精神科看護師は大変?仕事内容やメリットデメリットを徹底調査

精神科
  
看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク

心の健康が社会的に注目される今、精神科で働くことに興味を持つ看護師が増えているようです。

精神科での業務は、その他の診療科とどのような違いがあるのでしょうか。
給与面や業務内容、勤務形態の特徴は?看護師として患者の心によりそう精神科の仕事について、そのやりがいや魅力を考えていきます。

精神科の看護師って楽なの?

一般的に「精神科の看護師は楽」というイメージがあるようです。たしかに精神科には緊急の手術がないため、緊迫した事態はあまり想像できません。実際のところはどうなのでしょうか?

精神科は投薬治療がメインであるため、看護師がおこなう医療行為は限られています。残業もほとんどなく、夜勤があったとしても病状が急変する患者がいないため負担が少ないといわれています。

そのため、精神科にはゆったりとした雰囲気の職場が多いようです。スタッフ同士の人間関係の良さをあげる声も多数聞かれます。

しかし、精神科には心の病を扱う科としての大変さもあります。目に見えない病状と接するのは、ケアする側にも精神的な疲労が生じます。 精神科の看護師の仕事が本当に楽といえるのか、あらゆる面から解説していきます。

精神科看護師のメリット?医療行為が少ない!

精神科で看護師が行う医療行為は、他の診療科と比較すると少なめです。

精神科の看護師は患者の様子を観察し、バイタルチェックや診察の補助・検査を行うのがメインの業務です。

体調をくずしている患者に対しては、注射や点滴を行う場合もありますが、内服薬による治療がほとんどです。

また、患者や家族の相談にのったり、生活指導を行ったりすることもあります。
外科の看護師のように注射や採血といった処置や、術後のケアをおこなう場面が少ないので、医療技術や医療器具への知識は必要とされません。

そういった意味では、精神科の仕事を物足りなく感じる看護師もいるようです。
身体的なハンディを持つ患者がいない病棟であれば、ベッドに移したり介護したりするなど肉体労働的な要素もあまりありません。

療養病棟などを選べば、比較的年齢に関係なく働ける現場です。

精神科看護師の具体的な仕事内容とは?

精神科は身体ではなく、心の健康に関わる科です。「神経科」「心療内科」「神経内科」も、精神科に含まれます。 先にもありましたが、精神科の看護師は直接の医療行為がそれほど多くありません。服薬の管理や状態の観察がおもな業務です。

ただし、精神疾患に加え身体合併症がある患者に対しては、注射や点滴などの継続した医療行為が必要な場合もあります。


精神科は精神にかかわる不調をすべて扱います。

病状としては、精神分裂病やうつ病・躁うつ病、拒食症・過食症、PTSD、パニック障害、アルコール・薬物依存や老人性痴呆などの幅広い病気があります。

精神科に来る患者は、正しく状況を説明できなかったり、自分の気持ちを伝えるのが困難だったりします。看護師はコミュニケーションを大事にしながら、課題解決のために患者に寄り添います。

精神科の看護師は内面に対しての治療を行う

精神科と聞くと、せん妄や幻聴・幻覚など意思疎通を図るのが難しい患者ばかりと考えがちです。
看護師が会話をするのは、投薬治療によって落ち着いた状態の患者がほとんどです。

患者を安心させ、本人の気持ちを症状改善の方向に向けるのも看護師の役割です。

症状によっては、自力で生活するのが困難な場合もあります。
そのような患者に対しては、看護師が入浴や洗顔、整髪、ひげそり、トイレへの誘導などのセルフケアの手助けを行います。

病院の病棟、クリニックで業務は違う?

精神科の病棟にはいくつかの種類があります。もっとも大きな分類としては、開放病棟と閉鎖病棟があります。

  • 開放病棟・・・行動の制限がなく、患者が自由に出入りすることができます。
  • 閉鎖病棟・・・何らかの危険が発生する恐れがある場合、原則としては法律に基づく措置入院や医療保護入院に利用される病棟です。出入りが管理され、自由に面会をすることができません。

急性期病棟と療養病棟は、症状がどの段階にあるかによって分類されています。

  • 急性期病棟・・・興奮、混乱、混迷、拒絶など精神症状の急性期に対して、集中的な治療を行うための病棟です。
  • 療養病棟・・・急性期から回復し、安定した症状となった患者や、長期治療が必要とされる患者を収容します。

さらに病棟には年代による分類もあります。
児童・思春期病棟は、若年層特有の精神的な不調に対応し、老年期病棟(認知症病棟)は高齢者特有の精神疾患の治療を行う病棟です。

入院設備がないクリニックの場合、病院と比較して症状の軽い患者が多くなります。
入院患者がいないため夜勤の必要がなく、医療行為もさらに軽微になる傾向があります。

クリニックの看護師は、問診、検査のための採血や心電図をとることなどが主な業務となります。

精神科看護師に求められる役割ってなに?

精神科は病状が目に見えない心を扱う科であり、他の診療科のようなエビデンスが明らかではありません。傷口のケアなどをする機会がないため、看護技術の向上は期待できません。

そのため看護師によっては、物足りなさを感じる場合もあるようです。
精神科の看護師に求められるのは、受容と共感力、些細な変化を見逃さない観察力です。

人間のもっとも深部に関わる仕事をこなすためには、精神的な障害に対する深い理解や、常に患者に寄り添った応対が必要です。

精神科では他の科よりも、患者一人ひとりとじっくりと向き合います。
患者の回復とともに学ぶことは多く、自分自身の精神的な成長にもつながります。

精神科看護師に向いているタイプは?

精神科の看護師は、他の診療科とは異なる緊張感があります。

大量出血の現場には出遭いませんが、患者の心の均衡がくずれる気配を察知していかなければなりません。

精神科患者からの抵抗にあってもゆるがない信念で、患者を温かく見守り続ける心の強さや根気強さが求められます。

向き合う相手をしっかりと見守り、受け止めることで信頼関係を作り上げていきます。行き場を失っている患者に安心感をもたらし、存在を肯定し続けて生きるための励ましを与えます。
混乱から抜け出す手伝いをし、自力で心の平衡を保てるようサポートするのが精神科の看護師です。

精神科看護師は男性向き? 

急性期病棟では、幻覚や幻聴などでパニック症状を起こす患者もいます。

突然暴れ出す患者に対しては、力ずくで押さえ込む場面もしばしばあります。正気を失っている患者は全力を出して暴れるため、数人がかりでも大人しくさせる苦労は並大抵のことではありません。
寝たきりの患者を介護する体力とは、また違う体力が必要となるのが精神科の看護師です。

精神疾患を患っている人は、生活のリズムが取れず、昼夜逆転するのも珍しくありません。なかにはひと晩中興奮が収まらず、看護師は休む間もなく対応に追われることもあります。

夜勤で仮眠休憩が取れないときでも、継続して業務をおこなう体力が必要です。

精神科の看護師に必要なスキル

精神科看護師のストレスの原因と悩みとは?

精神科では、直接命に関わるような病気やケガの患者を扱うわけではありませんが、不用意なひと言が患者の状態を一変させることもあります。

そのため、看護師は自分の言動に対して、常に注意しなければなりません。また患者からの暴力や暴言に、疲れ果てる場面もあるでしょう。
精神科の特性を理解しようとしながらも、患者との人間関係の構築がうまくいかず、大きなストレスを抱える看護師もいます。

精神科では、勤務が長期にわたっても看護技術のステップアップは期待できません。
看護師としてより高い医療技術を求める人は、満足できないかもしれません。回復がはっきりと目に見える病気でないだけに、無力感にさいなまれることも多いようです。

ここでは精神科の看護師が抱える問題の原因について、考察していきましょう。

精神科患者の暴力

精神科を訪れる患者は、その病名や症状の重度がさまざまです。急性期にある患者の中には、暴言をはいたり、暴力をふるったりする人もいます。
病状を落ち着かせるための投薬を拒否される場合には、拘束をせざるを得ない場合があります。

精神科患者の影響で落ち込む看護師

精神科が扱う症状としては、気分の落ち込みや不安感、イライラ、不眠といった日常的なレベルから、幻覚、妄想など重症化しているものまであります。

精神科にいるすべての患者が暴力的ではありませんが、さっきまで大人しかった人が突然豹変して暴れ出すことも珍しくありません。
本人の意思からではなく、自身ではコントロールできなくなるのが精神病の症状です。

常識や社会的な規範が通用せず、慣れないうちは対処に行き詰まる看護師も多いようです。

精神面に深く触れるからこそ

目に見えない病状を改善するための治療は、手探りで進められます。精神科の治療はすべてオーダーメイドと言われています。
患者ひとりひとりに合った処方でなければならず、しかも必ず効果があるのかは試してみなければわかりません。

被害妄想の対象になる看護師

看護師は患者ともっとも密接な関わりをもちながら、ときには良好な関係が築けずに苦しみます。被害妄想の対象となったり、恨まれたりする場合もあります。
どれほど心を開いても、相手に伝わらず、患者の回復が見られないと無力感にとらわれます。日々大きなストレスを抱えている看護師は多いようです。

実際、精神科の看護師の退職理由を調べたところ、1位に「精神的にまいってしまう」ということがあげられました。

精神科看護師辞めたい理由

一方で患者の劇的な変化に感動したり、人間の回復力に驚いたりするのは精神科の看護師ならではの経験です。

患者の人間性について深く考え、心の動きに寄り添うことで、自分や家族などの在り方を見つめ直し、人生への大きな収穫を得ることも少なくありません。
人の心と対峙する精神科という現場には、他にはない驚きや発見があります。

精神科看護師のやりがいって?

これまで見てきたように、精神科は他の診療科と異なる点が多く見られます。外部からは理解されない苦労もあるなかで、精神科で働くことに大きな意義を感じている看護師もたくさんいます。

精神科の看護師には、どのようなやりがいがあるのでしょうか。
看護師の役割をより明確にし、仕事のモチベーションを探っていきます。

回復に貢献している実感をもてる

たとえば外科の場合、医師が手術を行い、看護師には術後のケアを指示します。回復に関わる業務をするのも、主に医師の役割です。

それに対して精神科では、投薬治療に加え患者を長期的かつ精神的にサポートすることが主な治療とされます。

ここで大きな役割を担っているのが、看護師です。
患者の回復状態を誰よりも把握でき、自身の貢献度を実感できます。

精神科の患者は、社会の中でうまく生きられない人たちです。そうした人々が回復し、家庭や職場・学校に復帰することは看護師にとっての大きな喜びとなります。

精神科看護師の仕事は、ほかの診療科と比べると、より治療の根源に近い仕事といえるでしょう。

精神科で働けば転職した後も有利?

「看護」という文字には、“手と目でみる”“まもる”という意味があります。

精神科看護師の業務は、この漢字そのものです。

看護という意味

精神科で勤務した経験はすべての看護師業務のベースとなり、高いコミュニケーション能力や対人能力はどんな診療科にも通用するものです。
精神科の看護師を経験するうちに、患者へのとっさの対応力が高まり、また平常心を保てるようになります。相手の気持ちを受け入れ、理解する能力が高められるため、患者への処置もスムーズにこなせるでしょう。

一般科への転職の際、技術面での心配をもつ看護師は多いようですが、流れの早い現代の医療現場ではいつ転職しても勉強し直すのは当然のことです。

自分自身の精神力の強さと、患者への対応力を武器に、自信を持って転職しましょう。

精神科の看護師の給料と年収を比較

ほかの診療科とは少し異なるイメージの精神科ですが、給与面はどうなのでしょうか。

実質的な医療技術はそれほど求められないにしても、高度な対人力が必要です。加えて看護師自身にかかる精神的負担は、ほかの診療科以上です。
実際に精神科で働いている看護師が、業務内容に応じた十分な給与を得ているのかを見ていきましょう。

精神科看護師の給料の相場

精神科看護師の給料

精神科看護師の給料も看護師全体と同じく、エリアや病院規模により格差が見られます。
ある程度の規模以上の病院では月額25~30万円が平均的ですが、地方によっては初任給が20万円を切る病院もあります。

月の給料にそれだけの差があれば、ボーナスの額も変わり年収の差も広がってしまいます。

国立病院機構のWEBサイトによると、看護系の大学卒の基本給は203,500円で、主要手当が付いた月給は267,500円です。

さらに夜勤がある場合、二交替夜勤1回あたり約1万円、三交代夜勤1回あたり約5,000円の手当が出ます。精神科では特殊業務手当として、12,500円が加算されます。

手当 1回あたりの金額
二交代夜勤 約1万円
三交代夜勤 約5,000円
特殊業務手当 12,500円

二交替夜勤が3回ある精神科の看護師ならば、手取り額は24~25万円といったところです。
夜勤手当がない個人経営のクリニックでは、大規模な 病院と基本給はあまり変わりませんが諸手当が付かないため、実質的には4~5万円ほど給料が下がります。

非常勤やパートの場合、看護師全体の時給は約1,800円です。精神科は慢性的に人手不足の傾向にあり、需要が高まっています。

地方は首都圏に比較すると時給が低くなりがちですが、精神科の看護師の場合にはそれほど差はなく、1,700~1,900円が相場です。

精神科特有の危険手当とは?

診療科によっては、危険手当と呼ばれる加算があります。よく知られているのは、手術室担当、放射線科など感染や汚染に対しての危険手当です。

精神科の場合には、錯乱状態の患者による看護師への暴力や傷害が考えられます。また、注射などの処置をする際に抵抗されることも考えられます。
いきなり暴れ出す患者からケガをさせられる可能性は、精神科にいる限りまったくないといえません。

しかし、どの病院でも危険手当が付くわけではないようです。

個人経営のクリニックでは危険手当の項目がなく、あっても数千円程度だといわれます。また、総合病院の精神科よりは、専門病院の方が給与・危険手当ともに高い傾向にあります。
収容している患者の症状の重さによって、危険手当の金額も変わります。具体的な金額は病院によってかなり幅があり、3,000~3万円ほどです。

相場としては、1~2万円のところが多いようです。先にもあげた国立病院機構の例でも、精神科の看護師への特別手当は1万2,500円となっています。

精神科の場合には、直接的な暴力行為のほかにも、特別な感情をもたれてストーカー化する、逆恨みを買うなどのケースがあります。
危険手当のなかには、そうした精神的な負担への対価も、含まれていると考えられます。

精神科が高給と言われるワケ

総合病院のなかにある精神科看護師の給与は、他診療科と比べても目に見えて高額というわけではありません。

総合病院では急性期ではなく療養病棟であったり、入院を受け付けない場合も多くみられます。
基本給やボーナスの額が変わらず、夜勤勤務がなければ、他診療科の看護師よりも収入が低くなることもあり得ます。

精神科看護師と他診療科の給料の差

一方精神科の専門病院では重症患者を扱うため、危険手当が高額です。

こうした病院は、患者に刺激を与えず良好な環境を保つ、騒音や徘徊などでの近隣トラブルを避ける、という理由から郊外に位置する場合がほとんどです。
散歩のための広い庭園を確保するため、土地価格の安い場所も考えられます。

こういった場所は通勤に不便なため、就職希望の看護師がどうしても不足します。看護師を確保しようとすると、高い給与や福利厚生の充実が不可欠です。

こうした背景から、精神科の看護師は高収入というイメージが作られているようです。

精神科の転職は臨床未経験でも大丈夫?

学生時代から心理学に興味があり、精神科で働いてみたいと考える看護師も少なくありません。新卒や看護師経験が浅くても、精神科の看護師として通用するのでしょうか。

ほかの診療科と比べて医療行為があまりないとはいえ、未経験の場合には特に不安を抱くでしょう。

結論からいえば、未経験で精神科に就職をしているケースは多数見られます。

これまで述べてきたように、精神科の看護師に必要なのは相手を観察し、受け入れるといった精神的な技術です。経験値よりもその業務に合うかどうか、素質の部分が大きなカギとなります。

一方で、未経験や臨床経験の少ないまま精神科で働くことには、デメリットもあるようです。ここでは精神科で働くことと、看護師経験との関係について考えていきます。

新人看護師、ブランク看護師ありの求人募集もある

ほかの診療科と異なり、精神科では医療技術の熟練度は求められません。臨床経験がなくても、最低限の医療知識があれば精神科の即戦力になることは可能です。

特に総合病院の外来や、精神科のクリニックであれば、急性期の患者を扱うこともなくスムーズに仕事をこなしていけるでしょう。
外科的に難しい症例や、最新機器・医療技術を知らなくても困らないため、新人看護師や第二新卒、また長期ブランクのある看護師でも勤められます。

また精神科では患者を興奮させないため、穏やかな人柄であることが大切とされます。慌ただしく看護師が走り回るほかの科とは違い、ゆったりと患者と向き合う時間が確保されます。
経験の少ない看護師であっても、精神科では学ぶ時間はたっぷりあります。患者の回復を見守りながら、自分自身のスキルアップも同時におこなえる職場ともいえます。

でも、医療行為が少ないがゆえに

精神科で働くデメリットは、医療行為をおこなう機会がきわめて少ないことです。

精神科看護師のスキルアップのスピード

注射、採血、点滴、浣腸、カテーテル挿入などは、一般の診療科であれば早期のうちに体得していく技術です。最近では教育を受けた看護師については、特定行為と呼ばれるさらに高度な医療行為が許されるようになってきています。
臨床の現場で働く看護師は、やる気があれば毎日の業務の中でスキルアップしていくことができます。

精神科ではそうした場面そのものがないため、どうしても技術的な進歩は期待できません。
ずっと精神科の看護師として働き続けるのであれば、その道のエキスパートを目指していけば問題ありません。

しかし、どこでも通用する看護師を目指すのであれば、実践的な看護技術を身に付けられる環境を探さなければならないでしょう。
新卒で精神科の看護師となり、その後技術に不安を覚えて転職したという例は多いようです。一般的な医療技術を学んだあとに、精神科看護師に復帰する方もいるようです。

精神科看護師の求人は病院とクリニックで何が違うの?

同じ精神科の看護師でも、総合病院とクリニックでは働き方に違いがあります。大病院ではたくさんの診療科があり、豊富な情報に触れることができます。

クリニックはさらに患者との距離が近く、スタッフ同士のつながりも密になります。

ここでは大規模病院の精神科とクリニックの勤務形態の違いや、キャリアップへの考え方、それぞれのメリット・デメリットについて見ていきましょう。

病院勤務でスキルアップ!資格取得もできる

大規模病院の精神科で働く看護師の勤務形態は、一般的な看護師と変わりありません。
夜勤がある場合には、病院が決めた交代制にのっとって業務を行います。

どこの病院の精神科であっても看護師の役割に違いはなく、医療的な技術レベルは他の診療科が勝ります。
それでも多くの患者と接することで、さまざまな経験を重ねることができます。自身のスキルアップにもつながるでしょう。

また、大病院では医療についての幅広い情報を得ることができ、勉強会や研修会にも参加できます。精神科認定看護師・認知症認定看護師といった上級資格に挑戦するチャンスを得られるかもしれません。
小規模な病院と比較すると患者数が多いため忙しいですが、それに代わる大きなメリットも感じられるでしょう。

プロフェッショナルな精神科の看護師を志しているのであれば、大病院に勤務するのは非常に有効な手段です。

精神科のクリニックは家庭の仕事の両立におすすめ

精神科のクリニックの場合、大規模な病院よりも余裕のある働き方ができます。
入院施設のないクリニックも多いため、ほとんどの場合は夜勤が発生しません。正社員でも日勤のみ、また短時間勤務のパート看護師も多く働いています。

子育て中で家庭生活と仕事を両立をしたい方や、少しペースを落として働きたいという方にとっても融通の利く職場といえるでしょう。

精神のちょっとした不調を感じる人にとって、大学病院や総合病院の精神科では敷居が高く感じますが、町のメンタルクリニックであれば比較的気軽に通院できます。
ストレスの多い現代社会では、以前よりもずっと身近な存在となり、ますます需要が増えています。

うつ病や神経症で悩む患者の手助けができるという手応えは、大病院以上に感じられるかもしれません。

クリニックによってはデイケアサービスや認知症専門棟を併設していて、点滴、インスリン注射、ストマ、褥瘡処置などの看護基礎が学べるところもあります。
技術を習得したい方は、そういった医療機関を探してみると良いでしょう。



おすすめの看護師転職サイト一覧


看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク
4位 マイナビ看護師
5位 ナースではたらこ

人手不足の4月・5月は転職のチャンス!求人数も大幅増加

新しい職員が入職する4月は、求職者にとって絶好のチャンス!職場になじめず退職する新人看護師や、異動先が合わずに退職する看護師がいるため、急な欠員が出るのです。

そんな突然出る求人情報は、看護師専門の転職サイトで非公開求人として紹介されています。

転職サイトによって扱う求人情報が異なるので、複数のサイトに登録しておくと、求人情報をもれなくカバーできますよ。

どの転職サイトも求人紹介から入職するまで、完全無料で徹底サポートしてくれます。

利用者満足度96.2%! 『看護roo!』

首都圏・中部圏・関西圏対応

看護roo

看護roo!はサポートが手厚く対応地域(首都圏・中部圏・関西圏)の求人数が多いので、対応地域の病院を探している看護師さんは必ず登録しておきたい転職サイト。働いているスタッフでさえ驚くほど、どこよりも詳しい病院情報を事前に教えてくれることで有名です。利用者満足度も96.2%とNO.1を誇ります。

コンサルタントの対応満足度NO.1!『看護のお仕事』

看護のお仕事は、希望に合う職場をとことん探してくれる点が評価され『コンサルタントの対応満足度NO.1』に選ばれました。職場の雰囲気や人間関係など詳しい病院情報も教えてくれるので人間関係で失敗したくない方だけでなく、第二新卒の方やブランクがある方・転職サイトの利用が初めての方にもおすすめです。

紹介実績NO.1 高給与求人が多い『ナース人材バンク』

高給与求人が多く、全国の病院の求人を網羅しているナース人材バンク。コンサルタントの対応も評判がよく、豊富な紹介事例とキャリア相談に定評があります。職場の人間関係がよく働きやすい求人やスキルアップできる求人が多く、看護師としての力をつけたい方におすすめです。

«PREV 

»NEXT 

あなたの悩みはどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧