【ママナースの悩み】子供の生活リズムを崩してしまう

保育園 祖母 

満足度 対応
地域
求人数 詳細
看護roo!
看護のお仕事

看護師として母親として

年齢、性別30代、女性
家族構成夫と子供一人
勤務先総合病院・クリニック
勤務形態パート
子どもの歳保育園・幼稚園

大変なのはどの仕事も同じだと思いますが、体調が悪い人を助けるお手伝いをしている仕事にも関わらず、自分の子供が急な熱、インフルエンザなど自宅で安静にしてはいけない時に、側にずっと付いていてあげられないのが母親として辛く感じました。

またこの仕事は、時間通りに全て仕事が終わる事は無く、誰かに引き継いで途切れる事のない様に仕事をしているものです。

時間が来たからといって、すぐに上がり辛くいつも帰りが予定より過ぎてしまう事は当たり前、昼も摂れず1日1食しか摂れてなかったという日もありました。

子供の生活リズムを崩してしまわない様に、なるべく同じ時間にを心掛けていましたが、急な重度の患者さんがいる時はどうしても押してしまい、家族にも迷惑をかけてしまった事は申し訳なく、帰宅するときは辛くなりました。 ですから、子供も見てもらっていた親族へ理解してもらうのにも少し時間がかかりました。

保育園の後は実家へ

気にし過ぎてしまうと、あれやこれやとやりすぎて体調を壊してしまう事がありました。

仕事の日は他の事は考えず、出来る事をやり後は家族に任せるか次の日に回させてもらっていました。

我が家の場合、保育園ではなく園後は実家に預かってもらっていたので、かなり親の時間を拘束してしまい、気も遣わせてしまっていたのは心苦しかったです。

60過ぎの親に4歳5歳の子供の面倒は疲れたと思います。腰を悪くしてしまった時に、これは考え直さないといけないかなと感じました。

実家でやってもらう事にも制限する

なるべく休みの日に保存出来るおかずを作り置きして、冷凍庫にも多めに作った餃子やハンバーグを入れて置き、帰宅してすぐに夕食を食べられる様にしておきました。

実家で夕食までお世話になる事はない様、そこは固く決めていました。

家事は出来るだけ短縮出来る様、おやつも着替えももたせて、実家では遊んでもらうだけにしていました。

看護師という仕事への理解が必要

1人で何でもやろうと思ってはいけない事だと思います。

保育園を利用するにしてもそうですが、送り迎えの担当、手伝いがないときついかもしれません。

また看護という仕事の大変さ、人手不足への理解を家族、周りの手伝ってくれる大人の方にしてもらう事は必須です。

協力度も変わってきます。良く話し合い、自分自身も仕事に集中出来る様頑張ってください。

 
看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク
4位 マイナビ看護師
5位 ナースではたらこ

«PREV 

»NEXT 

掲載サイト一覧