看護師が、院内託児所や保育園に子どもを預けるためのコツは?

pixta_14279395_M (1)

満足度 対応
地域
求人数 詳細
看護roo!
看護のお仕事

子育てをしながら看護師の仕事を続けるのはとても大変なことです。しかし、そんなママナースの強い味方が保育園や託児所などの「託児施設」です。最近では働く職員のために病院側が託児所を用意するというケースも増えています。ますます女性が活躍できる社会に…と言いたいところですが、現実はそうではありません。託児施設の数も足りませんし、院内に託児施設を用意している病院もまだまだ少数です。

このページでは、そんな悩みを解決すべく託児所や保育園に子どもを預けて働く、という方法について詳しく説明していきます。

1.病院の託児所に子どもを預けるために

院内託児所に子どもを預けるためには条件がある

小さいお子さんがいらっしゃるママナースにとって、強い味方となるのが「院内託児所」です。

待機児童問題が深刻化している中、院内託児所がある病院に就職することができれば、保育園問題を抱えることなく、仕事に復帰することができます。

院内託児所を利用するにあたっては、多くの職場が「常勤であること」を条件としており、24時間保育を行っている場合は「夜勤が一定数以上できること」「土日祝日も仕事ができること」などが条件になっているため、利用を検討する際には注意が必要です。

パートなど、常勤の職員以外でも利用できる?

また、パートや派遣として働きながら院内託児所の利用を考えている方もいらっしゃるかと思いますが、残念ながら非常勤の職員の場合は、ほとんど利用できないのが実態です。

院内託児所は福利厚生の一環として職場が用意していることがほとんどであるため、常勤の職員のみを対象としていることが多く、非正規雇用でも利用できるのは非常にまれなケースだと考えてよいでしょう。

夜勤や残業の時はどうなる?

院内託児所を利用するにあたり、注意したいのが「24時間保育」なのか、そうでないのかという点です。24時間保育を実施している託児所であれば、残業時や夜勤に対しても柔軟に対応してもらえます。

一方、そうでない場合には託児終了の時間が決まっているため、その時間までに仕事を終わらせてお迎えにいかなくてはいけません。

同じ院内にあるため、外部の保育園に比べて残業時において、保育時間延長の融通は利きやすくはなりますが、託児終了の時間までにお迎えに行くというのが大原則となっています。

院内託児所の空き状況は?

院内託児所は、「ママナースに就職してもらう」ための施設であるため、どこの職場でも一定数の空きは確保したいという事情があります。

しかし、昨今の待機児童問題から院内託児所の利用を希望するママナースは増えており、特に都市部や待機児童が多い地区での院内託児所は定員いっぱいとなってしまい、新規での利用を断られてしまうケースもあります。そのため、院内託児所の利用を希望している場合には、事前に必ず空きがあるか、利用可能かどうかを確認しておくことをお勧めします。

2.託児所と保育園の違いは?

何歳から預けられる? 年齢制限はある?

保育園では、原則的に産休明けから利用できますが、託児所においては保育職員の配置状況により、1歳以上となっていたり、年齢制限をかけているところがあります。

これは、託児所はあくまで役所が定めた基準によって設けられているものではなく、あくまで職場内での福利厚生で設置されているものであることに由来しています。施設ごとに年齢制限や預けられる年齢や月齢に差があるため、事前にしっかりと確認しましょう。

子どもの一日の過ごし方はどう違う?

院内託児所を利用している方にお話しを伺うと、「託児所では保育園と違い、イベントやお遊戯といった時間がない」という声を多く聞きます。託児所のイメージとしては、イベントなどでの「託児サービス」に近いものと考えるとよいかもしれません。各自おもちゃや遊ぶ道具を使って遊んでいて、先生が随時その相手をしてくれてますが、年齢に合わせたお遊戯やお歌の時間など、そういった「教育」までは行ってもらえないところが多いようです。

一方、保育園では年齢ごとに合った指導や教育をしてくれるため、「子供のことを考えると、院内託児所よりも保育園に預けたい」と考えるママナースは少なくありません。

預けられる時間は? 延長保育や夜間保育は可能?

院内託児所および保育園のほとんどは、「親が仕事をしている間のみ預けることが可能」となっています。そのため、自分がお休みのときには託児所に預けることはできません。

預けられる時間はそれぞれ「働いている時間プラス送迎にかかる時間」となり、仕事が長時間にわたる場合には延長保育を利用します。

一般的な保育園の多くは夜間保育は実施していませんが、24時間の保育園であったり、24時間対応型の院内託児所である場合には、夜間の保育も可能となっています。

3.託児所・保育園にかかる料金は?

院内託児所の場合

院内託児所では、おおよそ月で2万円ほどが相場となっています。

一日単位の場合は、おおよそ3000円前後が相場のようです。これらは、他の保育サービスに比べると格安となっています。

認可保育園と無認可保育園の料金の違い

認可保育園の場合、世帯の所得によって保育料が変わります。

共働きの場合は一世帯あたりの所得が多くなるため、必然的に保育料も高くなってしまいます。そのため、月で換算すると4~5万ほどかかってしまうことが多いようです。

また、無認可保育園の場合は、ある程度の補助は出ますが、おおよそ5~6万円ほどかかってしまうことが多いため、金額の面でも負担は重くなっているといわざるを得ません。

病児保育が可能な施設の料金は?

子供が風邪をひいてしまった場合、頼りになるのが病児保育です。

病児保育は一日あたりおおよそ2000円から6000円と施設やサービスによって差が大きくなっています。また、病児を預けられる施設が非常に限られているため、サービスを利用したいと思っても、実際に利用できるとは限りません。

そのため、仕事復帰するにあたっては、病気の際にどうするかを病児保育以外にも事前によく確認しておいたほうがよいでしょう。

4.狭き門? 託児所や保育園に預けるためには?

子どもの年齢、月齢が影響する?

託児所や保育園を利用するにあたり、よく言われているのが「早生まれの子は不利」ということです。保育園や託児所では、「4月1日時点での年齢」によってクラス分けされます。そのため、4月2日生まれの子と次の年の4月1日生まれの子は、同じクラスとなります。

原則として保育園は1歳児クラスが一番入りにくいとされているため、0歳児のうちに入園できるかどうかが大きなポイントとなります。そのため、早生まれの場合は0歳児として入れるチャンスが少なくなってしまい、それだけ入園するチャンスも少なくなっているというのが現状です。

シングルマザーの家庭は優先される?

保育園などで有利になるとされているのが「シングルマザー」の家庭です。保育園は「仕事などで保育がより難しい」とされる方が優先されます。

そのため、両親がそろっている方よりも、一人で育児をされているシングルマザーが優先される自治体が多くなっています。

しかし自治体によっては、シングルマザーであっても入園できなかったというケースも多数報告されているので、あくまで「優先されることが多い」程度に考えておくとよいでしょう。

 
看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク
4位 マイナビ看護師
5位 ナースではたらこ

«PREV 

»NEXT 

掲載サイト一覧