准看護師の仕事内容ってどんなの?正看護師とどう違う?

看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク

看護師と一言でいっても資格は2種類あります。正看護師と准看護師は、医療の現場で同じ看護師として働いていますが、その資格には違いがあるのです。

そこで今回は、正看護師とは異なる准看護師の仕事の内容や、准看護師になるために必要な適性、スキルや知識、さらに今後のキャリアアップの道について詳しくご紹介します。

正看護師と違いはない准看護師の仕事内容

看護師の仕事は、患者が病気やケガの診察や治療を行う際に医師のサポートを行ったり、入院生活の補助を行ったりすることで、病気やケガの回復に向かうためのケアを行います。

これは、正看護師でも准看護師でも変わりはありません。

ただし、准看護士の資格によって看護師の仕事を行う場合には、必ず医師や正看護師の指導のもとで看護業務を行わなければいけないと定められています。

准看護師の資格とは?

これは正看護師と准看護師では取得している資格に違いがあるからです。

准看護師は、規定の学校を卒業後、各都道府県で実施されている准看護師試験に合格し、都道府県知事からの免許を受けることで取得が可能となる公的資格です。

早い場合には中学校卒業後から看護師の道を目指すことが可能となっています。

正看護師の資格となにが違う?

対して正看護師は、早くても高校を卒業した後に看護学校や短大、大学などに通い、看護師国家試験に合格して初めて取得をすることができる国家資格となっているのです。

准看護師は正看護師と資格取得までのルートが違うことからから学習してきた内容にも違いが生じます。

このため、自らの判断や決断で患者に対して看護業務を行うことはできないということになっているのです。

准看護師の仕事内容

しかし、実際に准看護師が行う具体的な仕事として挙げられることは、患者の健康や薬の管理、さらに患者のみならず患者の家族に対しての心理的なケアを行うことなどが一般的です。

すべての業務において医師や正看護師の指示に従って行わなければいけないものの、具体的な仕事内容としては、正看護師の仕事内容とほとんど違いはないといってもよいでしょう。

准看護師が求められている現場

高齢化に伴い医療施設のみならず高齢者施設などでも看護師の需要は高まっています。高齢者施設で正看護師のサポート役として働くスタッフには介護福祉士という仕事もあります。

しかし、介護福祉士には医療に関わる行為は行うことができません。

そのため、同じ正看護師のサポート役でも医療行為を行うことができ、実質的にはほぼ正看護師と同じ仕事を行うことができる准看護師は現場で貴重な存在となっているのです。

頼りになる!准看護師に向いている人

准看護士は多くの人と関わりながら業務をこなしていく仕事です。回復を目指す患者のサポートを行うことが主な仕事となっているため、常に患者と接しながら仕事をしていきます。

このため、病気やケガに悩む患者と常に向き合いながら業務に努める人が准看護師の仕事に向いている人といえるでしょう。

患者の気持ちに寄り添いながら、思いやりを持ってお世話できる人でないと、准看護師の仕事は務まらないのです。

准看護師に向いているのはこんな人

  • 精神力の強い人
  • 優しいというだけでは准看護師の仕事は務まりません。

    どんなに優しく接していても医療に関わる仕事のプロとして個々の病状や診療状況に合わせた的確な処置を行うことができる人でなくては看護師としての信用を失ってしまいます。

    このため准看護師には、どのような現場や状況でも冷静な判断を行うことができる強い精神力も求められるのです。

    患者が緊急な状況や重度の病気であるからといって、一緒に慌ててしまっては患者の不安をより一層高めてしまうばかりです。

    どのようなシーンであっても患者の不安を取り除いてあげられるような、頼りになる雰囲気を持って接することができる人こそが准看護師に向いているといえるでしょう。

  • 明るく前向きな人
  • 明るく前向きに仕事ができるということは准看護師として大切なポイントとなります。

    病気やケガに苦しむ人のそばに寄り添う看護の仕事は決して楽しいことばかりではありません。

    しかし、そのような現場であるからこそ、患者たちを元気づけることができるような明るさと、回復を目指す患者たちの背中を押すような前向きな人柄が求められるのです。

    また、患者だけではなく患者の家族を支え励ますためにも明るさと前向きさは大切な適性ポイントといえるでしょう。

  • コミュニケーション能力の高い人
  • 准看護士が仕事で接する相手は患者やその家族だけではありません。准看護師は医師や正看護師の指導のもとで医療行為を行うことが定められています。

    このため、医師や正看護師とよりよい関係を築くことでスムーズな業務が可能となるのです。

    同僚となる横の関係のみならず、縦にも良い関係を築く必要があるため、コミュニケーション能力の高さは准看護師として活躍するための大きなポイントとなります。

    患者、医師、正看護師、その他現場のスタッフたちがどのようなことを求めているかを読み取りながら迅速に動くことができる人が、准看護師に向いているのです。

    准看護師として必要なスキルや知識

    命に関わることもある医療の現場では、より高い専門知識やスキルが求められます。准看護師という仕事も責任を持って業務にあたるためには、さまざまなスキルや知識が必要です。

    医療に関する知識

    医師や正看護師からの指導のもとで正看護師と同様の業務を行う准看護師は、医療に関する基本的な知識を持っていることは必須となります。

    たとえば病気に関する知識は必要です。患者の診察や治療のサポートを行う際に、患者の症状を正確に把握しておくことは基本となります。

    患者や患者の家族から診療についての質問や、病気やケガに関する不安や悩みの相談を受けた際に、病気の知識を持っていないとスムーズに対応することができません。

    患者や患者の家族からは正看護師も准看護師も、看護における専門家として同じ立場で働く人と見られています。

    病気の知識不足によりスムーズな対応をすることができなければ、一人の准看護師についてだけではなく、看護師や病院全体に対する信頼性を失ってしまうことにもつながりかねないのです。

    医療処置や医療機器のスキル

    病気のみならず医学知識全般についても学んでおくことが求められます。

    患者の回復に向けてより良いサポートを行うためにも、幅広い医学知識を持ち、どのような病気や状況に対しても柔軟に対応することができる態勢を整えておくことはプロとして大切であるからです。

    知識のみならず、注射や点滴といった医療処置に関する高いスキルも現場では必須です。併せて処置をする際に使用する医療機器の安全な使用方法についても知っておく必要があるでしょう。

    介護の知識とスキル

    そして医療処置のみならず、排せつや入浴の介助、体位交換、ベッドメイキングといった生活に関する補助の対応ができる知識やスキルも持ち合わせていないといけません。

    また、准看護師が看護業務を行うのは医療施設の外来患者に対してだけではありません。

    医療施設の入院患者訪問看護でサポートをする家庭で病気の回復を目指す人、高齢者施設で生活を送る高齢者などへの対応といった患者の生活に関わった補助の仕事もあるからです。

    薬や感染予防の知識

    さらに薬や感染予防についての知識も必要とされます。薬の知識不足は医療事故につながる危険もあります。

    誤飲事故などのリスクを防ぐためにも薬の種類やそれぞれの特徴、与薬方法について学んでおくことが求められるのです。

    さらに患者のリスク回避の手段の1つとして感染予防の知識を持っておくことも大切です。

    病気を治す場である医療施設で患者に新たな病気を患わせてしまう院内感染は、病院にとって大きな問題となります。

    ウイルスや細菌の感染を防ぐための消毒や防護具の管理といったことはもちろんのこと、実際に感染が発症してしまった際、最小限に防ぐための対応方法についての知識やスキルも持っておくことが必要となるのです。

    正看護師だけじゃない!准看護師キャリアアップ

    准看護師として仕事を続ける中で看護師としての専門性を高め、医療に関わるプロとして更なる上を目指したいと考える人もいることでしょう。

    正看護師をめざす

    准看護師のキャリアアップの道の1つが正看護師です。

    医師や正看護師の指導のもとに看護業務を行う准看護師とは異なり、正看護師の資格を取得すれば医師の指示のもとではあるものの、より幅広い活躍を行うことが可能となります。

    また、正看護師になって経験を積むことで、准看護師では目指すことができなかった管理職へ昇進を希望することも可能となるのです。

    たとえば、一般看護師をまとめて管理し、上司のサポートを行う看護主任、看護主任からの補助により科をまとめる看護師長、

    働く看護師のすべてをまとめる看護師のトップとしての役割を担い、医療施設の運営にも参加する看護部長といった役職を目指すこともできます。

    ケアマネージャーをめざす

    しかし、准看護師がキャリアアップを目指す道は正看護師になることや役職に就くことだけではありません。たとえばケアマネージャーを目指すことも1つの道です。

    准看護師として通算900日以上、年数でいえばを持っていれば、ケアマネージャーになるために必要となる「介護支援専門員実務研修受講試験」の受験資格を取得することが可能となります。

    一般的に試験を受けるためには所定の福祉施設などで10年以上の実務経験が必要とされますが、准看護師は法定資格の1つとなっているため5年以上の実務経験で受験資格を得ることができるのです。

    • ケアマネージャーとは
    • ケアマネージャーは正式な名称を介護支援専門員と呼びます。

      介護サービスの利用者に対する介護プランの作成やプランの実施、面談、介護サービスを行う医療機関や施設などと利用者との間の連絡や、調整を行うことが仕事となります。

      介護保険の給付や管理などもケアマネージャーの業務範囲内です。

      病院などの医療機関のみならず高齢者施設での需要も多い准看護師にとって、ケアマネージャーの資格を取得することは仕事に役立つ知識を広げるとともに、活躍する場をさらに広げることもつながるでしょう。

    3学会合同呼吸療法認定士をめざす

    また、准看護師から3学会合同呼吸療法認定士の資格取得を目指すこともキャリアップの道の1つです。

    3学会合同呼吸療法認定士とは呼吸療法に関する知識やスキルがあると認められた人に与えられる資格です。

    吸入療法、酸素療法、呼吸理学療法や人工呼吸などの呼吸療法を行う際に使用する専門医療機器の管理を行うことが仕事となります。

    • 3学会合同呼吸療法認定士とは
    • 病院などの医療施設では主にリハビリテーションを行う場で求められる仕事です。そのほかにも救急救命の治療を行う場所やICUなどの現場でも需要があります。

      呼吸器系の専門病院や呼吸器の専門科目で働く際に取得していると評価されることがある資格です。

      准看護師として3年以上の臨床経験を持っていれば、資格取得に必要とされる3学会合同呼吸療法認定士認定講習会の受講の申し込みをすることが可能となります。

      受講の申し込みから5年以内に所定の学会や講習会に出席して12.5点以上の点数を取得することで3学会合同呼吸療法認定士の資格を得ることができるのです。

      看護師として一つの専門分野に特化した知識を得たいと考えている人にとっては3学会合同呼吸療法認定士の資格取得は適したキャリアアップの道となることでしょう。

    取得には実務経験が必要

    ケアマネージャーも3学会合同呼吸療法認定士も共に准看護師から取得を目指すことが可能である資格です。

    しかし、専門的な資格を取得するためには准看護師からよりも正看護師から目指した方が一般的には早道にはなります。

    たとえば准看護師から3学会合同呼吸療法認定士を目指す場合には実務経験が3年以上必要となりますが、

    正看護師であれば2年以上の実務経験で3学会合同呼吸療法認定士認定講習会の受講申し込みの資格を得ることができます。

    准看護師ならスキルアップを目指そう

    同じ看護職である正看護師とは異なり、准看護師が実際に業務を行う際には医師や正看護師の指導のもとでしか医療行為を行うことができません。

    しかし、指導のもとであれば正看護師とほとんど変わりなく看護業務を行うことはできます。

    准看護師も正看護師と同様に患者の診察や治療のサポートを行ったり、入院生活の補助を行ったりすることで、患者が病気やケガの回復に向かうためのケアを行うことが仕事となっているのです。

    このため、准看護師として働くためには、病気医学に関する幅広い知識やスキル、感染予防についても十分に学んでおくことが必要とされます。

    スキルアップしたいなら資格取得も

    また、知識と経験を増やしていく中でさらなるスキルアップを目指したい場合には、正看護師の道以外にも、ケアマネージャー3学会合同呼吸療法認定士といった医療に関わる別の資格を取得するという方法もあるのです。

    ただし、一般的には専門資格を取得する場合には正看護師から目指す方が早道となります。

    看護師で働く手段には正看護師以外にも准看護師という資格もあるということを知った上で、自分に合った仕事を選ぶと良いでしょう。

    

    おすすめの看護師転職サイト一覧

    看護roo!
    看護のお仕事
    ナース人材バンク
    4位 マイナビ看護師
    5位 ナースではたらこ

    5月・6月は転職のチャンス!求人数も大幅増加

    職場になじめず退職する新人看護師や、異動先が合わずに退職する看護師がいるため、急な欠員が出るのです。

    そんな突然出る求人情報は、看護師専門の転職サイトで非公開求人として紹介されています。

    転職サイトによって扱う求人情報が異なるので、複数のサイトに登録しておくと、求人情報をもれなくカバーできますよ。

    どの転職サイトも求人紹介から入職するまで、完全無料で徹底サポートしてくれます。

    利用者満足度96.2%! 『看護roo!』

    首都圏・中部圏・関西圏対応

    看護roo

    看護roo!はサポートが手厚く対応地域(首都圏・中部圏・関西圏)の求人数が多いので、対応地域の病院を探している看護師さんは必ず登録しておきたい転職サイト。働いているスタッフでさえ驚くほど、どこよりも詳しい病院情報を事前に教えてくれることで有名です。利用者満足度も96.2%とNO.1を誇ります。

    コンサルタントの対応満足度NO.1!『看護のお仕事』

    看護のお仕事は、希望に合う職場をとことん探してくれる点が評価され『コンサルタントの対応満足度NO.1』に選ばれました。職場の雰囲気や人間関係など詳しい病院情報も教えてくれるので人間関係で失敗したくない方だけでなく、第二新卒の方やブランクがある方・転職サイトの利用が初めての方にもおすすめです。

    紹介実績NO.1 高給与求人が多い『ナース人材バンク』

    高給与求人が多く、全国の病院の求人を網羅しているナース人材バンク。コンサルタントの対応も評判がよく、豊富な紹介事例とキャリア相談に定評があります。職場の人間関係がよく働きやすい求人やスキルアップできる求人が多く、看護師としての力をつけたい方におすすめです。

    «PREV 

    »NEXT 

    あなたの悩みはどれ?

    • 美容クリニックに転職
    • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
    • 人間関係で悩まない!
    • 働くママナースにおすすめ
    • 第二新卒の看護師の復職のポイント
    • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

    掲載サイト一覧