酸素吸入療法

head_technical1-3-700x315
看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク

目的

  • 動脈血の酸素化を図り、末梢の組織細胞に十分な酸素を配給します。低酸素血症の改善・予防を行います。
  • 換気仕事量・心筋仕事量の軽減に有効です。

適応

  • 動脈血ガス分析で低酸素血症となった場合
  • 心不全・ショック状態により全身循環不全と診断された場合
  • 術後や重度外傷直後など低酸素血症に陥る危険性がある場合

酸素配給方式別必要物品と使用方法

酸素配給方式は酸素ボンベを使用する場合と中央配管方式を使用する場合の二つに分けられます。

酸素ボンベ

  • 必要物品

酸素ボンベ・圧力計・流量計・加湿器・スパナ・滅菌蒸留水(酸素流量1分に4L以内なら不要)

  • 使用方法

①圧力計と流量計をスパナを用いて酸素ボンベに取り付けます。高圧なため酸素調節器を用いて適正な値に合わせます。

②加湿器に滅菌蒸留水を入れ酸素流量計に接続します。

③ハンドルをゆっくりと全開に開け、圧力計で酸素の残量を確認します。ハンドルを全開にしないと適正な圧力が確認出来ません。

④酸素ボンベを締め、圧力計が0を指すまで流し、酸素流量計を締めます。

中央配管方法

  • 必要物品

酸素流量計・加湿器・滅菌蒸留水

  • 使用方法

①加湿器に滅菌蒸留水を水位ラインまで入れて、酸素流量計に接続します。(酸素流量4L/分以下では不要です。)

②中央配管供給口の表示に従い、配給口のリングを奥に押して中央の栓を抜きます。

③酸素流量計の接続部を、中央配管供給口にカチッと音がするまでしっかり押し込むように挿入します。

④酸素流量計の開閉部を開き、酸素の流量情報を点検したら、再度開閉口を締めます。

⑤酸素マスク・鼻カニューレのいずれかを接続し、指示された流量を投与します。ボール型浮子はボールの中心を、ロタ型浮子の場合は上面と同じ目の高さで目盛りを読みます。

酸素吸入方法別、必要物品・手順

酸素吸入方法はベンチュリーマスク・鼻カニューレ・フェイスマスク・酸素テントなどがあり、酸素流量により高流量酸素療法と低流量酸素療法に分けられます。

  • 高流量酸素療法…ベンチュリーマスク

  • 低流量酸素療法…鼻カニューレ・フェイスマスク・酸素テント

ベンチュリーマスクによる酸素吸入

必要物品…ベンチュリーマスク一式

①患者・家族に酸素吸入の説明をして同意をいただきます。

②加湿器の酸素吹き出し口に、ベンチュリーマスクに繋がっているチューブを接続します。

③ベンチュリーマスクを患者に手渡し、説明、装着してもらいます。その後ゴムで調整します。

④指示された酸素濃度のダイリューターを準備します。

⑤マスク側の蛇管とダイリューター、ダイリューターと酸素加湿器側とを接続します。マスクとダイリューターは直接接続することが出来ないので、蛇管を挟みます。

⑥ベンチュリー部に患者が手を触れると、正しい酸素濃度が得られないこともあるので、ネブライザー用フードをベンチャリー部に装着します。

⑦ベンチャリー部に触れない事・マスクを外さない旨を患者に伝えます。

鼻カニューレによる酸素吸入

必要物品…鼻カニューレ

①患者・家族に酸素吸入の説明をして同意をいただきます。

②加湿器の酸素吹き出し口に、鼻カニューレを接続します。接続忘れのヒヤリハットが多いので注意します。

③カニューレを両鼻孔に差し込み、耳にメガネの様にかけ、顎もとで輪を固定します。はずれやすい場合は、絆創膏を使い、頬部で固定します。

④指示量の酸素を流し、口呼吸をしないように患者に説明します。

フェイスマスクによる酸素吸入

①患者・家族に酸素吸入の説明をして同意をいただきます。

②加湿器の酸素吹き出し口に、フェイスマスクに繋がっているチューブを接続します。接続忘れのヒヤリハットが多いので注意します。

③フェイスマスクを患者に手渡し、装着してもらいます。その後ゴムをきちんとフィットするように調整する。

④指示量の酸素を流し、マスクを外さないように患者に説明します。

酸素テントによる酸素吸入

必要物品…酸素テント・酸素濃度計・室温時計・氷(氷枕用)・中央配管設備・酸素流量計・加湿器・加湿器と酸素テントをつなぐチューブ・排水用バケツ

①冷却時の結露でベッドが濡れないようにするため、頭部にゴムシーツを敷きます。

②酸素テントを組み立て、酸素供給口と接続します。酸素流量計を指示された濃度になるように調整します。患者の口元の酸素濃度が重要となります。

③氷室に氷を入れ、テント内の環境に配慮します。

④排水ルートを設定します。

⑤テントから酸素が漏れやすいので、マットレスの下にテントフードの裾を入れ込む・砂嚢を利用・かけ毛布で圧迫して酸素の漏れを防ぎます。

⑥頭部がテントで覆われるため、患者が不安を感じやすいので、適度な声掛けや不安の軽減に努めます。

観察項目

  • 装着器具、機器の観察
  • 酸素流量や濃度が適正であるか、マスク、カニューレが正しく装着されているか、チューブに漏れや屈曲、閉塞がないかを確認します。

  • 状態の観察
  • チアノーゼの有無や顔色、爪床色、バイタルサインの変化を確認します。 また呼吸の数や深さ、リズムのパターンの観察と肺音の聴診を行います。

    特に、チアノーゼや呼吸困難、頻呼吸、発汗、頭痛、嘔吐、眠気、脈拍と血圧の上昇から低下への変化などの症状が見られる場合は低酸素血症の可能性があります。

    また、脈拍と血圧の上昇や発汗、呼吸困難、全身の紅潮、不眠、意識障害などの症状がみられる場合は高炭酸ガス症状の可能性があります。

  • 検査データ
  • 一般的にはパルスオキシメーターでSpO2(経皮的動脈血酸素飽和度)を連続的に使用します。

    その際、SpO2が90%以上あることを確認しましょう。

  • 精神面の観察
  • 呼吸困難を自覚している患者は、不安や生命の危機を感じる場合もあるため、心理的な面も観察が必要です。

注意点

  • 酸素は燃えやすい性質があるため、酸素吸引中の患者の近くに火気や引火性のものを近づけないようにします。
  • 必ず患者本人、家族に説明し同意してもらいましょう。

  • カニューレや管には水分が溜まる場合があるので、適度に排水を行います。
  • 酸素吸入中は乾燥をするために、必ず加湿器を利用します。
  • 加湿器には滅菌蒸留水を使用し、1日に1回タンクの洗浄・水の交換を行いましょう。 数時間に1度、タンク内に水が入っているか確認しましょう。



おすすめの看護師転職サイト一覧

看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク
4位 マイナビ看護師
5位 ナースではたらこ

5月・6月は転職のチャンス!求人数も大幅増加

職場になじめず退職する新人看護師や、異動先が合わずに退職する看護師がいるため、急な欠員が出るのです。

そんな突然出る求人情報は、看護師専門の転職サイトで非公開求人として紹介されています。

転職サイトによって扱う求人情報が異なるので、複数のサイトに登録しておくと、求人情報をもれなくカバーできますよ。

どの転職サイトも求人紹介から入職するまで、完全無料で徹底サポートしてくれます。

利用者満足度96.2%! 『看護roo!』

首都圏・中部圏・関西圏対応

看護roo

看護roo!はサポートが手厚く対応地域(首都圏・中部圏・関西圏)の求人数が多いので、対応地域の病院を探している看護師さんは必ず登録しておきたい転職サイト。働いているスタッフでさえ驚くほど、どこよりも詳しい病院情報を事前に教えてくれることで有名です。利用者満足度も96.2%とNO.1を誇ります。

コンサルタントの対応満足度NO.1!『看護のお仕事』

看護のお仕事は、希望に合う職場をとことん探してくれる点が評価され『コンサルタントの対応満足度NO.1』に選ばれました。職場の雰囲気や人間関係など詳しい病院情報も教えてくれるので人間関係で失敗したくない方だけでなく、第二新卒の方やブランクがある方・転職サイトの利用が初めての方にもおすすめです。

紹介実績NO.1 高給与求人が多い『ナース人材バンク』

高給与求人が多く、全国の病院の求人を網羅しているナース人材バンク。コンサルタントの対応も評判がよく、豊富な紹介事例とキャリア相談に定評があります。職場の人間関係がよく働きやすい求人やスキルアップできる求人が多く、看護師としての力をつけたい方におすすめです。

«PREV 

»NEXT 

あなたの悩みはどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧