看護師がインシデントで辞めたいと思う時

 
看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク

インシデントが多い看護師は、看護師として自分は適性が無いのではと自己嫌悪し落ち込むもあります。

インシデント続きになると、看護師転職して職場を離れるだけでなく、看護師自体をやめたいと考える人も少なくありません。

このような気持ちのときは、どのようにすることができるでしょうか。

インシデントの多さと看護師としての適性

インシデントが少ないのは、看護師としての技量に優れているからとも考えられますが、インシデントに気付いていないからとも考えられます。

インシデントに気付くと言うのは、その事象から多くの医療ミスや事故の可能性に気付くと言うことでもあります。

インシデントに悩み、しかも正確にインシデント報告を行うのは、経験がある程度以上に豊富でなくてはできないことです。

ミスが起こらないように最大限注意する必要はありますが、それが即、適性が無いこととは成りません。

「看護学生時代に戻りたい」「インシデントが辛い。自分は看護師失格かも」と嘆く新人看護師も多くいるでしょう。

ですが、このインシデントへの「気付き」が大きな成長につながることを決して忘れてはいけません。

インシデントが多い時、次に考えるべき事柄

確かに失敗をした病院などの現場で働き続けるのは辛いかもしれません。

ですが、インシデントが起こるから転職をするという考えでは、次の職場でもインシデントやアクシデントを起こすことでしょう。

今、ここで何ができるのか、インシデントが起こった理由と原因、そしてなすべき対応を考え、医療ミスや医療事故を防ぐ対策をたてることが大事です。

経験から学ぶことも重要ですが、いつまでもインシデントにとらわれていると次に進むことができません。思い詰めないように、自分を追い込まないように、適度にストレス解消をすることができるでしょう。

ミスの少ない看護師になるためにできること

どんなミスの少ない看護師も、初めからミスが少なかったのではありません。今は先輩看護師として活躍している人も、初めはよくミスする新人看護師でした。

そして、よく失敗しインシデントを起こす看護師であった時代もあるのです。ですが、それらのミスから多くを学び、インシデント防止に努め、業務に励んだ結果、ミスが少なくなったのです。

悩みを一人で抱えないで、信頼できる師長やベテラン看護師、悩み相談室のナースやスタッフに相談しましょう。悩むと言う誠実さを持っていることは、看護師として優れた適性がある証拠でもあるのです。

看護師としての失敗やインシデント・アクシデントが続くと、転職や退職を考えてしまうかもしれません。ですが、一回り成長するための試練と考え、ストレスとして溜めずに看護業務に邁進して行きましょう。

 
看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク
4位 マイナビ看護師
5位 ナースではたらこ

«PREV 

»NEXT 

あなたの希望の転職先は?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧