志は高く!看護師としてスキルアップする方法まとめ

看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク

看護師は医療の現場で活躍する専門職です。病気の治療や回復に向かう患者のサポートを行う中で、看護師としてさらにスキルアップをしたいと考える人もいるでしょう。

そこで看護師がスキルアップするための方法やスキルアップを目指すために有効な資格、スキルアップによって得られるメリットとデメリットをご紹介します。

管理職をめざしてみる

看護師としてスキルアップする方法には様々な手段がありますが、現在働いている職場で管理職をめざすというのも方法の1つです。

看護師の管理職には主に3つの役職があります。具体的には管理職へ上がっていく段階順に、看護主任看護師長、最上位となる看護部長です。病院によっては呼び名が異なる場合もあります。

看護主任

一般的に看護主任はスタッフとして現場で働く看護師たちのトップとして働く役職です。ワンランク上位となる看護師長のサポート役でもあります。

病棟内の看護業務がスムーズに進められるように業務全般を管理したり、スタッフとして働く看護師たちの指導を行ったりすることが役割です。

このため、看護師たちをまとめることができる統率力やマネジメント能力、業務の流れや職場の環境を常に見て把握する中で必要なことを整理し改善や報告ができる管理能力も問われます。

特にスタッフや看護師長といった上下のポジションの看護師、さらに患者とも接する機会が多い看護主任は高いコミュニケーション能力が求められるのです。

看護主任となるためには、病院の規模や本人の能力にもよりますが、およそ10年以上の看護師経験が必要となることが一般的です。

職位に就くためには実力が伴っていることが条件となるため、経験の年月に合わせた技術や知識、能力を取得することができるように日々学んでいくことが大切となります。

看護師長

看護主任の上の役職となるのが看護師長です。看護師も看護主任と同様にスタッフとして働く看護師たちをまとめる役割を持っています。

業務や職場環境などがより良いものになるように常に働き、快適に看護業務が進められるような取り組みを行うことが仕事です。

看護師長となるためには看護主任として現場で約15年以上を仕事に従事してさまざまな経験を通して学ぶことが求められます。

看護主任と同様の役割に加えて医療施設として十分な役割を果たし、更なる向上をめざせるような組織運営の管理にも関わることができる高い管理能力が問われるからです。

看護部長

そして看護職としてトップレベルの役職となるのが看護部長です。医療施設の経営者の一人として医療運営に大きく参加します。

現場で働く看護師や、看護師たちを取りまとめる看護主任、さらには各病棟の看護師長など全ての看護職を統率する責任のあるポジションです。

看護部長となるためには、看護師長を5年から10年経験することが必要と言われています。

看護部長は経営サイドの仕事がメイン

看護部長となると、現場での仕事よりは経営に関わる業務の方が大きな割合を占めます。

具体的には看護師の採用や看護師教育の方針、看護部業務の計画を立てたり、病院長や副院長など医療施設のトップとなる職位の人と打ち合わせをしたりすることなどが仕事です。

看護師たちの代表として院外との交渉やコンタクトをとる役割が求められることもあります。

このため、看護部長には特に高いコミュニケーション能力と、統率力が求められるほか、問題を分析し改善するための計画を立て、実践できる企画力や実行力も求められるのです。

さらに、経営に関わる立場でもあるため、財務や会計といった知識も必要となります。

管理職を目指すならとりたい資格

このような看護管理者としてのスキルアップを目指す際に一つの目標として目安となる資格が認定看護管理者です。

質の高い組織としての看護サービスが提供できる看護師であることを求める認定看護管理者資格は、看護師として通算5年以上の実務経験を積み、規定の要件を満たすことで受験が可能となります。

資格には3つのレベルがあり、ファーストレベルでは150時間、セカンドレベルと最上位となるサードレベルではそれぞれ180時間の教育課程を受けることが必要です。

目標があると仕事も頑張れる

経験を積む中で、現場で学び得た知識や能力を活かして自己のレベルアップを望む場合に、これらの管理職を目標としてみるのも良いでしょう。

ただし管理職となることで役職手当がつきますが、夜勤を免除されることが一般的です。このため、夜勤手当の分の収入が減る可能性があるということも把握しておくようにしましょう。

医療現場で役立つ資格を取ってみる

医療の現場ではさまざまな状況や患者と接する機会が多く、幅広い知識が求められるシーンは少なくありません。

そのため、看護師以外の資格を取得することが自己のスキルアップとなるだけではなく、実践的に役に立つ場面に出合えることもあるのです。

そこでスキルアップの手段となり得る10の資格を以下でご紹介します。

  • 認定看護師
  • 21の特定分野において高い技術と深い知識を持つ看護師として認定されると得ることができる資格です。

    認定看護師としての資格を取得したい分野において3年以上の経験があることを含め、看護師経験として5年以上の実務があることが条件の1つとなります。

    実務経験の条件をクリアしている人は6か月・600時間以上の認定看護師教育課程を修業し、筆記の認定審査を通ることで認定者としての登録が可能となるのです。

  • 専門看護師
  • 13の特定分野において認定看護師と同様に、専門的な知識や技術があると認められることで取得が可能となる資格です。

    認定看護師が実践的な能力を求められるのに対して、ケア全体におけるマネジメント能力が求められるのが専門看護師となります。

    専門看護師となるためには看護系大学の大学院で既定の修士課程を修了し、5年以上の実務研修後に書類と筆記による審査を通ることが必要です。

  • 保健師
  • 病気やケガを予防するための保健指導や健康診断などを行う仕事をするために必要な資格です。

    資格を取得すると市町村の保健所や保健センターのほか、病院や学校、企業など幅広い場所で活躍することが可能となります。資格取得の条件となるのが看護師国家試験に合格することです。

    合格した後は定められた保健師養成課程を修業し、さらに保健師国家試験に合格することが必要となります

  • 助産師(女性のみ)
  • 立ち合いや赤ちゃんの取り上げといった出産時のサポートや妊婦の健康管理、出産後の母子のケアなど、妊娠から育児までお母さんや赤ちゃんの健康を管理し必要な指導を行う仕事をするために必要となる資格です。

    看護師資格を取得した上で助産師の教育機関で必要となる専門知識や実践的な技術を1年以上学ぶことが必要となります。修業後にはさらに助産師国家試験に合格しなければいけません。

  • 救急救命士
  • 救急車に同乗し、医療施設へ搬送されるまでの間の救急の救命処置を行うことを仕事とするための国家資格です。

    救急救命士として働くためには一般的に指定の大学や短期大学、専門学校、救急救命士の養成所を卒業し、救急救命士国家試験に合格しなければいけません。

    医療現場ではなく消防署で活躍したいと考えている場合にはあわせて消防官の採用試験にも合格することが必要となります。

  • 3学会合同呼吸療法認定士
  • 呼吸療法を行う際、また呼吸療法を行うために使用する機器の管理に必要とされる資格です。

    特定非営利活動法人日本胸部外科学会、一般社団法人日本呼吸器学会、公益社団法人日本麻酔科学会の3つの学会による認定を要します。

    正看護師の場合には2年以上、准看護師の場合には3年以上の経験を持った人が3学会合同呼吸療法認定士認定講習会の受講申し込みを行い、申し込みから5年以内に定められた学会や講習会に出席して12.5点以上の点数を取得することが条件となります。

  • 臨床心理士
  • 国家資格のない心理職の中で一番知名度の高い民間資格です。心理的な悩みやトラブルを抱える患者の問題解決に向けたサポートを、臨床心理的技法を用いることにより行います。

    公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会が行う試験に合格することが臨床心理士になるための必須条件です。

    指定された大学院(1種・2種)か臨床心理士養成に関わった専門職の大学院を修了すること、2年以上の心理臨床経験をもった医師であることなどが受験条件となっています。

  • 精神保健福祉士
  • 精神的な障害を抱える患者の生活や社会における問題の改善に取り組み、社会参加にむけての活動をサポートする仕事に必要となる国家資格です。

    「精神科ソーシャルワーカー」とも呼ばれています。精神保健福祉士国家試験に合格することが求められます。

    受験するためには高校を卒業後福祉系の大学に進むか、短大進学後1年以上の実務経験を積まなければいけません。一般の短大や大学へ行った場合にはさらに養成施設で1年以上の通学が必要となります。

    短大の場合には加えて実務が1年以上必要です。他にも指定の施設での実務と養成施設での学習により受験資格を得られる場合もあります。

  • ケアマネージャー
  • 介護支援専門員として介護を必要とする人やその家族から相談にのり、必要となる関係機関への連絡や調整を執り行うコーディネーターとしての働きに必要となる民間の資格です。

    介護保険制度の導入に伴い作られました。各都道府県が実施する介護支援専門員実務研修受講試験に合格後、87時間の研修を受けることで取得することができます。

    看護師の資格を持っている場合には5年以上の実務経験があることで受験資格を得ることが可能です。

  • 介護福祉士
  • 介護を必要とする人が日常生活をスムーズに送ることができるように支援する仕事で活かすことができる国家資格です。

    食事や入浴といった生活の補助から介護計画の作成といった事務業務まで行います。資格を取得するためには介護福祉士国家試験に合格することが必要です。

    受験条件を得るための方法にはさまざまな手段がありますが、主に福祉系の学校を卒業することや実務経験を積むこと、指定された研修や講習を受けることが求められます。

    試験資格取得のルートにより筆記試験のみの場合と、実技試験も必要とされる場合と2パターンあります。

医療分野以外の資格もOK

医療の現場でさまざまな人を助ける仕事では医療分野以外の資格が活かされることもあります。おすすめとして挙げるのが以下の4つの資格です。

  • アロマテラピー検定
  • 公益社団法人日本アロマ環境協会が主催する民間の資格です。年齢や経験など問われることなく誰でも受験することができます。

    植物の香りを活かして病気の予防や治療、心身の健康を促すことが期待できるアロマテラピーは医療の現場でも活用することが可能です。

  • 日本臨床栄養協会サプリメントアドバイザー
  • 健康機能食品やサプリメントについて個々の栄養状態を把握しながら必要となる専門的な知識を持ってアドバイスを行うことができる民間の資格です。

    資格取得にはアドバイザーの認定試験に合格することが必要です。事前に日本臨床栄養協会に入会の上、通信教育あるいは学会に参加し既定の研修単位を40単位取得していることが受験条件となります。

  • 手話通訳士
  • 聴覚障害を持つ人との会話の通訳を行う際に活かすことができる資格です。

    手話技法を学ぶことで誰でも通訳を行うことは可能ですが、実際に資格の名称を名乗って仕事を行うためには手話通訳士の資格を取得することが必要となります。

    手話通訳士としての専門的な学習ができる学校は一部の学校のみであるため、一般的には介護や福祉の学校での勉強から入るか、手話団体や手話サークルなどに参加して独学で学ぶこととなります。

  • 英会話
  • 看護師は国際的な活躍も求められる職業です。

    国際看護師として働いたり、看護ボランティアとして活動したりするなど、日本や世界の至るところで看護師の仕事ができるようにするために英会話を学んでおくと将来の仕事の幅が広がります。

    英会話を取得するためには短大や大学、専門学校、民間のスクール、留学、独学などさまざまな方法があります。

    看護師のスキルアップの手段として学ぶ場合には、特にコミュニケーションに特化した英語の勉強をすることが必要です。

スキルアップするメリット・デメリット

看護師資格を取得することで、医療の一専門家として仕事をすることはできます。しかし、スキルアップをすることによって仕事の幅を大きく広げることが可能となるのです。

看護の知識や技術はさまざまな医療の現場で求められています。病院などの医療施設だけではなく、介護の現場や学校、市区町村の公営の施設などあらゆる職場で活かすことができるのです。

また仕事の場においても国内のみならず海外での需要もあります。

スキルアップのメリット

さらに、スキルアップをしておくことで、就職の際や、引っ越しなどにより転職を余儀なくされた場合に、できる限りで好条件となる就職先を見つけやすくもなるというメリットがあります。

他の数多くいる看護師就職希望者と差をつけることで待遇面においても有利な就職が可能となるのです。

そして、スキルアップは収入面でも有利となる場合があります。

看護師資格だけでは扱うことができない特別な仕事を行ったり、管理職に就いたりすることで、それに見合った収入の上乗せがあることは少なくありません。

デメリットも自分のためになる

ただし、スキルアップとなるスキルを身に付けるためには、それに応じた勉強が必要となります。

また、目標をもって勉強をしても資格試験に落ちてしまったり管理職に上がることができなかったりする可能性もあるのです。

勉強の大変さや試験に落ちてしまった際に受けるかもしれないショックのリスクはスキルアップを目指す上でのデメリットとなりますが、その分、目標を達成できた際には充実感が大きくなることでしょう。

スキルアップしたら成長できる職場へ
看護師の求人はこちら

おすすめの看護師転職サイト一覧

看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク
4位 マイナビ看護師
5位 医療ワーカー

8月・9月は良い条件の求人に向かってスタートダッシュ! 

条件が良い人気求人は、限られています。

「転職シーズンの9月になってから登録しても遅くないでしょ?」という考えでは、なかなか希望どおりの職場に転職できませんよ。

スムーズな転職のためには、一足早く転職サイトへ登録して情報収集を行うのがおすすめです。

さらに今の時期から複数の転職サイトに登録することで、非公開の求人情報ももれなくカバーできるのです。

どの転職サイトも求人紹介から入職するまで、完全無料で徹底サポートしてくれます。

利用者満足度96.2%! 『看護roo!』

首都圏・中部圏・関西圏対応

看護roo

看護roo!はサポートが手厚く対応地域(首都圏・中部圏・関西圏)の求人数が多いので、対応地域の病院を探している看護師さんは必ず登録しておきたい転職サイト。働いているスタッフでさえ驚くほど、どこよりも詳しい病院情報を事前に教えてくれることで有名です。利用者満足度も96.2%とNO.1を誇ります。

コンサルタントの対応満足度NO.1!『看護のお仕事』

看護のお仕事は、希望に合う職場をとことん探してくれる点が評価され『コンサルタントの対応満足度NO.1』に選ばれました。職場の雰囲気や人間関係など詳しい病院情報も教えてくれるので人間関係で失敗したくない方だけでなく、第二新卒の方やブランクがある方・転職サイトの利用が初めての方にもおすすめです。

紹介実績NO.1 高給与求人が多い『ナース人材バンク』

高給与求人が多く、全国の病院の求人を網羅しているナース人材バンク。コンサルタントの対応も評判がよく、豊富な紹介事例とキャリア相談に定評があります。職場の人間関係がよく働きやすい求人やスキルアップできる求人が多く、看護師としての力をつけたい方におすすめです。

«PREV 

»NEXT 

あなたの悩みはどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧