看護師の退職賞与を満額受けとるポイント 退職の意思表示は慎重に!

 
看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク

明暗を分ける退職時期

心身ともにハードな勤務内容であること、あらゆる分野で必要とされていることなどから、現在の職場から更に条件のいい職場を求める人が多い看護師にとって、退職や転職は身近なテーマであるといえます。退職をするとしても、正当に受け取れるはずの報酬を受け取ったうえで円満退職することは、看護師の誰もが望むことです。

退職金に関してはもちろん、既に就労した期間についてのボーナスが支給されるかどうかは、退職後の生活に影響を与える重要な問題となります。退職賞与ともよぶべき最後の報酬を受け取れるか否かは、退職時期と退職表明をする時期によって決まるといえます。

退職する時期のわずかな違いで、満額支給が叶うケースもあれば、1円も受け取ることができないまま職場を後にするケースもあります。

退職賞与を受け取るポイント

一般的な賞与の支給条件としては、賞与支給日に在籍していること、賞与査定期間内に勤務していることなどがあります。夏季賞与は10月~3月、冬季賞与は4月~9月をそれぞれ査定期間とする場合が多く、この半年間の勤務実績により支給額などが割り出されていきます。

数か月前から退職することが決定していても、有給消化で実際には働いていなくても、支給日に在籍していればボーナスは支給されることになります。ただ、賞与の支給条件は、職場によって異なる部分が多いため、就業規則を確認してみる必要はあります。

退職を控えた職員は、雇用する側からみれば、今後の活躍を見込めない人物であることを意味し、評価査定が下がることで支給額が減らされるケースもあります。確実にボーナスを受け取るためには、支給日前に退職の意志表示をしないことがポイントといえるようです。ボーナスを満額もらいたい看護師の方はこちらをご覧下さい。

転職先でのボーナス

退職表明後の業務の引継ぎと転職活動とを同時進行させる看護師も多く存在しますが、無事に転職を果たしたあと、新しい職場で受け取る最初のボーナスは、その支給額にあまり期待できないというのが実情のようです。

中途採用となる転職者は、新年度となる4月に入職したとしても査定期間の中途からの勤務となるため、在籍期間が短いという問題が生じます。入職後の数か月間を試用期間とする場合は特に、ボーナス査定の対象にならないことがほとんどのようです。

支給されるべきボーナスはできるだけ完全な形で手に入れたいところですが、退職ボーナス・ボーナス転職にこだわり過ぎることで絶好の転職チャンスを逃してしまう恐れもあるため、注意が必要となります。

 
看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク
4位 マイナビ看護師
5位 ナースではたらこ

«PREV 

»NEXT 

あなたの希望の転職先は?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧