ストーマケア【消化管】について

head_technical1-3-700x315
看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク

ストーマとは

便や尿を肛門・尿道から排出できなくなった場合に、腸管や尿管を直接腹壁に持ってきたり、腎臓や膀胱に管を通して排出させる方法のこと。 消化管ストーマ・尿路ストーマがあり、排泄物をためておく直腸や膀胱の代わりに排泄物を受けるための装具が必要となる。

ストーマの特徴

消化管ストーマの特徴

造設部位により回腸ストーマ、結腸ストーマ(上行・横行・下行・S状結腸ストーマ)に分類される。造設部位により、排泄される便の性状、量、pHが異なるため、部位を把握しなければ正しいケアはできない。

回腸 上行結腸 横行結腸 下行結腸 S状結腸
性状 水様 固形
多い 少ない
pH 高い 低い
  • 排泄物が水様:装具と皮膚の間に排泄物が入り込みやすいため、もれの原因となる
  • 排泄物が多量:装具の面板の溶解(溶け)・膨潤(ふやける)が早まる
  • pHが高い :アルカリ性の排泄物が皮膚を刺激し、皮膚トラブルが起こりやすい

尿路ストーマの特徴

尿を生成する腎臓から膀胱までのいずれかの部位から尿路を体外に誘導して造設する。

  • 回腸導管:切除した回腸に尿管を吻合して、回腸でストーマを作る
  • 尿管皮膚瘻:片側、両側の尿管を腹壁に吻合
  • 腎瘻:腎臓に直接カテーテルをさし、尿を誘導
  • 膀胱瘻:膀胱に直接カテーテルをさし、尿を誘導

ストーマの種類

消化管ストーマには、単孔式・双孔式がある。

  • 単孔式:臓器の断端を体表に出したもの
  • 双孔式:腸管口側端は人工肛門として、肛門側端は粘液を出す⇒2つ孔がある

腸管を切除する必要がない一時的ストーマ造設の場合が多い

Print
画像:http://gansupport.jp/article/life/living/stomacare/9646.htmlより引用

ストーマ造設術前後の看護師の役割

  • 手術前日まで
  • 術前オリエンテーション(ストーマケアについてなど)

    ストーマサイトマーキング(ストーマ位置をマーキング)

  • 手術当日

    手術終了後ストーマ装具を装着(術直後に合ったものを選択)

  • 術後1日目~
  • 離床開始

    ストーマ、周囲皮膚の観察を兼ねて装具交換実施

  • 術後2日目~
  • 患者、介護者にストーマ袋から排泄物を破棄する方法を指導

    患者に合った装具を決定

  • 術後7~10日目
  • 縫合部抜糸、ストーマ粘膜と皮膚接合部の抜糸

  • 退院までに
  • 患者、介護者による定期的な装具交換が実施できるよう指導・援助

    シャワー、入浴などを行い、ストーマや周囲皮膚の洗浄や観察ができるよう指導

    退院後の生活を想定し、日常生活の注意点を説明

ストーマ造設後の合併症

  • ストーマ粘膜の浮腫
  • ストーマ粘膜や粘膜下の毛細血管・細胞間腔、筋肉組織、脂肪組織に漿液が集まって腫れた状態。術後、3~4日に最も強く、7日目くらいから軽減。1~数か月で消失。

    原因術操作による腸管の静脈還流障害
    観察ストーマサイズと潤い、出血、潰瘍、粘膜損傷
    対応面板を大きめにカット
  • 壊死
  • ストーマ粘膜の血流障害で、暗赤色や黒色に変化した状態。小腸は血流が豊富なため、全身状態が良好であれば数日で回復する。しかし、大腸は血流が乏しいため広範囲に壊死が生じると、ストーマ脱落や狭窄などに移行することがある。

    原因術操作による腸管周辺の血管損傷・切断
    腸管を体外に引き出す際の緊張が強い場合に生じる血流障害
    浮腫による腸間膜の圧迫
    観察ストーマ粘膜の色、弾力、皮膚接合部、皮膚の感染徴候
  • 血流が完全に途絶えると粘膜は硬くなる。黒色であっても弾力があれば、深部の血流が維持され回復することが多い。
  • 対応血流を維持するために平面の面板を使用。
  • 皮膚接合部の離解
  • ストーマ粘膜と皮膚を縫合した部分が離解した状態。

    原因皮膚接合部の感染、潰瘍形成、血流障害
    術操作で腸管の直径に対し、腹壁に開けた孔が大きい
    観察色調(壊死の有無)、皮膚接合部の理解の有無、排泄状況(排泄物が腹腔内に流入していないか)、感染徴候(発赤、腫脹、熱感、疼痛)
    対応血流を維持するために平面の面板を使用。離解した部分に排泄物や粘液が流れ込みやすく、創傷治癒が遅延しやすい。感染徴候が消失したら離解部は面板で覆う。
    感染徴候がある場合は、毎日微温湯か生理食塩水で洗浄し、密閉しない。
  • 脱落
  • 皮膚接合部からの固定がはずれて、ストーマが腹壁筋層より中に落ち込んだ状態。

    原因ストーマの血流障害、縫合した腸管に過度の張力、壊死や離解が進行
    観察脱落の部位、壊死・離解の有無、排泄状況、皮膚の感染徴候、腹痛・発熱などの腹膜炎症状
    対応平面もしくは浅い凸面の面板を使用。
  • 出血
  • ストーマ内腔、粘膜、皮膚接合部から出血することがある。

  • 面板のカットサイズや位置、圧迫や摩擦などの刺激に注意する。
  • 原因術直後は止血操作が不十分、術後1日目以降は面板・袋による接触
    観察出血の部位、出血量、持続時間、粘膜損傷の有無
    対応少量であれば経過観察、袋に貯留するほどであれば医師に報告


おすすめの看護師転職サイト一覧

看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク
4位 マイナビ看護師
5位 ナースではたらこ

5月・6月は転職のチャンス!求人数も大幅増加

職場になじめず退職する新人看護師や、異動先が合わずに退職する看護師がいるため、急な欠員が出るのです。

そんな突然出る求人情報は、看護師専門の転職サイトで非公開求人として紹介されています。

転職サイトによって扱う求人情報が異なるので、複数のサイトに登録しておくと、求人情報をもれなくカバーできますよ。

どの転職サイトも求人紹介から入職するまで、完全無料で徹底サポートしてくれます。

利用者満足度96.2%! 『看護roo!』

首都圏・中部圏・関西圏対応

看護roo

看護roo!はサポートが手厚く対応地域(首都圏・中部圏・関西圏)の求人数が多いので、対応地域の病院を探している看護師さんは必ず登録しておきたい転職サイト。働いているスタッフでさえ驚くほど、どこよりも詳しい病院情報を事前に教えてくれることで有名です。利用者満足度も96.2%とNO.1を誇ります。

コンサルタントの対応満足度NO.1!『看護のお仕事』

看護のお仕事は、希望に合う職場をとことん探してくれる点が評価され『コンサルタントの対応満足度NO.1』に選ばれました。職場の雰囲気や人間関係など詳しい病院情報も教えてくれるので人間関係で失敗したくない方だけでなく、第二新卒の方やブランクがある方・転職サイトの利用が初めての方にもおすすめです。

紹介実績NO.1 高給与求人が多い『ナース人材バンク』

高給与求人が多く、全国の病院の求人を網羅しているナース人材バンク。コンサルタントの対応も評判がよく、豊富な紹介事例とキャリア相談に定評があります。職場の人間関係がよく働きやすい求人やスキルアップできる求人が多く、看護師としての力をつけたい方におすすめです。

«PREV 

»NEXT 

あなたの悩みはどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧