訪問看護師に転職!後悔しない求人選びのコツ

  
看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク

病院で最期を迎えるのではなく在宅での看取りを望む方や家族も増えてきています。

住み慣れたご自宅で家族とともに療養生活が送れるように支援する訪問看護師の需要は、これからますます増えていくことでしょう。

そんな訪問看護の仕事に魅力を感じて転職を考えている方に、後悔しない求人の選び方をご紹介します。

訪問看護の転職先を決める7つのポイント

「希望通り訪問看護師として転職したのに転職先の状況は思い描いていたものとは違っていた!」そんな失敗を避けるためにしっかりチェックしておくべきポイントをまとめました。

訪問看護7つのチェックポイント

1.急変時に受け入れ可能な医療機関との提携があるか?

2.1人で訪問するのか?2人で訪問するのか?

3.訪問時の交通手段・交通費の支給

4.1日の平均訪問件数は?

5.固定給制?歩合給制?両方取り入れているか?

6.夜間や休日の対応は?

7.事業グループ内で転職できる?

1.訪問看護の医療機関との連携は?

訪問看護事業所の中には医療機関や介護施設も経営している法人グループに属している事業所と訪問看護ステーションとして独立している事業所があります。また患者が在宅での生活が困難になったとき、すぐに受け入れ可能な提携医療機関がある事業所と特に提携している医療機関がない事業所があります。

一概には言えませんが、提携医療機関がある事業所は重症の患者さんの訪問看護も受け入れているところが多いです。訪問先の患者さんの介護度がどの程度の方が多いか確認しておきましょう!

訪問看護の仕事内容とは?

在宅医療とリハビリ

高齢者が増え、介護を必要とする方も増えている一方で、介護施設に入るのではなく住み慣れた地域や家で暮らしたいと希望する方も多くいます。訪問看護師の仕事は

  • 血圧や脈拍、体温などの状態管理
  • 経管栄養の管理
  • 酸素療法の管理
  • リハビリ

このように訪問看護師が担う在宅医療は多岐にわたります。

2.1人で訪問するか?2人で訪問するか?

訪問看護師は基本的に1人で訪問すると考えている人も多いかもしれませんが、必ずしもそうではなく、看護師2人で訪問するとしている事業所もあります。

急変時の対応や入浴などの身体介助の負担を軽減するという理由からのようです。

1人か2人かという部分は重要で、1人での訪問が前提のところではしっかり判断し対処できるスキルがなければ難しいということです。ブランクがあって復職する場合は2人で訪問している事業所を選んだ方がいいでしょう。

経験者や資格者などスキルがある看護師は歓迎されますが必ずしも経験者でなければ採用されないわけではありません。需要が高まっている最近は1人訪問の事業所でも未経験やブランクのある看護師を受け入れているケースが多くなっています。

転職してからとまどうことがないように指導体制も把握しておきましょう。自分のペースで仕事をしたい場合は1人で訪問するところを選ぶといいでしょう。

転職を決める前に、転職コンサルタントに訪問の状況を聞いてみることをオススメします。

3.訪問時の交通手段と交通費の支給についてしっかりチェック!

患者宅への交通手段は、訪問看護師として働く上ではとても大切な要素です。これは事業所によって様々です。車で訪問する場合、もちろん自動車免許が必要となります。また、事業所の専用車両を使う場合もあれば自分の車を使用するところもあります。費用はガソリン代のみ支給されるケースが多い一方で、ガソリン代は給与に含まれているとして支給しない事業所もあります。

ほかには車やミニバイクで訪問可能な範囲に限定して訪問看護を行っている事業所もあります。事業所によって訪問している地域の広さも違いますし、それによって1日に訪問できる件数も違ってきます。

交通手段、ガソリン代支給の有無、カバーしている範囲をcheckしておきましょう。

4.1日の平均訪問件数をチェック!

1日の訪問件数は必ずチェックしておきましょう。これは事業所全体の訪問数と1人あたりの訪問件数の両方をチェックしておくといいでしょう。

訪問の仕事の一例を挙げると、訪問時にバイタルチェック、入浴介助または清拭~足浴、排便コントロールや創処置・注射・服薬管理・介護相談などが挙げられます。これらを1時間前後で実施します。

地方の場合は、訪問先への移動に時間がかかるので1日4~6件の訪問となるでしょう。

5.訪問看護師の給料

訪問看護師の給与は大きく固定給制と歩合給制の二つに分かれ、中には固定給プラス歩合給の事業所もあります。 歩合給の場合は訪問看護ステーションや事業所・地域により大きく違います。1訪問3,500~5,000円のところが多く、中には1訪問6,000円というところもあります。

歩合制の場合は1ヶ月の訪問数により給与が大きく変わってきます。がんばって訪問すればそれだけ給与が増えるともいえます。しかしどれだけ多く訪問しようと思っても訪問先の希望する時間に合わせなくてはならず、訪問数には限界があります。そのため、収入が安定しない点がデメリットです。

それに対し固定給は訪問件数にかかわらず給与が決まっています。オンコールの待機手当てやケアマネージャーの資格手当がつく場合もあります。

6.訪問看護師の夜勤と休日出勤

訪問看護事業所で働く場合は、夜勤なしの病棟勤務と同様に、オンコールの待機をせずに働くこともできます。

夜間や休日はオンコール体制をとっているところとそうでないところがあります。休日や夜間の急変時の対応は、オンコール体制をとっていないところでは家族や本人がかかりつけ医に直接連絡します。

オンコール体制をとっているところでは待機中の担当看護師(輪番制と受け持ち制がある)にまず連絡が入り、主治医と連携をとったり夜間に訪問したりします。翌日も休みではなく通常通り出勤することがほとんどです。

待機する場合は手当がつくようですが、これも事業所により金額にはかなりバラつきがあります。電話対応だけでなく患者宅を訪問したときのみ手当が支給されるところもあるようです。

訪問看護への転職の基礎知識

7.スキルをつけたいと思っても安心

訪問看護師として働いていても、中には病院の臨床に戻り、よりしっかり患者さんを看る力をつけたいと考える人もいます。

そんな時、急性期の病院や療養型の病院・介護施設などほかの医療施設を持っているところ(法人グループなど)なら、退職することなく部署移動させてもらえます。

病院への転職じゃなくても支援金はもらえる

病院の求人に比べ、訪問看護の求人や訪問看護師の求人は少ないのが現状です。7つのチェックポイントは実際に働き始めてからでないとわからないこともありますが、転職後に後悔しないためには訪問看護事業所の実情をしっかり確認しておくことが重要です。また看護師転職サイトの中には 転職支援金を支給してくれるところもあるので、そういった点も確認してみましょう。

訪問看護への転職必勝法 キャリアコンサルタントに聞く!

看護のお仕事キャリアコンサルタントからのアドバイスをご紹介します。

必ず確認しておかなくてはいけないこと

  • 訪問看護事業所の運営元はどこ?
  • 訪問看護事業所の運営元の経営状態は?
  • 入浴サービスの提供はどうなっているか?

訪問看護事業所の運営元がどこになっているかを知っておくことはとても大切です。訪問看護ステーションは比較的立ち上げやすいのですが各訪問看護事業所によって経営状態は大きく異なります。

経営状態が悪い訪問看護事業所では、経費削減のために人件費を削るところが多く、そのため一人あたりの受け持ち患者数が多くなり訪問数も多くなってしまいます。

訪問看護と訪問入浴サービスを提供しているところと、入浴介助は行わない事業所があります。訪問入浴サービスを提供しているステーションには、訪問入浴は専任のスタッフを配置しているところ、訪問先のご家庭の浴槽を利用して入浴介助するところがあります。

訪問看護に向いているのはこんな方

  • 患者さんとしっかり向き合いたい方
  • どんな患者さんでも親身になって対応できる方
  • 体力に自信がある方
  • 臨床経験が豊富な方

様々な患者様のご自宅を訪問するので、きちんと対応できる方が望まれます。また訪問看護は意外と体力がいる仕事なので体力に自信がない方にはおすすめできません。

ケアマネーシャーの資格は必須ではありませんが、資格を取っているとできる仕事が増えるので役に立ちますね。

訪問看護の求人が多い看護師転職サイト

『看護のお仕事』のキャリアコンサルタントさんからのアドバイスにもあるように、訪問看護事業所も規模や地域によって経営状態は大きく異なりますので、給与や雇用・勤務条件も様々です。『看護のお仕事』や、関東・関西・東海に強い『看護roo!』『マイナビ看護師』『ナースではたらこ』のような求人数が多い看護師転職支援サイトには訪問看護の求人も多く、事前に詳しい職場状況を教えてくれますからうまく活用していきましょう。

訪問看護師になりたいと考えている方は増加傾向にあります。その一方で希望者が多いうえ求人は少ないので競争率も高く、条件がいい求人はすぐに募集が終わってしまいます。最新の求人情報を手に入れるために看護師求人ランキングなどで、利用するサイトを選んで看護師転職サイトに登録しておくといいですね。登録しておけば新着の非公開求人を優先的に紹介してくれます。



おすすめの看護師転職サイト一覧


看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク
4位 マイナビ看護師
5位 医療ワーカー

人手不足の4月・5月は転職のチャンス!求人数も大幅増加

新しい職員が入職する4月は、求職者にとって絶好のチャンス!職場になじめず退職する新人看護師や、異動先が合わずに退職する看護師がいるため、急な欠員が出るのです。

そんな突然出る求人情報は、看護師専門の転職サイトで非公開求人として紹介されています。

転職サイトによって扱う求人情報が異なるので、複数のサイトに登録しておくと、求人情報をもれなくカバーできますよ。

どの転職サイトも求人紹介から入職するまで、完全無料で徹底サポートしてくれます。

利用者満足度96.2%! 『看護roo!』

首都圏・中部圏・関西圏対応

看護roo

看護roo!はサポートが手厚く対応地域(首都圏・中部圏・関西圏)の求人数が多いので、対応地域の病院を探している看護師さんは必ず登録しておきたい転職サイト。働いているスタッフでさえ驚くほど、どこよりも詳しい病院情報を事前に教えてくれることで有名です。利用者満足度も96.2%とNO.1を誇ります。

コンサルタントの対応満足度NO.1!『看護のお仕事』

看護のお仕事は、希望に合う職場をとことん探してくれる点が評価され『コンサルタントの対応満足度NO.1』に選ばれました。職場の雰囲気や人間関係など詳しい病院情報も教えてくれるので人間関係で失敗したくない方だけでなく、第二新卒の方やブランクがある方・転職サイトの利用が初めての方にもおすすめです。

紹介実績NO.1 高給与求人が多い『ナース人材バンク』

高給与求人が多く、全国の病院の求人を網羅しているナース人材バンク。コンサルタントの対応も評判がよく、豊富な紹介事例とキャリア相談に定評があります。職場の人間関係がよく働きやすい求人やスキルアップできる求人が多く、看護師としての力をつけたい方におすすめです。

«PREV 

»NEXT 

あなたの悩みはどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧