看護師が抱える新人教育の悩みについて

 
看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク

看護師歴が3年目くらいになると、新人の教育担当に指名されることがあります。先輩看護師としてうまく指導ができるのか、コミュニケーション上手にとれるのかなどの不安もあるでしょう。

どんな点に注意をして、新人指導すれば良いのかについて見て行きましょう。

プリセプター制度と問題点

プリセプター制度とは、看護師の新人教育方法です。3年目以上の先輩看護師をプリセプター、新人看護師をプリセプティとして、マンツーマンで看護の実践方法を教えて行きます。

ですがこのプリセプターとの人間関係がうまくいかず転職してしまう新人や、反対に指導が上手にできないと思い悩むプリセプター側も多く、教える・教わるではなく、パートナーとしての関係、またパートナーを固定しない医療施設も増えてきました。

ですが、依然としてプリセプター制度を導入している病院が大半を占めます。そのような場合では、ナースは担当の新人ナースをコーチングして行く必要があります。

教育しようとしてもシフトがずれたり、気が合わなかったりすることもあります。このような場合には、どのように対処することができるでしょうか。

新人看護師とコミュニケーションを取る方法

シフトが合わない場合は、看護師長などに相談して見直しをしてもらうことができます。また、お互いがお休みの時に、プライベートで交流を深めることもできるかもしれません。

そして、気が合わない場合は、なぜ新人と気持ちが合わないのか、自分の言動を今一度客観視し理由を考えることが必要です。「同じように命令口調で言われたら、腹が立つかも」「相手の言い分を聞いていなかった」など、改善点が必ず見つかることでしょう。

看護業務と新人教育を両立させる

自身の仕事と看護教育、どちらも同時に行うことは至難の業です。新人教育プログラムやマニュアルがある場合は良いですが、無い職場も多いです。

新人看護師の態度にいらいらしたり、看護技術が向上しないことに歯がゆさを感じ、負担が全て自分にかかっているような錯覚を感じたりすることもあります。

このような時は、まず自分が教えなくてはいけないことを明確にします。患者に対する心遣いや態度などは自分が実践することで、点滴や注射などの医療看護の技術に関しても自分が実践をし、ポイントだけを言葉で伝えることで教えることができます。

何を今、新人に教育すべきかを念頭に置いて行動することが大事なのです。

新人指導で心がけるポイント

新人を「看護師」として独り立ちできるようにすることが、新人教育の目標であり到達点です。新人を「社会人」として独り立ちさせるのではないのです。態度や言葉遣いなど気になる点はあっても、同じ看護職の人間として、相手に尊敬の念を持ち、看護技術の修練に必要なことを指導していくようにしましょう。

お互いが尊重し合うことができれば、よりよい新人教育、よりよい看護が実践できます。教えるのではなく自分も成長させてもらうのだと考えることが大切です。

 
看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク
4位 マイナビ看護師
5位 ナースではたらこ

«PREV 

»NEXT 

あなたの希望の転職先は?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧