残業少なめ

利用者は日中のみ来所・滞在し、夕方には帰宅するので、夜勤勤務はない。滞在時に利用者の健康管理を行い、本人や家族に指導・アドバイスを行う。食事・入浴の介添えなども、介護士ととともに行う。

大学病院や入院患者を受け入れている規模の病院・介護施設では、夜勤があります。
クリニックやデイサービスでは、看護師でも日勤業務のみです。大規模な施設ほど、引き継ぎや会議などで時間が取られ、残業も多くなる傾向があります。

常勤やパートの勤務時間の差からくる給料の差

看護師の働き方によって、勤務時間にもかなりの差のあることがわかります。時間差が大きくなるほど、当然収入にも違いが出てきますが、実際にはどれほどの金額の差があるのでしょうか。


ここでは常勤の看護師と、パートの看護師の収入の違いについて見ていきましょう。

常勤の勤務時間からみる給料

  • 看護師の平均年収は478万円
  • 大学病院平均は472.3万円
  • 給与月平均28~30万円前後
  • 基本給月平均25~6万円
  • 手当を含めると、月額で5~8万円の増額

看護師は夜勤やその他の手当によって収入が大きく変わります。>特に夜勤は1回あたり5,000円~10,000円で、それに付帯する手当を含めると、夜勤手当によって、月額で5~8万円の増額となります。


また、額面では高給に見えても、実際の手取り額平均は23~25万円程度。年次が低ければ、20万円を切るケースも珍しくありません。所得税その他で差し引かれる分が多いのも、看護師の給与の特徴です。


大学病院の場合、一般的に福利厚生が充実しています。多くの病院が、看護師寮や借り上げマンションを準備しています。継続的に働けるよう、院内保育などの子育て支援を重視している病院もあります。

パートの勤務時間からみる給料

夫の転勤、子育て中など家庭の事情があったり、体調を見ながら働きたいと思ったりしたときには、パート勤務を選択するという手段があります。看護師のパートは、どのような勤務内容・収入となっているのでしょうか。


勤務内容

大きな病院の場合

パートは担当患者を持たず、保清メインの業務


勤務時間は柔軟で夜勤も希望時のみ


夜勤のみでパートを募集してる病院もある

クリニックの場合

日勤のみ


看護師はパートの方が多いとい場合もあり

献血ルームや献血車、巡回健診などでも、看護師のパート募集があります。また、デイサービスや介護施設も、非常勤看護師が多く見られる職場です。


 収入

パートの場合は、給与が固定ではなく時給換算となります。そのため、都合によって休んだ日の分は収入となりません。比較的働く時間を自由に設定できる一方で、収入的には不安定です。


パート看護師の時給

全国平均で1,520円


首都圏エリアでは1,700円~1800円


地方によっては1,000円~1,200円

夜勤のみの募集もありますが、1回あたり3万円前後が相場です。時給換算すると、1,850円ですので、仕事のきつさを考えると高額とまではいえません。


全体的に見ると外来業務では時給が安く、訪問看護や訪問入浴などでは時給が高い傾向があります。

やはり生まれる給料の格差

常勤看護師は拘束時間が長く、さまざまな業務を同時にこなす一方、決められた時間のみ働くパート看護師の給与が低くなるのは、仕方のないことでしょう。収入面や待遇面から見れば、常勤の看護師として働く大きなメリットがあります。

パート看護師は収入面から見れば不安定で、働く場所により大きな格差がありますが、メリットもあります。自分の生活に合わせて働くことができ、夜勤入りの有無も好きなように選択ができます。


条件の良い場所を探し、職場を柔軟に変えていくことが可能です。短期間でまとまった収入を得たい人や、自分のライフスタイルを優先させたいという人には、パート看護師を選ぶのもひとつの賢い方法です。
ブランクがある、体力的に常勤がきついなどのケースにも、適した働き方といえるでしょう。

二交代と三交代ではどっちが楽?

二交代勤務と三交代勤務どちらが楽?

常勤の看護師にとって、夜勤勤務のきつさは大きな問題です。夜勤体制には病院ごとに二交代制・三交代制などの交替制があります。文字が表す通りであれば二交代制は勤務時間が長くなり、三交代制の方が楽なように感じます。

しかし看護師によっては、一概にそうともいえないようです。夜勤後の時間の使い方や夜勤のシフトに関して、どちらが自分に合っているのかで意見が分かれます。

ここでは二交代制と三交代制のそれぞれの状況を確認し、メリットとデメリットについて考えていきます。

二交代制の勤務時間

二交代制の場合
日勤:8:30~17:30
夜勤:16:30~9:00

という体制を取っているのが一般的です。夜勤担当者は日勤の看護師が帰る前に、患者の状態を確認しながら申し送りを行います。

二交代制で体力的にきついのが、食事の準備だという声が聞かれます。夜勤勤務では、夕食と朝食2回分の実施となります。夜勤者が夕食のセッティングや配薬をし、必要な患者には食事介助を行います。
その後は就寝前のケア、体調記録管理、配薬や点滴の実施と続き、深夜巡回を行います。
患者の症状によっては、2時間おきに体位変換をしなければならない場合もあります。頻繁に呼び出されるナースコールへの対応をこなし、モーニングケアの準備を行います。起床の時刻になれば、検温や記録を行いながら目覚めを促します。
その後は朝食のセッティングと配薬を行います。記録をまとめ、日勤者への申し送りをすれば業務の終了です。夜勤担当者は少人数のため、タイトなスケジュールですべてを進めて行かなければなりません。

労働基準法に従って、食事休憩以外に1時間半~2時間程度の仮眠休憩が設けられています。
施設によって異なりますが、仮眠休憩は2回に分けて取るようになっており、深夜1~3時、3~5時の時間帯に順番に休みを取ります。ここで眠っておかないと、9時までの業務に支障が出ます。

しかし、慣れている看護師でもなかなか寝付けず、その後の仕事がかなりつらくなるという経験は誰にでもあるようです。

三交代の勤務時間

三交代制の場合には、約8時間ごとの交代勤務となります。一般的な時間配分は、次の通りです。

三交代制の場合
日勤:8:30~17:30
準夜勤:16:30~1:00
深夜勤:00:30~9:00

三交代制では45~1時間程度の休憩を取りますが、食事休憩程度に済ませている看護師が多いようです。日勤者から申し送りを受け、準夜勤者が夕食の準備を行います。

セッティングや配薬、食事介護の後、就寝前のケア、検温・記録管理に回ります。休憩は、イブニングケアの前に取る場合が多いようです。消灯後、0時前に巡回を実施してから深夜勤の看護師に申し送りを行います。
深夜勤者は一般的に、1時・3時の2回巡回を実施します。その間にモーニングケアの準備や、翌日の検査の準備などをしておきます。深夜勤者の休憩は、2回目の巡回後に取ることが多いようです。
起床時刻に合わせて検温と記録、その後朝食の配膳、食事介助を行います。日勤者への申し送りで、業務が終了です。

8時間ごとに区切られるため時間拘束は短いですが、変則的な勤務時間により、負担が大きく生活サイクルが乱れやすいことには変わりがありません。

勤務がしやすいのは?

看護師の交代勤務

二交代制と三交代制での違いでもっとも目につくのは、勤務時間の長さです。二交代制の夜勤では、他の勤務形態の2倍もの時間拘束されることになります。

その一方で、二交代制では「夜勤明けの翌日は休みとする」といった決まりがあり、長時間労働による疲労が蓄積しないよう配慮されています。

例えば、月曜に夜勤勤務であれば火曜日が夜勤明け、水曜日は休み、木・金は日勤というシフトになります。夜勤明けから次の勤務までの時間が長いため、疲れが残りづらく、連休が取りやすいというメリットがあります。
また、二交代制は夜勤手当が割高になっているのも、魅力のひとつです。

三交代制の場合、原則は24時間を等分として考えられています。時間だけで見れば、他業種と条件は変わりません。

しかし、三交代制でもっともつらいのは、施設によって「日勤・深夜勤」というシフトが組まれる可能性があることです。夕方日勤を終えた後、8時間後に再度職場に入らなければならず、実質的にはほとんど休む暇がありません。
通勤に時間がかかるので、そのまま病院で待機するという看護師もいます。労働は短時間でも、仕事に取りかかるまでのサイクルが短いため、疲労が蓄積しやすい状況があります。

また、3形態の業務シフトが組まれるため、休みが取りづらいというデメリットもあります。女性の場合、深夜に職場を行き来するため安全性について気になるところです。

夜勤は時間外労働になりがち

基本的に夜勤勤務は、日勤よりも少ない人数で行います。そのため一度何かトラブルが起こると、本来行わなければならない業務が時間内に終わらない場合も多々あります。

夜勤の看護師は、日勤者に完全に引き継ぐまでは、自分の業務を終了できません。容態の急変した患者の処置に追われ、気づけば昼過ぎというのは日々少なくないようです。夜勤に残業がつきものというのは、こうした現状が背景にはあります。夜勤で残業が多くなるといわれる、状況について見ていきましょう。

夜勤の種類

夜勤の種類については、先も見てきたように二交代制、三交代制で勤務時間が異なります。

二交代制では、日勤が終了する少し前から翌朝の9時頃まで、16時間以上の連続勤務となり、途中2時間程度の休憩をはさみます。

三交代制では1日を24時間に分け、日勤・準夜勤・深夜勤がそれぞれ8時間の勤務となります。三交代制の休憩は、各1時間です。交代の前後には必ず患者の状態について、申し送りがされます。

夜勤の前半部分を受け持つ準夜勤は、日勤者が終業する1時間ほど前から重複して仕事に入ります。

深夜勤も同様に、準夜勤者と重なるように業務に入ることで、常に切れ目なくカバーされていきます。

夜勤の看護師が昼にも増して多忙なのは、人数の少なさに理由があります。夜勤帯の人員体制は、病院規模にもよりますが病棟当たりで見ると1人体制、2人体制、3人体制のいずれかで、急性期・療養型といった種類によって変わります。通常のルーティーン作業でも十分忙しい上、アクシデントが起これば仕事が滞り、残業につながってしまいます。

夜勤をする看護師の中には、夜勤専従で働く人もいます。
夜勤専従者は主に二交代制で多く見られ月144時間内であれば、一般のルールに制限されず夜勤をすることができます。この時間数はひとつの病院内に限られるため、かけもちで夜勤専従をしている看護師も存在します。

勤務時間が長くなるワケ

夜勤で残業が発生するのは、責任範囲内の業務が残っている場合と、突発的な事由が生じたときです。
慣れた看護師であれば、決まった仕事に対しての段取りがついているので、よほどのことがなければ業務がもれることはないでしょう。翌日の検査や処置に必要な準備などは、早めに済ませて置くはずです。

残業の理由としてもっとも考えられるのは、業務の終了間際に救急搬送があったり、入院施設での担当患者が急変したりしたことによります。日勤の看護師がきていても引き続き処置をしなければならず、また人手が足りず手伝うケースもあります。
救急の引き受けや症状の急変が考えられる科目や急性期の患者を扱う病棟ほど、夜勤の残業が多くなります。

一方、療養型の病棟であれば、そうした急患の可能性が低くなるため、残業はほとんどありません。よほどのことが無い限りは、一定の仕事をこなせば時間通りに退勤できます。

勤務時間がしっかり守られている職場

ここまで看護師の勤務時間、特に夜勤の状況について詳しく見てきました。
交代制の違いを考え合わせても、現場の看護師たちは非常にタイトなスケジュールを強いられているというのが現状です。

看護師は多忙なもの、という社会のイメージ通りといえますが、正しい勤務時間に守られて働く看護師はいないのでしょうか。看護師にとってゆとりをもって働くことは、それほど難しいことなのでしょうか。
次に、病院内の労働環境を確認していきましょう。

看護師の労働環境は厳しいところばかり

他の職種から看護師に転職すると、サービス残業の多さに驚愕するといいます。一般的な企業でも、朝礼前30分程度早く着席するなどは通例化している場合もあります。

しかし、多くの病院では点滴の準備のため1~2時間早く出勤しなければならず、残業労働基準法による残業手当の対象となっていない現場もあります。退勤前の緊急入院対応が、サービス残業となった例も聞かれます。患者という人間相手の仕事であれば、急な容態の変化があるのは仕方ありませんが、多忙にまぎれてまったく休憩が取れないということも日常茶飯事です。
どれほど働いても、シフトが決められていれば代休は取れません。24時間の病院経営の中に組み込まれているので、個人的な融通はほとんど利きません。看護師は常に知識の向上が求められます。上司から課題が与えられ、レポートや研究成果を提出するため、自宅にいても時間を削られます。

休日であっても、勉強会への強制参加が義務づけられている病院もあります。慢性的な人手不足もあり、看護師の労働環境はますます苛酷を極めるといっても過言ではないようです。

たくさんの現場は改善が進められている

未だ多くの病院では、過去の慣例に従った「根性」や「義理」「奉公」の名の下の自己犠牲を看護師に強いています。「白衣の天使」という美名によって、現場の疲弊が覆い隠されているようです。

しかし、日本看護協会でも“「労働関係法令違反の放置は経営リスク」という認識が必要”と、警鐘を鳴らしています。病院によっては、職場環境の急速な改善に力をそそいでいるところも少なくありません。

どの病院で働いても同じ、というわけではないのです。患者にもっとも近しく接する看護師が疲れ切っていては、病院の経営に悪影響が出ることを賢い経営者は気づいているはずです。

厚生労働省が発した「労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関するガイドライン」の中では、業務のための着替えや後始末、参加が義務づけられている研修や勉強会については労働時間とすることが指導されています。また、時間外勤務の適正な管理について、早急な改善が求められています。

その他、有給休暇取得の奨励など、看護師が安心して働ける労働環境の整備を看護師協会が強く訴えかけています。
多忙の代名詞のような看護師であっても、満足して働ける職場は必ずあります。転職情報サイトなどを活用して、よりよい職場を探すのも選択肢の一つでしょう。現状を当たり前と思わず可能性を広く探ることで、人生を豊かに変えていけるはずです。



おすすめの看護師転職サイト一覧


看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク
4位 マイナビ看護師
5位 ナースではたらこ

4月入職希望の方は早めの登録がおすすめ

人気がある求人や急な欠員は公開されずに募集が終了してしまいます。

今の時期は特に非公開求人として紹介される求人が増えています。

看護師転職サイトによって持っている求人情報が違うので、複数の転職サイトに登録しておくといいですね。どの転職サイトも紹介~入職まで無料でサポートしてくれます。

利用者満足度96.2%! 『看護roo!』

首都圏・中部圏・関西圏対応

看護roo

看護roo!はサポートが手厚く対応地域(首都圏・中部圏・関西圏)の求人数が多いので、対応地域の病院を探している看護師さんは必ず登録しておきたい転職サイト。働いているスタッフでさえ驚くほど、どこよりも詳しい病院情報を事前に教えてくれることで有名です。利用者満足度も96.2%とNO.1を誇ります。

コンサルタントの対応満足度NO.1!『看護のお仕事』

看護のお仕事は、希望に合う職場をとことん探してくれる点が評価され『コンサルタントの対応満足度NO.1』に選ばれました。職場の雰囲気や人間関係など詳しい病院情報も教えてくれるので人間関係で失敗したくない方だけでなく、第二新卒の方やブランクがある方・転職サイトの利用が初めての方にもおすすめです。

紹介実績NO.1 高給与求人が多い『ナース人材バンク』

高給与求人が多く、全国の病院の求人を網羅しているナース人材バンク。コンサルタントの対応も評判がよく、豊富な紹介事例とキャリア相談に定評があります。職場の人間関係がよく働きやすい求人やスキルアップできる求人が多く、看護師としての力をつけたい方におすすめです。

«PREV 

»NEXT 

あなたの悩みはどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧