認定看護師になるには

head1_20160418_2

満足度 対応
地域
求人数 詳細
看護roo!
看護のお仕事

認定看護師とは

認定看護師とは特定の看護分野において熟練した看護技術と知識を有し、高度な看護を提供することができる看護師であると日本看護協会に認定された看護師の事をいいます。

看護分野はがん化学療法看護、がん性疼痛看護、感染管理、緩和ケア、救急看護、集中ケアなど21の分野があります。資格取得後のメリットとしては、専門の資格を持つことでより質の高い看護を提供できることや待遇がアップすることなどです。専門性の高い仕事を任されるので資格取得前よりも看護師としてやりがいを感じられるようにもなります。 専門看護師との違いは専門看護師が特定の看護分野に対して、実践、相談、調整、倫理調整などの6つの役割を果たすのに対し、認定看護師は特定の看護分野において、実践、指導、相談の3つの役割を果たすことです。認定看護師はこの3つの役割を果たすことによって、看護ケアの広がりと質の向上を図ることに貢献します。

認定看護師の資格を取るには

毎年1回、日本看護協会が認定看護師認定審査を実施しており、その審査に合格し、登録申請を行った方を認定看護師として認定し、認定証を交付します。

認定看護師認定審査の受験資格を得るにはいくつかの条件があります。まずは日本の保健師、助産師、看護師のいずれかの免許を持っている者で、実務の経験が5年以上あること、そのうち3年以上は特定の看護分野の経験を有することです。

日本看護協会の認定看護師教育課程または、認定看護師の教育に適切であると認められた教育機関で6ヶ月以上の認定看護師教育課程を履修していることが必要となります。資格取得後は一般の看護師とは異なり5年ごとに更新審査を受けなければなりません。更新では看護実践と自己研鑽の実績について書類審査を行います。

働きながら資格を取るには

認定看護師になる為に働きながら資格を取る事は容易なことではありませんが、積極的にバックアップをしてくれる医療施設で働いているなら働きながらでも資格取得を目指せます。

認定看護師の資格取得に力を入れている医療施設の中には、講習や実習などに必要な費用を負担してくれる医療施設もあるほどです。残念なことですが認定看護師資格取得に消極的で、バックアップ体制が整っていない医療施設も少なくないようです。

働きながらの資格取得が難しい場合、資格取得期間のみ休職扱いにしてくれる医療施設も増えています。その場合、資格取得後の職場復帰も保証されている事が多いようです。最近は医療施設側でも認定看護師の資格取得を積極的に支援する傾向があります。

 
看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク
4位 マイナビ看護師
5位 ナースではたらこ

«PREV 

»NEXT 

掲載サイト一覧