ナースバンクは評判悪い?看護師専門の職業紹介所の評判と利用方法

看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク

ナースバンクとは

ナースバンクとは厚生労働大臣の許認可を受けた看護師専門の職業紹介所のことで、看護師資格があるにもかかわらず仕事についていない看護師の方を登録して、再び病院などの医療機関で働けるよう手助けするために1974年設立されました。

ナースバンクは、東京都ナースプラザのように各都道府県に設置されており新しい職場を求める看護師に対して無料で転職・就職先を紹介・斡旋してくれる看護師専門のハローワーク的な存在です。

ナースのハローワークとも言われているナースバンクは、厚生労働大臣の認可のもと、都道府県のハローワーク(公共職業安定所)の管轄・指導のもとで活動を行っています。

看護師転職サイトの「ナース人材バンク」と混同されることが多いのですがこちらは民間の企業が運営しています。

補足情報

ナースバンクの運営は看護協会が行っているとも言われていますが、厳密にいうと各都道府県から委託をされた看護協会の運営するナースセンターが、看護師などの人材を確保することを目的に提供している事業のひとつでその総称がナースバンクです。

ナースバンクのメリット

メリットとしては豊富な求人情報(約20万件)を無料で閲覧でき、新たな職場を探せること、看護協会が運営しているのがで安心感があることです。

面接日程の設定や紹介状の発行、就業相談などにも応じてくれます。

また、ナースバンクでは、就職に向けた研修やセミナーが随時開催されています。長期のブランクがあり看護技術に不安がある場合や、より技術面を向上させたい看護師をサポートしています。

ナースバンクのメリット
  • 豊富な求人情報を無料で閲覧できる
  • 看護協会が運営しているので安心感がある
  • 就職に向けた研修やセミナーがある

研修内容は看護の現場で必要とされる知識や技能を広く網羅しており、基礎的な看護技術から最新の医療知識まで習得が可能です。

具体的には、採血・輸液、急変時の看護、心電図の読み方、リスクアセスメントなどの離職者に向けた研修、また、新卒者向けの新人研修があります。

いずれも座学・実技で学ぶことができ、現場での看護視察も実施されます。

研修の内容でもわかるように、ナースバンクの利用は転職を希望する看護師だけではありません。

ナースバンクが利用できるのは、転職・就職を希望する「看護職」にある人です。看護師・准看護師はもちろん、保健師、助産師が含まれます。

また、看護師養成所を卒業見込みの、看護学生も対象となります。

ナースバンクのデメリット

ナースバンクには多くのメリットがある半面デメリットもあるようです。

特に民間の職業紹介所と比較すると数々の違いも目につきます。

民間の職業案内所と比較したときのデメリット
  • 掲載求人数が少ない
  • 就職・転職のための積極的なサポートが少ない

例えば民間の職業紹介所と比較すると、掲載求人数が少ない、就職・転職のための積極的なサポートが少ないという点があげられます。

民間の相談員なら積極的に希望条件にそった勤務先を探してくれたり交渉してくれたりもしますが、ナースバンクの相談員はあくまで相談に応じるだけのようです。

そのため、民間の職業案内所(転職アドバイザー)を利用した方の中には、ナースバンクの対応を不親切だと感じる方もいるようです。

積極的に転職先に関する求人情報を紹介してほしい、志望動機や面接のアドバイスもしてほしいという方には、民間の職業案内所の利用をおすすめします。

ナースバンクへの2つの登録方法

ナースバンクへ登録するには、直接ナースバンクに赴いて手続きをする方法とインターネットのeナースセンターから申し込む方法の2つがあります。

ナースバンクの登録方法
  • 直接ナースバンクに赴いて手続きをする
  • インターネットから申し込む

直接ナースバンクに赴いて手続きする際は、希望する勤務地の地域にあるナースバンクで登録する必要があります。

なぜなら、ナースバンクでは全国の求人情報を閲覧できますが、紹介を受けることができるのはナースバンクのある地域に限られるからです。

例えば、千葉県に住んでいて希望する勤務地が東京の場合、東京のナースバンクへ登録します。

e-ナースセンターから申し込む場合は、まずホームページにアクセスします。そこから新規IDを申請して仮登録、本登録と進んでいきます。

仮登録後1日以内に本登録の手続きを済ませないと、仮登録自体が取り消されることになりますので要注意です。

ナースバンクの退会方法

ナースバンクの登録を抹消し、退会する場合には、本サービス登録を行っている都道府県のナースセンターに連絡をします。

ナースセンターによって多少の違いはありますが、電話、FAX、メール、郵送のいずれかで手続きできます。

eナースセンターの画面からの退会方法はありません。連絡先は、都道府県ナースセンター一覧から確認ができます。

不明点については、中央ナースセンターでも質問を受け付けています。

おすすめの看護師転職サイト一覧

看護roo! ※満足度96.2%!
看護のお仕事
ナース人材バンク
4位 マイナビ看護師
5位 ナースではたらこ

6月・7月はボーナス時期!早めの情報収集を!

条件が良い人気求人は、限られています。

「ボーナスを貰ってから、転職先を探せばいい。」では、希望通りの求人はなかなか見つからないでしょう。

スムーズな転職のためにも、一足早く転職サイトへ登録して情報収集を行うのがおすすめです。

看護師専門の転職サイトでは非公開求人が紹介されています。

転職サイトによって扱う求人情報が異なるので、複数のサイトに登録しておくと、求人情報をもれなくカバーできますよ。

利用者満足度96.2%! 『看護roo!』

首都圏・中部圏・関西圏対応

看護roo

看護roo!はサポートが手厚く対応地域(首都圏・中部圏・関西圏)の求人数が多いので、対応地域の病院を探している看護師さんは必ず登録しておきたい転職サイト。働いているスタッフでさえ驚くほど、どこよりも詳しい病院情報を事前に教えてくれることで有名です。利用者満足度も96.2%とNO.1を誇ります。

コンサルタントの対応満足度NO.1!『看護のお仕事』

看護のお仕事は、希望に合う職場をとことん探してくれる点が評価され『コンサルタントの対応満足度NO.1』に選ばれました。職場の雰囲気や人間関係など詳しい病院情報も教えてくれるので人間関係で失敗したくない方だけでなく、第二新卒の方やブランクがある方・転職サイトの利用が初めての方にもおすすめです。

紹介実績NO.1 高給与求人が多い『ナース人材バンク』

高給与求人が多く、全国の病院の求人を網羅しているナース人材バンク。コンサルタントの対応も評判がよく、豊富な紹介事例とキャリア相談に定評があります。職場の人間関係がよく働きやすい求人やスキルアップできる求人が多く、看護師としての力をつけたい方におすすめです。

«PREV 

»NEXT 

あなたの悩みはどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧