ナースセンターとは?看護協会運営のメリットと求人の評判を紹介

ナースセンターとは
看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク

看護師の転職手段にはいくつかありがナースセンターの利用を検討しているけど「ナースセンターの口コミが気になる」という方も人も多いのではないでしょうか。

ナースセンターが信頼性の高い転職手段であることは知っていても、内容を理解していなければ自分の状況に合うかどうかはわかりません。そのメリット・デメリットを確認し、スムーズな転職を実現しましょう。

ナースセンターとは

ナースセンターとは

ナースセンターという名前から看護師専用の組織の様に思われがちですが、ナースセンターは厚生労働大臣の認可を受けている無料の職業紹介所です。

ナースセンターは看護師(准看護師含む)や助産師、保健師などの看護職のハローワーク的な存在になります。

公共職業安定所の管轄のもとで、看護職の転職・再就業の為の就職先の斡旋や育成に関する情報提供などを行っています。

全国各地に広がるナースセンター

ナースセンターには全国都道府県知事の指定を受けて、看護協会が運営する都道府県ナースセンターがあります。

このナースセンターは1992年、「看護師等の人材確保の促進に関する法律」に基づいて全国47都道府県に設置されました。

ナースセンターは各都道府県の委託を受けてそれぞれの地域の看護協会が運営する組織でもあります。

看護職者の就業促進と看護に関する知識向上も目指しているナースセンターの主な事業としてナースバンク事業や訪問看護支援事業、「看護の心」普及事業などがあります。

eナースセンターの設立

eナースセンターの設立

eナースセンターは、ナースセンターの機能をインターネット上で利用できるシステムです。各都道府県にはナースセンターが設置され、無料で職業紹介をしてもらえます。

しかし、自分が住んでいる近くにナースセンターがなかったり、窓口まで出向く時間がなかったりするなど、利用が困難な人もいます。

ナースセンターでは全国の求人を行う病院の情報を、ナースセンター・コンピュータ・システムに登録しています。eナースセンターでも、同じ情報をどこからでも見ることが可能です。

ナースセンターに登録されている求人情報は、全国の病院の約5割に上ります。eナースセンターを利用すれば一度に数多くの求人情報を確認でき、検索から応募までインターネット上で完結できます。

ナースセンターの事業内容

ナースバンク事業

看護師のための無料職業紹介事業は、ナースセンターの役割のひとつで、ナースバンク事業と呼ばれます。ナースセンターでは、厚生労働大臣の指定を受け人材紹介事業を展開しています。

ナースバンク事業では、看護師に対して無料で医療機関の求人情報を提供し、職業の斡旋を行います。求人を希望する医療機関と求職中の看護師の仲立ちを行い、就職をサポートします。

ナースバンクでは、看護師資格を保有する相談員が、就職についての疑問や不安に対応しています。現場の状況に即した具体的な相談ができるため、就職を目指す看護師にとってとても心強い存在です。

再就業支援研修

ママさん看護師の再就業支援研修

ナースセンターでは、結婚や育児、介護、進学、夫の転職などの理由で看護師の仕事を離職中の潜在看護師で再び働こうとしている方に対してナースバンクをはじめ様々な形で支援を行っています。

潜在看護師の就職支援も

例えば長期間仕事を離れていたので現場に復帰できるか心配という潜在看護師の方には、臨床研修実施などを含む様々な研修会や講習会の開催、就職相談イベント、個別相談なども行っています。

また、離職防止対策事業も行っており、離職防止に関する調査や新人看護師への研修なども実施しています。その他にも各都道府県のナースセンターでは、現状の把握にも力を入れています。

看護職員重要施設調査や看護職員離職者調査などを実施しているとともに、ナースバンクの登録者の実態把握にも努めているようです。

「看護の心」普及事業

訪問看護支援事業の一環として、訪問看護師として働く訪問看護職員を育成するための訪問看護職員養成講習会や交流会を実施しているナースセンターもあります。

「看護の心普及事業」は、「高齢化社会を支えて、看護の心や助け合いの心を広く国民に広めることを目的」とした事業です。

病院や診療所だけでなく老人保健施設や特別養護老人施設などの福祉施設の見学や簡単な看護体験をするふれあい看護体験を実施しています。

看護師の夢を応援

その他にも、一日ナース体験、看護の道に進みたい学生、社会人のための看護学校等進路説明や進路相談などが行われています。

フローレンス・ナイチンゲールが生まれた5月1日を「看護の日」と制定するなどして普及活動に努めています。

ナースセンターのメリット・デメリット

ナースセンターで求人を探すメリット

    ナースセンターのメリット

  • 日本看護協会が運営しているため信頼性が高い
  • 看護師資格を持つ相談員がいる
  • 無料で利用できる
  • 地方自治体やハローワークとの連携がある
  • 再就業支援研修が受けられる

ナースセンターの利用でもっとも大きなメリットは、運営者の信頼性が高く、安心して就職活動ができるというところにあります。看護師に特化した、総合的なサポートが期待できます。

看護師という特殊な職種では、気持ちや悩みを理解してもらうのが難しい場合があります。看護師資格を保有する相談員であれば、転職に際しての様々な相談にきめ細かく対応してもらえるでしょう。

ナースセンターではハローワークと連携を取り、情報の提供が行われています。ハローワークの豊富な情報網により、働きたい地域の密度の濃い情報が入手できます。

ナースセンターで求人を探すデメリット

    ナースセンターのデメリット

  • 丁寧なサポートではないので、就職活動は自分主体で行う
  • 転職サイトにくらべて求人の種類が少ない

ナースセンターは看護師に職場を斡旋する組織ですが、転職や就職のプロではありません。ナースセンターでは応募先への紹介を行いますが、転職サイトのエージェントのように積極的に動いてくれるわけではありません。

転職サイトでは、エージェントが応募や面接の日程調整などを代行してくれます。しかし、ナースセンターを利用した場合には、就職活動のすべてを自分でしなければなりません。

相談員は就職についての相談には乗ってくれますが、例えば履歴書や職務経歴書の添削などまでは期待できないでしょう。

応募先の選択時も、転職サイトのエージェントやハローワークの求職支援ほどのアドバイスはもらえません。

ナースセンターは地元の求人に対して強みがありますが、登録されている情報の多くが中小規模の病院や診療所で、内容に物足りなさを感じる可能性もあります。

企業内の診療施設などを希望する場合には、ハローワークを併用するなど、多角的に求人情報をチェックする必要があります。

ナースセンターの利用方法

都道府県ナースセンターで相談

ナースセンターには各ナースセンターの統括を行う中央ナースセンターと、求職者支援を行う都道府県ナースセンターがあります。

都道府県ナースセンターでは就職相談会が随時開催されており、気軽に相談・面接や情報収集ができる場となっています。

相談会には事前予約や書類の準備なしで、子連れの人でも参加できます。これから就職に向けて動き出そうとする際、普段着でも出かけられる気楽さがあります。

長期のブランクがあるなど、復職に不安がある看護師向けには、復職支援研修や就業相談が開催されています。

自治体が指定する地域の病院で、最新の医療技術や看護の講義を受けたり、実際の医療機器を使用した実技演習をしたりすることができます。

eナースセンターで登録

各都道府県ナースセンターで実施される無料職業紹介を、インターネット上で利用できるのがeナースセンターです。eナースセンターの登録から利用の流れを見ていきましょう。

①eナースセンターサイトでユーザーIDを登録する(メールアドレス、氏名、電話番号など)

②パスワードを設定する

③プロフィールを入力する(氏名、住所、取得免許などの基本情報と看護経験、保有資格、自己PR などの任意情報)

④登録完了後ログイン

⑤求職票を登録就業状況、希望就職時期および勤務先施設、勤務形態、給与などの希望条件)ン

⑥問合せを行う情報を検索する(直接問合せ・紹介問合せ)

⑦求人応募(直接応募・紹介応募)

⑧応募結果を画面から確認する

⑨票の継続または抹消

求人応募後、書類選考に通過すれば、ナースセンター経由または施設からの直接オファーで、面接の案内が届きます。

この他にもeナースセンター画面では、ナースセンターからのお知らせや研修・セミナーの開催が確認できます。

ナースセンター以外の求人の探し方

ハローワークで求人探し

ナースセンターとハローワークの両方を利用したことある看護師に対して実施されたアンケートによると、ハローワークが高い評価を受けたのは次のような点でした。

  • 登録している求人施設が多い
  • 施設について知りたい情報が提供される
  • 希望に合う施設が紹介される
  • 相談員の対応がきめ細かい
  • (「都道府県ナースセンターによる看護職の再就業実態調査」)

    ハローワークのメリットとしてもっとも大きいのは、その圧倒的な求人情報の数です。医療機関だけではなく、一般企業などからの情報が寄せられるため、より幅広い求人内容を探すことができます。

    就職のプロが対応するため、就職に関することであれば、より適切なアドバイスが期待できます。

    特に地方の求人については、ハローワークの情報網が強みを発揮します。また、雇用保険の手当申請なども、一度に手続きできるのも便利です。

    就職活動が長引くようであれば、失業給付の申請が必要となるため、いずれはハローワークに出向く必要があります。

    ただし、病院に特化した求人を探すのであれば、ハローワークだけでは不足すると考えられるため、ナースセンターとの併用がもっとも有利に活動できます。

    ハローワークを利用する際のポイントとしては、なるべくこまめに足を運び、窓口の相談員と懇意になることです。

    ハローワークの求人は週1回更新されますが、担当者と仲良くなると個人的に案件を取っておいてくれることもあります。

    応募施設選びに悩んだときでも、可能な限りの情報を提供し、適切なアドバイスをしてくれます。

    企業の療養施設など、医療関連以外での職場を希望するのであれば、ハローワークの利用は外せません。

    転職サイトで求人探し

    転職サイトを利用した看護師は、平均的に高い評価をしています。転職のプロであるエージェントが一人ひとり担当に付き、きめ細かく面倒を見てくれるため、手厚いバックアップを得ることができます。

    応募施設についての情報提供や希望に一致する応募先の提案などに関しては、他の求人手段よりはるかに頼りがいがあります。

    仕事が確実に紹介され、成約までにかかる時間が短期間であるのも特徴的です。

    さらに、本人に代わって休日希望の交渉を行ったり、就職後も定期的にフォローをしてくれたりと、ひとりでは心細いという人には最適な就職手段といえるでしょう。

    転職サイトを利用する際には、一か所だけに固定せず、看護師転職サイトをかけもちして複数登録すると、効率の良い就職活動ができます。

    転職サイトの場合、求人情報に偏りがあるケースが見られるため、大病院に強い、小規模施設が充実しているなど、サイトごとの傾向を確認しておくと希望にマッチした案件に出会えます。

ナースセンターは賢く利用しよう

看護師協会が運営し、ハローワークや自治体との連携があるナースセンターは利用価値のある転職手段です。看護師に特化した職業紹介がなされ、看護師資格のある相談員も待機しています。

再就職に不安のある人に対しての研修制度も充実しているため、上手に活用すれば、無料で就業前のトレーニングもできます。

その一方で、就職支援の体制にはやや物足りなさもあります。基本的には応募から面接の調整まで、自分自身で動かなければ進められません。

心細さを感じる場合には、転職サイトの利用がおススメです。転職サイトでは就職のプロフェッショナルが細部にわたってサポートを行い、独自の非公開案件も多数提供されます。

待遇に関する交渉も代行してくれるうえ、詳細な内部情報が事前に入手できるので、就職活動が有利に進められます。

ナースセンターの都道府県別有効求人倍!愛知・京都・福岡・東京も

都道府県 求人倍率 都道府県 求人倍率 都道府県 求人倍率
北海道 2.45 青森 1.39 岩手 1.76
宮城 2.30 秋田 1.50 山形 1.72
福島 3.04 茨城 2.49 栃木 2.18
群馬 1.68 埼玉 2.62 千葉 2.26
東京 1.68 神奈川 2.56 新潟 3.28
富山 2.18 石川 1.54 福井 2.58
山梨 2.41 長野 3.62 岐阜 2.56
静岡 3.15 愛知 3.60 三重 2.79
滋賀 1.94 京都 2.56 大阪 2.91
兵庫 1.81 奈良 3.10 和歌山 3.90
鳥取 1.98 岡山 2.85 広島 1.75
山口 2.03 徳島 2.36 香川 1.89
愛媛 2.96 高知 1.48 福岡 1.38
佐賀 0.97 長崎 1.40 熊本 3.23
大分 1.04 宮崎 1.50 鹿児島 1.90
沖縄 1.52 全国 2.79
ナースセンターのまとめ
  • ナースセンターは、転職を目指す看護職に無料で職業紹介を行っている。。
  • ナースセンターでは、離職した看護師の再就職支援などを行っている。
  • ナースセンターの相談員は、同じ看護師の資格を持ち、相談しやすい。
  • ナースセンターは休日に相談に対応してもらえない、紹介までに時間がかかるなどのデメリットがある

おすすめの看護師転職サイト一覧

看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク
4位 マイナビ看護師
5位 医療ワーカー

8月・9月は良い条件の求人に向かってスタートダッシュ! 

条件が良い人気求人は、限られています。

「転職シーズンの9月になってから登録しても遅くないでしょ?」という考えでは、なかなか希望どおりの職場に転職できませんよ。

スムーズな転職のためには、一足早く転職サイトへ登録して情報収集を行うのがおすすめです。

さらに今の時期から複数の転職サイトに登録することで、非公開の求人情報ももれなくカバーできるのです。

どの転職サイトも求人紹介から入職するまで、完全無料で徹底サポートしてくれます。

利用者満足度96.2%! 『看護roo!』

首都圏・中部圏・関西圏対応

看護roo

看護roo!はサポートが手厚く対応地域(首都圏・中部圏・関西圏)の求人数が多いので、対応地域の病院を探している看護師さんは必ず登録しておきたい転職サイト。働いているスタッフでさえ驚くほど、どこよりも詳しい病院情報を事前に教えてくれることで有名です。利用者満足度も96.2%とNO.1を誇ります。

コンサルタントの対応満足度NO.1!『看護のお仕事』

看護のお仕事は、希望に合う職場をとことん探してくれる点が評価され『コンサルタントの対応満足度NO.1』に選ばれました。職場の雰囲気や人間関係など詳しい病院情報も教えてくれるので人間関係で失敗したくない方だけでなく、第二新卒の方やブランクがある方・転職サイトの利用が初めての方にもおすすめです。

紹介実績NO.1 高給与求人が多い『ナース人材バンク』

高給与求人が多く、全国の病院の求人を網羅しているナース人材バンク。コンサルタントの対応も評判がよく、豊富な紹介事例とキャリア相談に定評があります。職場の人間関係がよく働きやすい求人やスキルアップできる求人が多く、看護師としての力をつけたい方におすすめです。

«PREV 

»NEXT 

あなたの悩みはどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧