転職回数が多い看護師は不利になる? これ以上転職を繰り返さないための職場選び

看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク

「転職回数が多いと転職活動に悪影響がある」これは正しくもあり、間違っているとも言える微妙なポイントです。しかし、極端に多い場合はやはり悪影響があるといえます。

これは、売り手市場といわれている看護師の転職活動でも同じことです。看護師の世界では、転職回数が何回以上であれば「多すぎる」と判断され、悪影響が生じるのでしょうか? このページでは看護師の転職と転職回数の関係について詳しく説明していきます。

1.ひとつの職場で長続きしない理由は病院にもある

まずは、なぜ看護師がひとつの職場で長続きしないというケースが起こるのか原因を探ってみましょう。ここでは特に「病院側の問題」にスポットをあててみます。

看護師への対応が雑

医療機関として体制が整っているなら、当然教育・指導体制、サポート体制にも力を入れているはずです。しかし、意外にそうでもないケースも多いようです。そうなると新人として転職してきた看護師への対応も雑になり、看護師としては不安になってしまい、結局早期退職につながってしまいます。

面接時の話と実際の話が違う

たとえば、面接時に聞いた給与の金額より実際支払われた給与が低いなど、待遇面などを含む雇用条件が異なるケースがあります。これは、看護師にとっては単に「給与が少ない」ということだけではなく、職場への不信感という目に見えない部分へのダメージが大きいといえます。信頼できない職場で働きたくないのは当然のことです。

マニュアルがない

本来ならば業務マニュアルなどの指導書をもとに、仕事の指導、教育を行うのが一般的ですが、このマニュアル自体が準備されていない医療機関があります。先輩看護師や上司によって言うことや指導内容が異なり、新人看護師としては混乱してしまします。

離職率がそもそも高い

離職率が高い、つまり人の出入りが多い病院は注意が必要です。なぜなら、離職者が多いというのは、病院側にも長く働けない何らかの問題があることが多いからです。入職前に離職率を把握できればよいのですが、なかなか難しいのが現実です。

個人のスキル以上のものを求める

看護師のスキルは個々人によって差があるのは当然ですが、十分な指導もなく、スキル以上の仕事をまかせる医療機関があります。特に人員が不足している病院にその傾向があります。医療機関は患者さんの命や健康を守るための施設です。そんな中でスキル以上のものを求められるのは想像以上の精神的負担となります。

2.転職回数が多いのは自分自身にも問題が…

続いて、転職を繰り返してしまう理由の中でも「看護師にある問題」をみていきましょう。

完璧な職場を求める

勤務条件や待遇、福利厚生などの雇用条件、教育体制などすべてに完璧な職場を求めすぎると早期退職につながります。100%納得できる職場というのは現実的にありえません。何かしらの問題はあって当然と考えるべきですが、その考えができなければ失敗するのは当然です。

希望条件が多い

誰もが何かしらの希望条件を持って転職活動を始めるものですが、休日数、勤務時間、給与額ボーナス額など、すべての希望条件をかなえる職場を求めすぎ、それがないからといって転職を繰り返すパターンです。条件に優先順位を決め、これクリアできていればOKというように、多少の譲歩は転職するうえで必要な感覚です。

自分本位に考えてしまう

たとえば「子供が熱を出した時には休むのが当然だ」など、職場の状況を一切考慮せず自分本位に考えてしまうのは問題があります。当然離職する結果になるでしょう。転職し長く勤めるには、他のスタッフとの協調も欠かせないのです。

勤務条件をきちんと確認していない

勤務体制などすべての雇用条件をしっかりと確認しておかないと、実際に勤務したときに思っていた条件とギャップがあると後悔することになります。特に高い給与だけに目を向けるのは禁物です。

不都合があるとすぐに転職しようとする

自分にとって少しでも面白くないこと、都合がわるいことがあると退職してしまうというケースです。たとえば看護部長と看護観があわないとか、職場で嫌いな人がいるなどです。

これは個人差もあり、一概には言えませんが、退職することで自分の評価が下がってしまっても後悔しないかどうか、少し冷静に考えてみることも大切です。

自分で交渉しようとしない

場職の改善点を思いついても、どうせ無駄だと思って自分の意見を伝えない、交渉しようとしないタイプです。「待ち」の姿勢では評価もされにくいですし、結果的に転職がうまくいかない傾向があります。

3.長続きするために気をつけておきたいこと

看護師が転職を繰り返す理由を、病院の問題、看護師自身の問題の両面からみてきました。少なくとも「看護師自身の問題」で挙げたような問題は気をつけておきたいところです。

また、ひとつの職場で長続きするコツとしては、その職場独自のやり方を早めに覚えることが大事であると付け加えておきます。病院によって処置の仕方や物の場所などが違うのは当然です。教え方も違うかもしれません。そこで自分自身のやり方を押し通そうとするのではなく、「郷に入りては郷に従え」の精神で慣れていくことが大事です。マニュアルがあればきちんと読んで、その職場のやり方を「素直な気持ち」で受け入れ、実践していくことが大事なのです。

4.転職回数が多いことがもたらすデメリット

理想の職場を求めて転職をすることは悪いことではありませんが、それを繰り返してしますとどのようなデメリットがあるのでしょうか。

「どうせすぐ辞める」と思われてしまう

面接担当者・人事担当者からすれば、転職回数が多い看護師は「うちに入職してもまたすぐ辞めてしまうんじゃないか」と思うものです。それは仕方がなことです。もし家庭の事情や転居など、物理的に転職せざるを得なかった事情がある際は、きちんとそのことを伝えれば問題ないでしょう。

ひとつの部署でスキルがきちんと身に付かない

短期間で転職を繰り返していると、毎回違う部署(病棟やオペ室、外来など)を転々とすることになります。そうなると結果的にスキルがきちんと身に付かず、中途半端になってしまいます。

5.内定を勝ち取るための転職回数の限度は?

上で挙げたデメリットは、最終的に「転職がしにくくなる」という最大のデメリットを招きます。では、年代別でその影響に違いはあるのでしょうか。「この転職回数だったらなんとか内定をもらえる」という、いわばギリギリのラインを紹介します。

年齢別の転職限度回数

  • 20代
  • 転職限度回数は4回が目安です。

    しかし、採用に困っている医療機関であれば内定をもらえる可能性は高いです。まだ「若さ」が買われる年代です。

  • 30代
  • 転職限度回数は6回までが目安です。

    経験によりますが、療養病院か訪問看護、施設であれば内定をもらえる可能性が高まります。

  • 40代
  • 転職限度回数は10回までが目安です。

    転職先はかなり限られますが、30代同様に施設か療養病院であれば内定がもらえる可能性が高いです。

  • 50代
  • 転職限度回数は12回までが目安です。

    30、40代と同じく、転職先は施設か療養病院であれば内定を貰える可能性が高いでしょう。

転職回数がネックになりやすい職場は?

続いて、転職回数が多いと転職しにくい職場を紹介します。いわば転職回数の多さをネガティブ要素としてとらえやすい職場ということですが、どのような傾向があるのでしょうか。

  • 急性期病院
  • 理由:転職理由にもよりますが、「入職してからすぐ辞めるんじゃないか」という印象を持ちやすい職場です。

  • クリニック
  • 理由:元々採用枠が少ないので、ほかの志望者で優秀な看護師、もしくは同スペックで転職回数が少ない看護師がいれば当然不利になります。

  • 企業(産業保健師や治験、コールセンター)
  • 理由:企業なので、病院に比べると選考が厳しく経歴重視です。転職回数が多いと書類選考で不合格になります。

    6.退職回数が多くても!内定を勝ち取る「必勝法」

    では、転職回数が多ければ転職は不可能なのかというと、決してそんなことはありません。面接での対応、そして転職のプロを味方につけることで内定を勝ち取る可能性はグンと高まります。

    面接では転職回数をこう説明する

    最大のポイントになるのが面接時の対応です。転職回数が多いことが負い目になって、自信がなさそうに伏し目がちで話していては内定を勝ち取ることは不可能です。退職理由については、なるべく「前向きな内容」を伝えるようにします。たとえば「循環器科にチャレンジしたかったので転職した」「新しいスキルを身につけたかったので転職した」などです。

    また、転職回数が多かったことを反省している、貴院に入職したら定年まで長く働きたいと思っているということを伝えましょう。

    逆に転職回数の多さをアピールに使う

    転職回数の多さを逆手に取って自分がマルチプレーヤー「ジェネラリスト」であることをアピールするのも有効な手段です。病棟・外来・オペ室・内視鏡・透析室と幅広く経験している看護師であれば、転職回数が多くても「どこの部署に配属されても頑張ります」とアピールができます。

    また、転職回数が多くても、ひとつの職場で長い年数勤められているところがあれば、それをフックにアピールできます。たとえば、5年勤めた病院があるなら、その病院で学んだことや、成長できた点と、今後にどう生かしたいかを伝えるといいでしょう。

    転職コンサルタントをミカタにつける

    内定を勝ち取るうえでもうひとつ、必須といえるポイントがあります。それは看護師専門転職サイトのコンサルタントを味方につけることです。コンサルタントは看護師転職のプロ中のプロです。転職回数が多くて転職がうまくいかない、という悩みを持つ看護師を数多く経験しています。あなたの要望や今後積んでいきたいキャリア、これだけはゆずれないという希望条件などにしっかり耳を傾け、ピッタリの職場を紹介してくれるでしょう。職場別の面接対策もおまかせできます。

    看護師が転職するうえで、今やコンサルタントを活用することは常識です。転職回数が多いならなおさらです。まずは看護師専門の転職サイトに登録しましょう。

    

    おすすめの看護師転職サイト一覧

    看護roo!
    看護のお仕事
    ナース人材バンク
    4位 マイナビ看護師
    5位 ナースではたらこ

    5月・6月は転職のチャンス!求人数も大幅増加

    職場になじめず退職する新人看護師や、異動先が合わずに退職する看護師がいるため、急な欠員が出るのです。

    そんな突然出る求人情報は、看護師専門の転職サイトで非公開求人として紹介されています。

    転職サイトによって扱う求人情報が異なるので、複数のサイトに登録しておくと、求人情報をもれなくカバーできますよ。

    どの転職サイトも求人紹介から入職するまで、完全無料で徹底サポートしてくれます。

    利用者満足度96.2%! 『看護roo!』

    首都圏・中部圏・関西圏対応

    看護roo

    看護roo!はサポートが手厚く対応地域(首都圏・中部圏・関西圏)の求人数が多いので、対応地域の病院を探している看護師さんは必ず登録しておきたい転職サイト。働いているスタッフでさえ驚くほど、どこよりも詳しい病院情報を事前に教えてくれることで有名です。利用者満足度も96.2%とNO.1を誇ります。

    コンサルタントの対応満足度NO.1!『看護のお仕事』

    看護のお仕事は、希望に合う職場をとことん探してくれる点が評価され『コンサルタントの対応満足度NO.1』に選ばれました。職場の雰囲気や人間関係など詳しい病院情報も教えてくれるので人間関係で失敗したくない方だけでなく、第二新卒の方やブランクがある方・転職サイトの利用が初めての方にもおすすめです。

    紹介実績NO.1 高給与求人が多い『ナース人材バンク』

    高給与求人が多く、全国の病院の求人を網羅しているナース人材バンク。コンサルタントの対応も評判がよく、豊富な紹介事例とキャリア相談に定評があります。職場の人間関係がよく働きやすい求人やスキルアップできる求人が多く、看護師としての力をつけたい方におすすめです。

«PREV 

»NEXT 

あなたの悩みはどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧