看護師は外来でどんな仕事をする? 病棟勤務との違いは?


満足度 対応
地域
求人数 詳細
看護roo!
看護のお仕事

病院で働く看護師は、主に「外来看護師」と「病棟看護師」に分けられます。同じ病院でも仕事内容は違いますし、必要とされるスキルは違ってきます。このページでは「外来看護師」の仕事内容について詳しく説明していきます。外来看護師についてイメージがわかない、詳しく知りたい、という方はぜひ最後まで読んで外来看護師の知識を深めてください。

1.外来看護師の業務内容・役割

外来看護師の主な仕事内容

外来看護師の主な仕事は、「医師がスムーズに外来業務が行えるように補助を行う」とともに、「来院した患者さんがスムーズに診察を受けられるように援助する」ことです。

医師の補助としては、検査や治療時に側につき、「次に何をするか」を予測して医療器具や薬品を用意します。

患者さんの援助としては、患者さんのバイタル測定や検査などへの誘導の他に、医師の指示の元点滴や採血などを行います。

やりがいを感じられる瞬間は?

外来看護師として一番やりがいを感じる時は、「顔見知りの患者さんから信頼されていると実感できるとき」です。

外来では、日々たくさんの患者さんと接しますが、中には顔見知りとなる患者さんもいます。

慢性疾患などで定期的な通院が必要となった患者さんに、「〇〇さんがいるから安心できる」と声をかけてもらえると、「患者さんへの援助が評価されている」と感じることができ、やりがいを感じることができます。

2.外来看護師に求められるスキル・特性は?

どんなスキルや経験が必要?

外来看護師として求められるスキル、それはなんといっても瞬時に様々なことに対応できる「対応力」です。

「外来は、病院の顔である」という言葉があるくらい、外来は病院全体の印象に直結します。

そのため、少ない人数の中でも「いかに患者さんに不快な印象を与えずに対応できるか」が、とても重要となります。

対応力は、元からあるものではなく、看護師として働く中で少しずつ身につくものです。

よって、新人あるいは経験の浅いうちから外来希望になるのはあまりお勧めできません。

向き不向き(適性)はある?

また、外来にいらっしゃる患者さんにはたくさんのタイプがいます。

中でも多いのが「順番や待ち時間についてクレームをつけるタイプ」です。

病院の規模が大きくなればなるほど、どうしても待ち時間は長くなり、イライラすることがどうしても多くなってしまいます。

そうした患者さんに対しても、相手の感情に流されずに冷静に対応することができる方は、外来看護師として向いています。

一方、「なんであの患者さんはそんなクレームを言ってくるんだ!?」と感情っぽくなってしまう方は、向いていないかもしれません。

仕事に役立つ資格は?

外来看護師としてだけでなく、「プラスアルファの資格」によって、所属する診療科が固定できたり、あるいは専門知識を生かして働くことが可能です。

例えば、内分泌科において「糖尿病療養指導士」の資格を取得していれば、内分泌科専属にて患者さんの指導などを行うことができますし、認定看護師の資格を取得し、指導を行うことで診察報酬にプラスすることができます。

3.外来と病棟看護師の違い・メリット・デメリット

病棟とくらべて外来看護師のメリット

外来看護師の最大のメリットといえば、「基本的にカレンダー通りの勤務」ということがまず挙げられます。

小さいお子さんがいる場合や、家庭の事情によって働くことができる時間に制約がある場合、カレンダー通りで勤務ができるというのは、大きなメリットとなります。

また、病棟では患者さんの情報収集のために勤務時間よりも早く来ることが求められることが多いですが、外来では基本的に準備を行うくらいなので、直前に来ても大丈夫という職場が多いです。

これも、メリットの一つとなります。

一方で病棟とくらべてのデメリットは?

一方、もちろんデメリットも存在します。

外来では病棟に比べ、接する患者さんの数が多いことから、クレーム処理や事務手続きなど、看護業務以外の仕事もこなさなくてはいけないことがあります。

そのため、「私は看護師なの?それとも、事務員?」と思ってしまうこともあります。

また、職場によっては固定されているところもあるのですが、多くの職場は日によって担当となる診療科が変わるため、それぞれの診療科について勉強し、スムーズに業務が行るようにしなくてはいけません。

これらは、外来ならではのデメリットであるといえます。

4.外来にも夜勤はある? 残業は?

外来看護師の「夜勤」事情

通常、外来看護師ならばカレンダー通りの日勤のみであることがほとんどです。

しかし、職場によっては「外来看護師が救急の対応も行っており、夜間は外来看護師が交代で当直を行っている」ということもあります。

「当直」であるため、院内に待機しながら患者さんが来る場合に対応し、次の日は通常通り夕方まで業務を行います。

夜間に患者さんが来院しなければ夜間もゆっくりすることができる一方、患者さんが途切れなかった場合にはそのまま朝となり、通常業務をこなす必要があります。

そのため、「外来だから夜勤はない」と思うのではなく、夜勤がないかどうかを確認する必要があります。

やはり残業はある?それはどんな時?

外来でも残業になることは多々あります。

その理由として、「患者さんがたくさん来院され、診療時間が長引いてしまった」ということもありますが、一番多いのが「受付終了直前に患者さんが来院された」というケースです。

この場合、診察終了までに時間がかかり、結果として残業になってしまうということはよくあることです。

5.外来看護師ならではの「リアルな」悩み

気になる職場での人間関係…実態は?

外来看護師の場合、よく言われるのが「人間関係の複雑さ」です。

病棟勤務と違い、外来勤務の場合は異動によって病棟に移るということがほとんどありません。

そのため、勤務期間が長い人が職場内の人間関係についていろいろと支配してしまっていることがあり、一度悪い印象を持たれてしまうと、外来看護師全体に影響してしまうということがあるようです。

ストレスの限界! 辞めて転職したくなる時

また、人間関係以外にも外来看護師ならではのストレスとして、「患者さんへの対応」があります。

外来には、日々たくさんの患者さんが来院されます。

中には自己中心的になってしまい、理不尽にクレームを言ってくる方もいらっしゃいます。

そうした方に対しても、外来看護師として対応しなくてはいけず、ストレスがたまってしまい、「もう辞めたいな」と思ってしまう看護師さんも少なくないのが現状です。

 
看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク
4位 マイナビ看護師
5位 ナースではたらこ

«PREV 

»NEXT 

掲載サイト一覧