託児所に入れない?パートや常勤の看護師が託児所と保育園を使う条件

pixta_14279395_M (1)
看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク

子育てをしながら看護師の仕事を続けるのはとても大変なことです。

そして、院内に託児施設を用意している病院は少なく、保育園の数は足りていないのが現実です。

ここでは、託児所や保育園の仕組みや子供を預けるための条件など詳しく説明していきます。

病院の託児所に子どもを預ける条件とは?

院内託児所に子どもを預けるための条件

小さいお子さんがいらっしゃるママナースにとって、強い味方となるのが「院内託児所」です。

待機児童問題が深刻化している中、院内託児所がある病院に就職することができれば、保育園問題を抱えることなく、仕事に復帰することができます。

院内託児所を利用するにあたっては、多くの職場が「常勤であること」を条件としています。

24時間保育を行っている場合は「夜勤が一定数以上できること」「土日祝日も仕事ができること」などが条件になっているため、利用を検討する際には注意が必要です。

パートなど、常勤の職員以外でも利用できる?

また、パートや派遣として働きながら院内託児所の利用を考えている方もいらっしゃるかと思いますが、残念ながら非常勤の職員の場合は、ほとんど利用できないのが実態です。

院内託児所は福利厚生の一環として職場が用意していることがほとんどであるため、常勤の職員のみを対象としていることが多く、非正規雇用でも利用できるのは非常にまれなケースだと考えてよいでしょう。

夜勤や残業の対応と託児所の空き状況は?

夜勤や残業の時はどうなる?

院内託児所を利用するにあたり、注意したいのが「24時間保育」なのか、そうでないのかという点です。

24時間保育を実施している託児所であれば、残業時や夜勤に対しても柔軟に対応してもらえます。

一方、そうでない場合には託児終了の時間が決まっているため、その時間までに仕事を終わらせてお迎えにいかなくてはいけません。

同じ院内にあるため、外部の保育園に比べて残業時において、保育時間延長の融通は利きやすくはなりますが、託児終了の時間までにお迎えに行くというのが大原則となっています。

院内託児所の空き状況は?

院内託児所は、「ママナースに就職してもらう」ための施設であるため、どこの職場でも一定数の空きは確保したいという事情があります。

しかし、昨今の待機児童問題から院内託児所の利用を希望するママナースは増えており、特に都市部や待機児童が多い地区での院内託児所は定員いっぱいとなってしまい、新規での利用を断られてしまうケースもあります。

そのため、院内託児所の利用を希望している場合には、事前に必ず空きがあるか、利用可能かどうかを確認しておくことをお勧めします。

子育てと両立する看護師におすすめ転職サイト

順位 人気求人サイト 口コミ評価 詳細
看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク

託児所ありの看護師求人はどれくらいあるの?

同じ敷地内で託児をお願いできる、院内託児所。

まだ授乳中のお子さんがいる場合は、仕事の合間に授乳することができます。

また、残業となってしまった場合でも同じ敷地内にあるため、外部の保育園に比べてお迎えの時間の融通が利きやすいなど、院内託児所は子育て中のママナースにとって様々なメリットがあります。

では、実際にどういった病院が託児所ありの看護師求人を出しているのでしょうか?

託児所ありの求人があるのはどんな病院?

託児所ありの求人を出している病院の多くは、病床数が100床以上の総合病院や大学病院となっています。

院内託児所は、病院が直接保育者を雇って管理しているのではなく、外部の保育業者に委託していることがほとんどです。

つまり、院内託児所を整備できるということは、外部の業者に委託ができるほど経営状況が良好であり、病院そのものの規模も大きいということがいえます。

そのため、個人病院や100床未満の療養型病院など、比較的規模の小さい病院では託児所はまずないと考えてよいでしょう。

託児所ありの求人を出している病院の中でも特に3次救急を取り扱っている大学病院などでは、24時間保育を実施し、より多くのナースが夜勤をしやすい環境を整えています。

託児所ありの求人を探す場合は、ある程度規模の大きい病院への転職する必要がある、ということを考えておきましょう。

託児所がある病院の勤務形態は?

託児所がある病院とひとくくりに言っても、病院によって、託児ができる日にちや時間にはかなりのばらつきがあります。

24時間託児を行っており、いつでも子供を預けることができるという託児所がある一方で、保育者確保の関係で事前に「この日とこの日ならば託児可能です」と提示される託児所もあります。

特に土日や祝日、お盆や年末年始など、世間一般のお休み期間は保育者の確保が難しいために、託児所を閉めている、ということも珍しくありません。

また、24時間託児を実施している場合は、逆に「24時間託児をやっているんだから」という理由で、子供が小さくても積極的な夜勤へのシフト参加を呼び掛けられることもあります。

そのため、ただ単に「託児所があるかないか」だけで求人を選ぶのはおすすめしません。

「託児所はどれくらい開いているのか」「託児所があることで、自分の要望を聞いてもらえないということはないか」という点について、必ずチェックしておきましょう。

託児所がある病院の看護師の給料は?

先ほどもお話ししたとおり、託児所がある病院は規模が大きい病院であることが多くなっています。

ほとんどの病院が2次、3次救急を担った地域の総合病院または大学病院であることから、患者さんの数も多く、ナースが行うべき業務量も多くなっています。

そのため、給料も全体的にやや高めの傾向にあり、病院によってばらつきはあるものの、おおよそ手取りで25万~30万円ほどとなっています。

託児所の利用料についても病院によって差が大きくなっています。

24時間託児を利用して夜勤を行う場合、せっかく夜勤手当が出ているにも関わらず、その手当の多くは託児の利用料に消えてしまうことが多い、と言われています。

託児所を利用する場合には、お給料だけを見ずに、託児所の利用料についても調べ、手取りはどれくらいになりそうなのかも、計算しておきましょう。

託児所と保育園の違いは?

何歳から預けられる? 年齢制限はある?

保育園では、原則的に産休明けから利用できますが、託児所においては保育職員の配置状況により、1歳以上となっていたり、年齢制限をかけているところがあります。

これは、託児所はあくまで役所が定めた基準によって設けられているものではなく、あくまで職場内での福利厚生で設置されているものであることに由来しています。

施設ごとに年齢制限や預けられる年齢や月齢に差があるため、事前にしっかりと確認しましょう。

子どもの一日の過ごし方はどう違う?

院内託児所を利用している方にお話しを伺うと、「託児所では保育園と違い、イベントやお遊戯といった時間がない」という声を多く聞きます。

託児所のイメージとしては、イベントなどでの「託児サービス」に近いものと考えるとよいかもしれません。

各自おもちゃや遊ぶ道具を使って遊んでいて、先生が随時その相手をしてくれてますが、年齢に合わせたお遊戯やお歌の時間など、そういった「教育」までは行ってもらえないところが多いようです。

一方、保育園では年齢ごとに合った指導や教育をしてくれるため、「子供のことを考えると、院内託児所よりも保育園に預けたい」と考えるママナースは少なくありません。

預けられる時間は? 延長保育や夜間保育は可能?

院内託児所および保育園のほとんどは、「親が仕事をしている間のみ預けることが可能」となっています。そのため、自分がお休みのときには託児所に預けることはできません。

預けられる時間はそれぞれ「働いている時間プラス送迎にかかる時間」となり、仕事が長時間にわたる場合には延長保育を利用します。

一般的な保育園の多くは夜間保育は実施していませんが、24時間の保育園であったり、24時間対応型の院内託児所である場合には、夜間の保育も可能となっています。

託児所・保育園にかかる料金は?

院内託児所の場合

院内託児所では、おおよそ月で2万円ほどが相場となっています。一日単位の場合は、おおよそ3000円前後が相場のようです。

これらは、他の保育サービスに比べると格安となっています。

認可保育園と無認可保育園の料金の違い

認可保育園の場合、世帯の所得によって保育料が変わります。

共働きの場合は一世帯あたりの所得が多くなるため、必然的に保育料も高くなってしまいます。

そのため、月で換算すると4~5万ほどかかってしまうことが多いようです。

また、無認可保育園の場合は、ある程度の補助は出ますが、おおよそ5~6万円ほどかかってしまうことが多いため、金額の面でも負担は重くなっているといわざるを得ません。

病児保育が可能な施設の料金は?

子供が風邪をひいてしまった場合、頼りになるのが病児保育です。

病児保育は一日あたりおおよそ2000円~6000円と施設やサービスによって差が大きくなっています。

また、病児を預けられる施設が非常に限られているため、サービスを利用したいと思っても、実際に利用できるとは限りません。

そのため、仕事復帰するにあたっては、病気の際にどうするかを病児保育以外にも事前によく確認しておいたほうがよいでしょう。

狭き門? 託児所や保育園に預けるためには?

子どもの年齢、月齢が影響する?

託児所や保育園を利用するにあたり、よく言われているのが「早生まれの子は不利」ということです。

保育園や託児所では、「4月1日時点での年齢」によってクラス分けされます。そのため、4月2日生まれの子と次の年の4月1日生まれの子は、同じクラスとなります。

原則として保育園は1歳児クラスが一番入りにくいとされているため、0歳児のうちに入園できるかどうかが大きなポイントとなります。

そのため、早生まれの場合は0歳児として入れるチャンスが少なくなってしまい、それだけ入園するチャンスも少なくなっているというのが現状です。

シングルマザーの家庭は優先される?

保育園などで有利になるとされているのが「シングルマザー」の家庭です。

保育園は「仕事などで保育がより難しい」とされる方が優先されます。

そのため、両親がそろっている方よりも、一人で育児をされているシングルマザーが優先される自治体が多くなっています。

しかし自治体によっては、シングルマザーであっても入園できなかったというケースも多数報告されているので、あくまで「優先されることが多い」程度に考えておくとよいでしょう。

おすすめの看護師転職サイト一覧

看護roo! ※満足度96.2%!
看護のお仕事
ナース人材バンク
4位 マイナビ看護師
5位 ナースではたらこ

6月・7月はボーナス時期!早めの情報収集を!

条件が良い人気求人は、限られています。

「ボーナスを貰ってから、転職先を探せばいい。」では、希望通りの求人はなかなか見つからないでしょう。

スムーズな転職のためにも、一足早く転職サイトへ登録して情報収集を行うのがおすすめです。

看護師専門の転職サイトでは非公開求人が紹介されています。

転職サイトによって扱う求人情報が異なるので、複数のサイトに登録しておくと、求人情報をもれなくカバーできますよ。

利用者満足度96.2%! 『看護roo!』

首都圏・中部圏・関西圏対応

看護roo

看護roo!はサポートが手厚く対応地域(首都圏・中部圏・関西圏)の求人数が多いので、対応地域の病院を探している看護師さんは必ず登録しておきたい転職サイト。働いているスタッフでさえ驚くほど、どこよりも詳しい病院情報を事前に教えてくれることで有名です。利用者満足度も96.2%とNO.1を誇ります。

コンサルタントの対応満足度NO.1!『看護のお仕事』

看護のお仕事は、希望に合う職場をとことん探してくれる点が評価され『コンサルタントの対応満足度NO.1』に選ばれました。職場の雰囲気や人間関係など詳しい病院情報も教えてくれるので人間関係で失敗したくない方だけでなく、第二新卒の方やブランクがある方・転職サイトの利用が初めての方にもおすすめです。

紹介実績NO.1 高給与求人が多い『ナース人材バンク』

高給与求人が多く、全国の病院の求人を網羅しているナース人材バンク。コンサルタントの対応も評判がよく、豊富な紹介事例とキャリア相談に定評があります。職場の人間関係がよく働きやすい求人やスキルアップできる求人が多く、看護師としての力をつけたい方におすすめです。

«PREV 

»NEXT 

あなたの悩みはどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧