看護師3年目の転職は難しい?転職を成功させる求人探しの方法

経験3年目の転職
看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク

もっとスキルアップしたい」「給料がもっともらえるところないかな?」など経験3年目の看護師は一通り仕事もおぼえ、他の職場に興味が出てくる頃です。

しかし、経験3年目の転職には、注意点が多いのも事実です。3年目の転職を成功させるためのコツを知って、転職活動に役立てましょう。

3年目の看護師が転職を選ぶ理由ランキング

経験3年目看護師は、なぜ転職の道を選ぶのでしょうか。また転職を決断する理由で多いものは?ランキング形式で見ていきましょう。

1位:給料を上げたい

他の病院で働く同期の看護師や先輩看護師の給料が、自分より高いと知って、「もっと給料の高い病院に転職したほうがいいかもしれない」と考えはじめる。

3年目は、何もわからなかった一年目、独り立ちを促される二年目とは違い、看護師として一通りの仕事を任される頃となります。

そして、看護師としての一通りの仕事を通し、命を預かり、責任の重い仕事であるにも関わらず、給料が安すぎる、と感じることが多くなる傾向にあります。

そのため、3年目をきっかけとして給料を上げるために、転職したいと思うようになります。

また、看護師は他職種に比べて昇給率が悪い、ということも、3年目の転職を後押しする要因となっています。

新卒として入職した際は、他職種に比べて給与額は高いのですが、年数を重ねるごとに少しずつ、その差は少なくなっていきます。

看護師として、また社会人として精神的にも3年目はゆとりができ、周囲が見られるようになってくるため、「このまま同じ職場にいるのではなく、転職して給料を上げたい」と考えるようになっていくのです。

2位:残業が多い

今までは残業が多くても頑張れたけれど、3年目にもなると体力的にきつくなってきた。

3年目は、一通り仕事ができるようになっていると周囲も考えるため、一年目、二年目以上に多くの仕事を任されるようになります。

その状態だけでも十分忙しいのに、3年目の看護師さんの中には、院内の様々な委員会や係、新人教育を担うプリセプターに任命されることがよくあります。

通常の業務に加え、これらの業務が加わることで仕事の量は膨大となり、勤務時間に仕事を終えられず、残業時間も増えてしまいます。

そのため、「看護業務以外で残業が多すぎる」という思いから、転職を考える3年目の看護師さんは多くなっています。

3位:人間関係

同じ病棟にクセがある先輩がいる、プリセプターとして新人に指導しているが、この新人看護師が思うように動かないなど。

多くの看護師が悩む「人間関係」。

特に3年目は先輩との人間関係に加えて、指導係として触れ合う事が多い新人との関係がうまくいかない、という悩みがよく聞かれます。

  • 性格の違いから、うまく新人へ言いたいことが伝わらない
  • よかれと思って伝えたアドバイスがむしろ新人の負担となってしまっていた。
  • 先輩たちから新人指導について意見や苦情を言われる
  • 新人と先輩との板挟みになってしまいまいより複雑になってしまった

これらの人間関係に対する悩みが増えてしまうことで「人間関係をリセットしたい!」と、転職を考えるようになるのです。

4位:お礼奉公が終了するため

将来看護師として働くことを条件に借りることができる「奨学金」。奨学金の返済期間(お礼奉公)の終了が、おおよそ経験3年目であるようです。

学生時代は奨学金によって経済的負担を軽くした、という看護師さんは多くいらっしゃいます。

金額は奨学金の種類によって変動がありますが、奨学金の中には合計するとかなり大きな金額になってしまうこともあります。

奨学金支払い免除のためには、3年間奨学金を出している地域や病院で働かなくてはいけません。

裏を返せばどんなに不満があっても、3年間働かないと奨学金の支払い義務が生じてしまう、ということになってしまいます。

そのため、職場環境に慣れない、人間関係が悪いなど、職場に対して様々な不満があっても、お礼奉公のために転職を我慢しなくてはいけません。

この場合は、3年が過ぎれば支払い義務もなくなるため、看護師3年目のタイミングで転職を検討できるようになるのです。

5位:体調不良

今まで無理をしてきたが、忙しすぎて「うつ」など精神疾患を患ってしまったなど。

看護師の仕事は、体力的にも精神的にも大変なお仕事です。

3年目となると、任される夜勤の回数も多くなり、仕事に対する責任もさらに重くなっていきます。

そのため、あまりの忙しさと精神的な負担から、体調を崩してしまいやすくなります。

中には精神的な疲労がたまり、うつ傾向になってしまう方もいらっしゃいます。

そして、「このまま今の職場で働いていては、今後さらに体調を崩してしまう」という危機感から、転職を検討するようになるのです。

看護師の職場はたくさんあります。

体調を崩し、精神的にも疲労がたまっていると感じた場合には、自分を守るためにも、転職を検討するのは、大切なことです。

3年目の転職、最近の傾向

上で紹介したランキング以外にも、3年目の看護師が転職するには様々な理由があります。

たとえば、転居や結婚などのライフイベントをきっかけに転職するケースです。

また最近の傾向として注目したいのが、地方に住んでいる看護師が関東など都市部へ上京するケースです。

確かに、都市部は地方にくらべて医療機関の数もとても多く、自分がやりたい仕事、自分にあったレベルの医療機関を見つけやすいという特徴があります。

また、人口が多い分、様々な患者・症例を学べますし、看護師としてのスキルをアップさせるには申し分のない環境です。

地方では学べないことを、都市部では多く経験できます。その上、都会での生活も経験できる点に魅力を感じているようです。

3年目の看護師に人気の転職先ランキング

続いては、3年目看護師がどのような職場に転職するのか、ランキング形式でみていきましょう。

1位:急性期病院

新卒で入職する場合は、看護師としての土台作りのため、スキルアップできる大学病院や総合病院、公立病院など大規模な急性期病院でバリバリ働くことを選ぶ方が多いですね。

しかし、3年目の転職の場合は、同じ急性期病院でも今まで勤務していた職場ほど忙しくなく、看護師としてのスキルも維持できる中規模の急性期病院を希望する看護師が多くなります。

2位:回復期リハビリテーション病棟

今までの職場で看取りがつらかったり、整形外科病棟で経験を積んだりした看護師が、回復期リハビリテーション病棟に興味を持つようです。

3位:給料の高い病院

新卒で入職した病院の給料が安い、もっと夜勤手当がほしいなど、より条件のいい病院を求める傾向があります。

4位:残業が少ない病院

終電間際まで残業があってつらかったという経験などから、残業が少ない病院を転職先としているようです。

5位:美容整形を含むクリニック

病棟勤務がつらい、結婚するので日勤勤務で働きたいなどの理由から、クリニックを希望するケースがあります。

美容クリニックは残業や夜勤もなく、高収入でとても人気の高い求人となっています。

3年目の看護師が転職するメリットとデメリット

メリット
  • 即戦力として働くことができる
  • どこを受けても内定をもらいやすい
  • 経験の軌道修正がしやすい

看護師として3年目となれば、基本的な看護スキルが身に付いているはずです。

受け入れる病院側にとっても即戦力として魅力ある人材として歓迎されます。初めての転職であること、そして看護師としての知識・技能・臨床経験を有していることからも内定をもらいやすいです。

奨学金の返済もあり、自分の希望しない分野の病院で勤務を続けていた人も、まだ3年目なので、これから幅広い経験を積むことが可能です。

デメリット
  • 給料が下がる可能性がある
  • 経歴に傷がついてしまう
  • 退職金が支払われない

給料の高い病院に転職できれば問題はないですが、3年目だと給料が下がる可能性もあります。

最初の病院で5~10年勤めていれば、次の病院を3年で転職してもあまり印象は悪くないですが、また転職を繰り返してしまうと「この人はうちの病院でも2~3年で辞めてしまうんじゃないか」と悪い印象が持たれやすくなります。

退職の支払い規定はそれぞれの病院で異なりますが、勤続3年以上を退職金支払い条件としている病院も多くあります。

3年目の看護師が優遇される職場

3年目の看護師は一通りの仕事がこなせるようになってくるタイミングです。だからこそ、その領域で得たスキルがあれば優遇される職場があります。具体的なパターンをみてみましょう。

整形外科病棟、脳外科病棟の経験者なら…

回復リハビリテーション病棟で優遇されます。整形外科と脳外科の疾患の患者が入院しているのがその理由です。

内科病棟の経験者なら…

透析室で優遇されます。透析の患者は内科の合併症を患っている患者が多いことがその理由です。

外科病棟での経験者なら…

産科病棟(クリニック)で優遇されます。産科は普通の病棟と違い、新しい命が誕生するという特殊性があります。外科病棟の経験者の方がギャップは少ないことがその理由です。

消化器病棟の経験者なら…

内視鏡室や緩和ケア病棟で優遇されます。消化器病棟の場合扱う部位が近く、がんの疾患は消化器が多いので、緩和ケア病棟に勤めるときに消化器病棟での経験が役立ちます。

臨床経験(3年)、オペ室経験者なら…

美容クリニックで優遇されます。大抵の美容クリニックでは臨床経験2年以上を必要としています。また美容外科クリニックでは、オペ介助の業務もあるのでオペ室経験者が求められています。

3年目の目的別おすすめ転職先

スキルアップできる職場かどうかを見極める

今の職場では思うような技術が身につかないと考え、スキルアップをしたいと思うなら転職がもっとも手っ取り早い方法とも言えます。

スキルアップが目的の看護師は、転職先が以下のポイントに合致しているかどうか確認しましょう。これらが「看護師がスキルアップできる職場」の条件です。

  • 救急車の搬入が多い
  • 学びたい分野の専門性が高い
  • 重症患者が多い
  • 手術件数が多い
  • 急変対応が学べる
  • 専門看護師や認定看護師が活躍している
  • 認定資格取得の支援体制が整っている
  • プリセプター 制度がきちんと機能している
  • 教育体制が整っており、個々のレベルにあわせた教育を実施している。

教育やスキルアップを目指せる病院を探すには?

看護師としてさらに成長するために、教育が充実し、スキルアップできる病院を探したい。そう思っていても、実際にそのような病院を探すのはとても大変なことです。

そこでお勧めしたいのが、転職サイトを利用することです。

転職サイトは、登録するだけであなたの希望の地域内において、希望通りの職場をピックアップしてくれます。

さらに、履歴書の書き方や、面接で聞かれることや回答例など、転職にまつわるあらゆる事を、看護師の転職に精通している専門の担当者が、サポートしてくれるんです。

忙しい3年目の看護師さんにとって、この転職サービスを使わない手はありません!

転職で給料をアップさせたいなら

看護師の転職で給料アップが望める職場は急性期病院で、給料アップが望めない職場はクリニックといえますが、さらに詳しいパターンを紹介します。

  • 公務員系の病院

国立病院や公立病院など公務員系の病院では、新人のころは給料が低いこともありますが、勤続年数が長くなるにつれて飛躍的に高くなるという特徴があります。

また年間休日数が120日以上のところも多く、福利厚生も充実しています。退職金の額が大きい点も見逃せません。

  • 夜勤手当の高い病院

夜勤手当の金額で支払われる給料にかなりの差が生じます。夜勤に多く入れると給料はかなりアップできます。

  • 賞与実績が高い病院

病院によって賞与の支給額にかなり差がありますし、賞与の計算方法も違います。

手当てが多く、給料が高くなっている病院でも賞与の計算は基本給をベースに行うことが多いので確認しておく必要があります。

賞与は少ないところでは年間2ヶ月、多いところでは5.5~6ヶ月以上になることもあります。当然ですが、賞与が多いと年収もグンと跳ね上がります。

3年目の看護師が転職を「絶対に」成功させるポイント

最後に、3年目の看護師が転職を成功させるためのポイントを紹介します。

面接対策の質問対策

面接時、「どうして今の職場で続けようと思わなかったのか」「3年目はちょうど職場の状況が分かるので、これからもっと今の職場で働き続けた方がいいのではないか」といった深掘りをされることがあります。

この質問に対して、相手が納得できる回答を用意しておく必要があります。

最終的には「職場選び」が大事。でもどうやって…

経験3年目の看護師の転職についてみてきましたが、最終的に転職成功のポイントは、ずばり「職場選び」に尽きると言えそうです。

言い方を変えれば職場を見極める能力が求められるということです。

しかし、個人では限界があります。そこでおすすめの方法が「看護師専門の転職サイト」に登録し、コンサルタントの力を借りることです。

コンサルタントは看護師転職のプロです。あなたがなぜ転職したいのか、これからどんなスキルを身につけ、給料はどれくらい欲しいのかをヒアリングしたうえで、その豊富な情報網からピッタリの職場を紹介してくれるでしょう。

おすすめの看護師転職サイト一覧

看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク
4位 マイナビ看護師
5位 医療ワーカー

8月・9月は良い条件の求人に向かってスタートダッシュ! 

条件が良い人気求人は、限られています。

「転職シーズンの9月になってから登録しても遅くないでしょ?」という考えでは、なかなか希望どおりの職場に転職できませんよ。

スムーズな転職のためには、一足早く転職サイトへ登録して情報収集を行うのがおすすめです。

さらに今の時期から複数の転職サイトに登録することで、非公開の求人情報ももれなくカバーできるのです。

どの転職サイトも求人紹介から入職するまで、完全無料で徹底サポートしてくれます。

利用者満足度96.2%! 『看護roo!』

首都圏・中部圏・関西圏対応

看護roo

看護roo!はサポートが手厚く対応地域(首都圏・中部圏・関西圏)の求人数が多いので、対応地域の病院を探している看護師さんは必ず登録しておきたい転職サイト。働いているスタッフでさえ驚くほど、どこよりも詳しい病院情報を事前に教えてくれることで有名です。利用者満足度も96.2%とNO.1を誇ります。

コンサルタントの対応満足度NO.1!『看護のお仕事』

看護のお仕事は、希望に合う職場をとことん探してくれる点が評価され『コンサルタントの対応満足度NO.1』に選ばれました。職場の雰囲気や人間関係など詳しい病院情報も教えてくれるので人間関係で失敗したくない方だけでなく、第二新卒の方やブランクがある方・転職サイトの利用が初めての方にもおすすめです。

紹介実績NO.1 高給与求人が多い『ナース人材バンク』

高給与求人が多く、全国の病院の求人を網羅しているナース人材バンク。コンサルタントの対応も評判がよく、豊富な紹介事例とキャリア相談に定評があります。職場の人間関係がよく働きやすい求人やスキルアップできる求人が多く、看護師としての力をつけたい方におすすめです。

«PREV 

»NEXT 

あなたの悩みはどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧