外来看護師の求人はどうやって探す? 正しい志望動機の書き方も教えます


満足度 対応
地域
求人数 詳細
看護roo!
看護のお仕事

外来で働きたいと考えている看護師に向け、外来看護師の情報を集めてみました。新人の場合、パートの場合といったシーン別のポイントや、外来看護師の収入、書類選考を突破するコツなども詳しく紹介しています。最後に、自分にピッタリの求人を見つけるためのコツにも触れていますので、ぜひお読みください。

1.新卒看護師が外来に就職する場合

新卒のスキルで通用する? 月給は?

新卒で外来希望となる場合、採用確率は残念ながら非常に低くなります。

外来では、様々な診療科の患者さんが来院されるため、外来看護師には「より幅広い看護師としての知識と、患者さんへの対応力」が求められます。

そのため、「新卒」では求められる技量に達していないと判断されてしまいます。

また、看護師のお給料は夜勤手当によって一般職よりも多少高くなるという傾向にあります。

そのため、月給も手取りで20万円いかないことがほとんどとなり、一般職と大差ない金額となります。

新卒が失敗をせずに求人を探す方法

新卒の方がやってしまいがちのミスとして、「ネット上の情報のみで職場を判断してしまう」ということがあげられます。

職場についてのネット上の情報は、最新の情報とは限りません。

そのため、求人を探す際にはぜひ一度直接職場に行ってみて、自分の目や耳で、職場を見学することをお勧めします。

特に外来希望の場合には、実際働いている職員の年齢層をよく見ておかないと、採用された後になって「自分以外はみんな50歳以上で合わない」なんていうこともありえますよ。

2.パートや派遣で働きたいなら

パート、派遣でも外来で働ける? 給料は?

外来では、職員の半数以上がパートであることが多く、人数が不足している場合には派遣によって人数を補給していることもあります。

パートでは契約時に働く日や時間など、ある程度自分の希望によって働くことができますが、一方で正職員に対して保証されている保険や年金などがなく、福利厚生も受けることができないことが多いといったデメリットも存在しています。

また、派遣については「産休・育休代理」として働くことになるため、対象となった方が復帰されれば自動的に契約終了となります。

パートや派遣は、職場によって時給もばらつきがありますが、おおよそ1500円以上2000円以下であることが多いようです。

気になる夜勤、残業は?子ども(家族)がいても両立できる?

パートとして働きたい方のほとんどが、現在子育て中の方かと思います。

そして、子育て中の方にとって気になるのが、「残業があるかどうか」という点かと思います。

本来、パートであれば時間によって仕事を打ち切ることも可能ですが、職場の雰囲気や仕事の状況などによって残業を頼まれてしまうこともあります。

そういった時に、「私はパートなんで」と言い切ってしまうと、その後の人間関係にも影響を及ぼしてしまいますので、普段から「この人は定時に上がらせてあげたい」と周囲の人に思ってもらえるように、仕事に取り組むことが大切となります。

求人はどう探す?

パートとして働く場合、子供の送迎などで選択できる職場もかなり狭まってくるかと思います。

そのため、働きたいと思っている職場について、HPなどで求人がないかどうかを確認してみることをお勧めします。

「近くにどんな職場があるかわからない」という場合には、看護師求人サイトにて、自分の希望に沿った職場を紹介してもらうという方法もあります。

3.正職員として働く外来看護師の収入は?

外来看護師の平均的な収入は?

正職員として外来で働く場合、病棟で働く場合に比べて収入は低いことがほとんどです。

職場や経験によって収入に差はありますが、おおよそ20万円程度であることが多いようです。

他の職場に比べて高い? 低い?

外来で働く場合、他の職場に比べて収入は低いことがほとんどです。

その理由として、病棟では夜勤があり、夜勤手当がつきますが、外来では残業手当こそつきますが、夜勤手当がないことがあげられます。

一回あたりおおよそ1万円以上である夜勤手当がないというのは、収入面ではかなり大きな差となります。

4.書類選考を突破するための応募書類の書き方

志望動機の書き方・注意点

外来を希望している場合、「今までこうした診療科を経験している」ということをアピールしたほうが良いです。

特に「病院が売りにしている診療科」についての経験があると、外来看護師として絶好のアピールポイントとなります。

また、「なぜ病棟ではなく外来を希望しているのか」ということについても、ただ単に家庭の事情で、などというのではなく、外来ならではの理由を言うことができると、より内定をもらいやすくなります。

職務経歴書の書き方・注意点

職務経歴書を記載する時には、どういった診療科で、どういったことを経験したかを細かくかけるとよりよいです。

「外来でこの処置があるんだけど、この看護師はできるのか」といった点を、試験官はチェックしています。

そのため、「聞かれそうなことは事前に職務経歴書に書いておく」ということが、大切です。

5.外来看護師の求人はこうして見つける!

個人病院、総合病院、大学病院…希望の職場を見つける方法

外来で働きたいと思っても、実際にどの職場で働けばいいか、迷ってしまいます。

個人で経営している病院から地域の総合病院、大学病院と病院の規模によって、外来の規模も変わりますし、患者さんの重症度も変わります。

「自分がどの病院の外来で働くことができるか」についても、自分を客観的にみて判断することは、とても難しいことだと思います。そうした時、ぜひ使いたいのが「看護師専門の求人サイト」です。

看護師專門の求人サイトを活用する

看護師専門の求人サイトとは、登録すると専門のエージェントが転職までサポートしてくれます。

自分の希望を伝えることで、あなたにあった職場を探し出してくれて、見学や面接など、様々な面でのサポートしてくれます。

自分のことを、自分自身で判断するということは、意外と難しいものです。

そのため、自分以外の第三者によって、自分にあった職場を探してもらえるというのは、看護師専門の求人サイトを使う最大のメリットとなります。

 
看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク
4位 マイナビ看護師
5位 ナースではたらこ

«PREV 

»NEXT 

掲載サイト一覧