同僚やドクターの理解が得られない職場でした【ママナースの悩み】

看護師 クリニック

満足度 対応
地域
求人数 詳細
看護roo!
看護のお仕事

クリニック勤務でも

年齢、性別30代、女性
勤務先クリニック
勤務形態常勤
子どもの歳保育園・幼稚園

一番子育てしながら仕事をすることに悩んだのは、2人目妊娠中の時でした。当時、クリニックで勤務していましたが、同僚やドクターに子育てしながら働く、ということに理解がなかったと思います。

というのも、もともと、上の子が体調を崩すことが多く休ませてもらうことはあったのですが、二人目を妊娠したことによって、正職員からパートに勤務形態の変更を迫られました。

同僚からも体が楽なように、という名目のもと自分たちがやりたくない仕事を押しつけられるようになりました。

二人目を出産後、育休明けに一旦は復職しましたが、その後現在勤務中の病院に転職しました。

転職してすぐに下の子が入院したりと、現在の職場スタッフにも迷惑をかけることは多々ありましたが、子育てに理解のあるスタッフに恵まれ、今は楽しく仕事ができています。

クリニックから病棟勤務へ

現在は、病棟勤務で夜勤もありますが、わたしが夜勤で家をあけているときに、他の家族(夫や両親)に、朝の子供の支度や送り出しをしてもらわなければいけないのは、家族に負担になっていると思います。

また、勤務によっては、学校帰りの子供と顔を合わせることがない日もあるので、子供と向き合う時間が減ってしまう、というところも、子供にとっては負担かと思っています。

学校行事には積極的に参加

夜勤前にはなるべく翌日の子供の準備を終わらせておくこと。

特に、お弁当が必要な日の前日には、朝、ごはんを詰めるだけ、くらいまでお弁当を作ってから勤務に出るなど、翌朝他の家族の負担を軽減することにつとめています。

また、学校行事に積極的に参加するなど、子供と一緒の時間を作るように努力しています。

子育てに理解のある職場と巡り合うか

仕事をすることに対する家族の理解は必須です。

特に、交代勤務の場合、どうしても自分が不在の時には頼らなければならないのが家族……特に夫だと思います。

日頃から子供のことを話し合ったり、お互いに子供の情報を共有する必要があると思います。

あとは、職場の環境も大切で、なかなか、子育てしながら働くことに理解のある職場に巡り会うのは大変だとは思いますが、職場スタッフとうまくコミュニケーションをとっていくことは、重要です。

 
看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク
4位 マイナビ看護師
5位 ナースではたらこ

«PREV 

»NEXT 

掲載サイト一覧