医務室看護師の求人が人気なわけ

看護師に人気の医務室勤務 シップナースやレジャー施設~企業や大学まで
  
看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク

「年齢を重ねたので、病院での夜勤が最近つらい…。日勤で働くことのできる医務室看護師に転職したい!」という方も多いのではないでしょうか。転職にあたっては必要となる実務経験や資格などに不安がある人も多いでしょう。
そこで今回転職のポイントとなる医務室看護師の勤務形態と必要とされるスキルについてご紹介します!

1.医務室看護師の役割って?

医務室看護師の役割

医務室看護師とは、組織の医務室で団体の健康管理業務を行う看護師のことをいいます。学校の保健室も医務室看護師の一つです。企業や学校からの求人が主なものですが、他にもホテル、空港、レジャー施設などの医務室勤務があります。派遣看護師を配置することもありますが、基本は組織の一員として医務室に配属され、仕事にあたることとなります。医務室看護師というものは、所属する組織によって求められる役割が違うため、幅広い役割を担います。具体的には急なケガや病気に対応したり、健康相談にのったりします。また、組織では定期健康診断が義務づけられているので、その手配や実施なども業務の一つです。
それに加え近年では慢性疾患の人や、ストレスにより心の病を患う人も多く、カウンセリングなどを行うことも大きな役割となっています。

2.医務室看護師の一日の仕事を比べてみよう!

基本的には勤務先が変わっても、医務室看護師の役割は変わりません。しかし、属する組織が違えば、医務室を利用する人が異なるため、必然的に業務内容が変わってくることが確かです。ポイントは利用者の年齢層や、医務室を訪れる主な理由に着目することです。そうすることで、具体的にどのような業務内容なのかが見えてくるでしょう。

2.1大学や学校の医務室看護師

学校には保健室を設置しなければいけませんが、小学校はじめ高校までの保健室では養護教諭が在籍することが多いです。大学の保健室の呼び方はさまざまで、医務室、保健センター、保険診療所などで求人案内がでています。看護師のみが駐在するものから医師が診察を行う医務室、臨床心理士が駐在するところなど、業務内容は規模によって違ってきます。 ここでは一番多いとされる看護師のみが駐在する医務室の1日の流れをご紹介します。
まず、学校では朝の見回りを行い、教室の換気が行われているか、石けんがきちんと補充されているか、トイレの掃除は行き届いているかなど、衛生環境に目を配ります。つづいて、通学してくる子供たちにも顔色の悪い子がいないか、元気のない子がいないかなどの健康状態に注意を払います。そして、朝の職員会議があればそれに出席をし、欠席の生徒やその理由を把握します。大学では朝の会議がなく、生徒の通学時間もバラバラなため、この部分はないことが多いでしょう。 学校や大学では授業中よりも休み時間に医務室への生徒の出入りが増します。医務室に訪れるのは体調不良時やケガなどが主な理由です。
それらに加え、時間の合間をぬって定期健康診断の手配や対応などを行わなければいけません。定期健診のときには特に忙しくなりますが、それが過ぎると時間に余裕がもてます。
慢性疾患を患っている生徒を把握して、健康状態に気を配ることも必要ですし、小さい子どもが通う学校では伝染性疾患の流行などにも気を配る必要があります。大学になると、地方から訪れている学生など土地勘がない学生も少なくないので、医療機関の紹介なども行います。最近の学生はストレスを抱えていることも多く、精神面のサポートが必要な学生もいます。

2.2企業の医務室看護師

企業の医務室看護師は大学や学校で働く場合と業務内容は大きくは変わりません。しかし、対象者が学生ではなく社会人であるため、年齢層も幅広く、糖尿病や高血圧といった生活習慣病を抱えている人も少なくありません。また、行き過ぎた残業がないかなどの環境面に留意し、過度のストレスによる精神的および身体的悩み相談も必要です。企業によってはメタボリック症候群に力を入れているところもあり、生活面での指導が必要な場合もあります。
1日の仕事の流れとしては、その日行う業務の確認を行い、朝礼がある場合は出席をします。
その後、適宜社内の見回りに出かけます。工場では騒音対策、ノルマ達成へのマネジメントの仕方など社員の健康を損ねるものがないか丁寧に確認をし、必要なときには責任者から情報を得たりしなければいけません。社員間のコミュニケーションなどにも注目をし、積極的に声掛けを行っていきます。

学校同様に健康診断関連業務を行い、健診の結果によっては保健指導を行ったり、再検査を促したりします。その後のフォローの役割も担っています。
最後に翌日の準備を行い、退社します。
急なケガや病人が出ない限りは計画通りに仕事が進むことが多く残業もほとんどありません。

3.医務室看護師になるデメリットって?

医務室看護師のデメリット

医務室看護師にもメリットとデメリットがあります。医務室看護師への転職を考えている場合には、求人を探す前に仕事の特性をしっかり理解しておくことが大切です。病院では病気を患っている患者の看護が中心ですが、医務室では慢性疾患の人の生活指導や病気の予防に勤めなければいけません。病院で習得した知識は大いに役に立つことになりますが、予防についての新しい知識は必要ですし、日常から多く発症する花粉症や風邪などの病気について知識を深める必要があります。その他にも、多くは1人で医務室を運営することになるので、責任が重くのしかかることも考えられます。それでは具体的にどのようなデメリットがあるのか見ていきましょう。                  

3.1病院とは求められるスキルが違う

病院で培ったスキルが必要になることはほとんどなく、医務室看護で身につく医療技術はほとんどありません。ただし、知識は豊富であればあるほど役に立つので、病院で得た知識は十分に発揮することができるでしょう。医師が駐在しない医務室の求人も多く、看護師が一人だけという医務室も少なくありません。重病人が出た場合には、すみやかな判断を行い救急車を呼ぶなどの的確な対応をしなければなりません。
その一方で、入院に至ることが少ない、風邪や胃腸炎、高血圧など身近な病気に対しての深い知識をしっかり頭に入れておくことも必要です。
また、PCスキルは多くの医務室で必須のスキルになっています。しかしPCスキルといっても、メールの操作、ワードやエクセルなど基本の扱いができれば問題ありません。
実務経験に関しては、企業によって採用の重視点が異なり、経験不問している企業もあります。 企業の応募資格を確認するようにしましょう。

3.2人間関係では悩まない?!

医務室看護師の求人内容にもよりますが、看護師一人ですべてをこなさないといけない職場も少なくありません。どちらにしても、病院と違って同僚としてかかわる人間の数はかなり少なくなります。そのため、人間関係に悩まなくてすむと思いがちですが、必ずしもそうではありません。病院では毎日数人の受け持ち患者であるのに対し、健康とはいえ、百倍近い人数の人を管理をしなければいけません。
また、各部署とのさまざまな調整を行う必要もあります。病院では別の部署といっても、医療関係者であることが多く、お互いに立場を理解しやすいところがありますが、企業や大学はそうではありません。特に一般企業では社員は皆それなりのストレスを抱えて忙しく仕事をしていることが常ですから、必ずしもこちらの都合に合わせてくれるとは限らず、交渉するスキルも必要になるでしょう。
病院のような人間関係のストレスはないでしょうが、違った意味での人との信頼関係の構築が必要となってきます。

4.医務室看護師になるメリットって?

医務室看護師になるメリット

企業や大学の医務室で看護師として働くには、病院とはまた違ったスキルが必要です。一人で医務室の管理を行うことが多いので、その責任が大きくのしかかったり、各部署との調整や人間関係を築くのが容易ではなかったりというようなデメリットを紹介しました。それでも医務室看護師の求人は非常に人気が高いものです。そこで今回は、どのようなメリットがあるのかみていきましょう。

4.1医療以外のスキル獲得

医務室の看護師は病気で入院している人の看護ではありませんから、看護技術が身につくということはほとんどありません。しかし、病院では得ることのできないスキルを身に着ける ことができます。
例えば、コミュニケーションスキルです。医務室では看護師一人で全てをやりくりしなければいけないので、健康診断の手配や他部門との調整など、他の人とうまくコミュニケーションをとってスケジュールを組まなければいけません。 その他にも、病院ではあまり必要とされていないビジネスマナーです。人としてのマナーではなく、電話対応、メールの返信、名刺交換、TPOに合わせた服装など、病院では必要とされませんが、会社員としてのビジネスマナーを身に着けることができます。
さらに、社員や学生の健康管理などにはパソコンが使われるため、PCスキルを身に着けることもできます。

4.2規則正しい勤務時間

病棟勤務の場合、やりがいはあるけれど勤務形態が不規則だったり、夜勤があることによって体力的に限界を感じているひとも多いのではないでしょうか。
病院勤務に比べて医務室勤務は勤務時間が規則的で、夜勤がありませんので、体力的には余裕がうまれます。急病人がでない限り、仕事は予定通りに進めることができるので、残業もほとんどありません。病棟看護師で不規則に働いている場合は、友人と時間を合わせるのに苦労をしますが、医務室勤務であれば一般的に土日休みですし、年末年始、ゴールデンウィーク、お盆とほぼカレンダー通りに休みが取れるので、定期健診など忙しい時期を外せば、長期の旅行なども可能でしょう。
家族との時間をもっと大切にしたい人や、趣味や運動など仕事以外に楽しみをもちたい人、勉強をしたい人にはぴったりの環境です。

5.医務室看護師のお給料はどのくらい?

医務室看護師の給料は勤務先の職場によってかなり差があります。学校か企業か、公立か私立かなどによっても異なってきます。学校の保健室や医務室であれば、月にもらう給料は20~30万円、それにボーナスを加えて、年収で500~600万円といったところです。病院で働く看護師より多いということはあまりないようですが、待遇がよければ同じ程度の給料になります。
企業の場合は、中小企業か大企業に勤めるかで待遇が随分と違ってきます。大企業であれば月収が30~40万円程度になり、ボーナスは業績によって変動するケースが多く、給料が高めでそれが人気の理由でもあります。

6.医務室看護師の求人が少ない理由は?

勤務体系や勤務時間において待遇が良いうえに、給料も場合によっては病院勤務を超える可能性があります。病院での知識を十分に生かして責任のある仕事ができますから、転職先として医務室の看護師は比較的人気があります。しかし、医務室で働く看護師の求人を目にすることは多くありません。。一体、それにはどういった理由があるのでしょうか。

6.1医務室看護師の求人は人気求人

医務室看護師は夜勤がなく、勤務時間にも余裕があります。子育て中の人でも育児と仕事が両立しやすかったり、カレンダー通りの休みであることから、友人との時間を共有しやすなど、仕事だけでなく私生活を充実させることが可能です。看護師の勤務時間とプライベートを両立したい人にオススメです。
病院で働いていると、夜勤や休日出勤が当たり前にあるので、休みの日にも外出する気分になれなかったり、長期休暇もなかなか取りにくかったりするものです。
病棟勤務と比べると、医務室看護師の仕事は全体的に待遇が良いことから、なかなか空きが出にくく、求人が出てもすぐに決まってしまうほど人気なものです。

6.2医務室の看護師求人は非公開求人が多い

医務室の看護師の採用人数は通常1人と少なく、勤務体系勤務時間給料面から人気が高い求人です。
人気の高い求人を公開してしまうと、応募者が殺到してしまう恐れがでてきます。そうなると問い合わせに追われたり、応募者の確認に膨大な時間がとられます。ですからできるだけ効率よく良い人材を獲得するために、応募者が多いことが予測される求人は非公開にされるのです。そこで非公開の求人を見つけるには転職サイトに登録することが必要です。また、コンサルタントに相談することで職場に関する詳しい情報を得ることができます。
そのうえ自分に合った求人をみつけることができるでしょう。 まずは気軽に相談してみませんか?



おすすめの看護師転職サイト一覧

看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク
4位 マイナビ看護師
5位 ナースではたらこ

4月入職希望の方は早めの登録がおすすめ

人気がある求人や急な欠員は公開されずに募集が終了してしまいます。

今の時期は特に非公開求人として紹介される求人が増えています。

看護師転職サイトによって持っている求人情報が違うので、複数の転職サイトに登録しておくといいですね。どの転職サイトも紹介~入職まで無料でサポートしてくれます。

利用者満足度96.2%! 『看護roo!』

首都圏・中部圏・関西圏対応

看護roo

看護roo!はサポートが手厚く対応地域(首都圏・中部圏・関西圏)の求人数が多いので、対応地域の病院を探している看護師さんは必ず登録しておきたい転職サイト。働いているスタッフでさえ驚くほど、どこよりも詳しい病院情報を事前に教えてくれることで有名です。利用者満足度も96.2%とNO.1を誇ります。

コンサルタントの対応満足度NO.1!『看護のお仕事』

看護のお仕事は、希望に合う職場をとことん探してくれる点が評価され『コンサルタントの対応満足度NO.1』に選ばれました。職場の雰囲気や人間関係など詳しい病院情報も教えてくれるので人間関係で失敗したくない方だけでなく、第二新卒の方やブランクがある方・転職サイトの利用が初めての方にもおすすめです。

紹介実績NO.1 高給与求人が多い『ナース人材バンク』

高給与求人が多く、全国の病院の求人を網羅しているナース人材バンク。コンサルタントの対応も評判がよく、豊富な紹介事例とキャリア相談に定評があります。職場の人間関係がよく働きやすい求人やスキルアップできる求人が多く、看護師としての力をつけたい方におすすめです。

«PREV 

»NEXT 

あなたの悩みはどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧