精神科看護師は大変?仕事内容やメリットデメリットを徹底調査

精神科
看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク

精神科の給料はいくら?」「精神科の看護師はストレスが多いって本当?

看護師として患者の心に寄り添う精神科は、やりがいや魅力も多いですが精神科での業務は、その他の診療科とどのような違いがあるのでしょうか。詳しくご紹介します。

精神科看護師の仕事内容は本当に楽?

看護師精神科仕事内容

「精神科の看護師はラクなんでしょ?」

その答えは人によってはYES、人によってはNOでしょう。

たしかに精神科は投薬治療が中心で、緊急の手術もありません。看護師がおこなう医療行為は限られており、残業も少ないといえるでしょう。

夜勤があっても病状が急変する患者はおらず、看護師の負担は少ないと言われています。

しかし、精神科には心の病を扱う科だからこその大変さもあります。目に見えない病状と接するのは、ケアする側にも精神的な疲労が生じます。

この記事では、精神科の仕事内容や悩み、やりがいなどを通して、精神科看護師の実態に迫っていきます。

精神科看護師の仕事内容

精神科看護師が対応する症状

精神科は身体ではなく、心の健康に関わる科です。「神経科」「心療内科」「神経内科」も精神科に含まれます。

精神科は精神にかかわる不調をすべて扱います。

病状としては、統合失調症やうつ病、拒食症・過食症、PTSD、パニック障害、アルコール・薬物依存症や老人性痴呆などの幅広い病気があります。

せん妄や幻聴・幻覚など意思疎通を図るのが難しい患者ばかりと考えがちですが、看護師が会話をするのは投薬治療によって落ち着いた状態の患者がほとんどです。

精神科看護師のおもな業務は、服薬の管理や状態の観察です。医療行為はそれほど多くありません。

ただし、精神疾患に加え身体合併症がある患者に対しては、注射や点滴などの継続した医療行為を行うこともあります。

精神科に通う患者は、正しく状況を説明できなかったり、自分の気持ちを伝えるのが困難だったりします。

そのため、看護師はコミュニケーションを大事にしながら、課題解決のために患者に寄り添います。患者を安心させ、本人の気持ちを症状改善の方向に向けるのも役割です。

本人以外にも、患者や家族の相談にのったり、生活指導を行ったりすることもあります。

患者の症状によっては、自力での生活が困難なこともあります。そのような患者に対しては、入浴や洗顔、整髪、ひげそり、トイレへの誘導などのセルフケアの手助けも行います。

また、クリニックと病院では患者の重症度に差があり仕事の忙しさにも違いが出てきます。

精神科看護師に求められる役割とは

精神科は目に見えない症状を扱うため、他の診療科のようにエビデンス(根拠)が明らかではありません。

看護師に求められるのは、受容と共感力、些細な変化を見逃さない観察力です。

人間のもっとも深部に関わる仕事をおこなうためには、精神的な障害に対する深い理解や、患者に寄り添った応対が必要です。

ここからは、そんな精神科看護師に求められる役割を見ていきましょう。

精神科看護師に向いているタイプは?

精神科看護師に向いているタイプ

精神科は他の診療科とは異なる緊張感があります。大量出血の現場には出遭いませんが、患者の心の均衡がくずれる気配を察知し、患者一人ひとりとじっくり向き合うことが必要です。

そのため、精神科の看護師には下記のようなタイプが向いているといえるでしょう。

    精神科に向いているタイプ
  • 患者を興奮させないような穏やかな人
  • 患者から抵抗されてもゆるがない信念を持ち、温かく見守り続ける心の強さや根気強さを持つ人
  • 患者を見守り、受け止めながら信頼関係を築ける人
  • 行き場を失っている患者に安心感をもたらし、存在を肯定し続けて生きるための励ましを与えられる人

混乱から抜け出す手伝いをし、自力で心の平衡を保てるようサポートするのが精神科の看護師です。患者の回復とともに学ぶことも多いため、看護師自身の精神的な成長にもつながるでしょう。

精神科は男性看護師も活躍

精神科では、精神力以外に体力が求められる場面もあります。

たとえば急性期病棟では、幻覚や幻聴などでパニック症状を起こす患者もいます。正気を失っている患者は全力を出して暴れるため、数人がかりでも大人しくさせるのは並大抵のことではありません。

そのようなときに男性の力が大いに役立つことから、精神科は男性看護師が活躍しやすい職場と言われています。

また、寝たきりの患者を介護する体力とは違う体力が必要な場面もあります。精神疾患を患っている人のなかには、生活のリズムが取れず、昼夜逆転している人もいます。

ひと晩中興奮が収まらない場合には、看護師は休む間もなく対応に追われます。夜勤で仮眠休憩が取れないときでも、継続して業務をおこなう体力が必要です。

精神科看護師のメリット・デメリット

精神科と他診療科の比較

精神科 他診療科
医療行為を行う場面が少ない 実践的な技術を求められる場面が多い
容体が急変する患者が少なく夜勤が楽 急性期病棟や救急では夜勤や残業が多い

精神科看護師のメリット

ここからは、精神科看護師という仕事のメリット・デメリットを見ていきます。

精神科看護師のメリット
  • 残業が少ない
  • 肉体労働的な要素が少ない
  • 夜勤の際も負担が少ない
  • 療養病棟などを選べば、比較的年齢に関係なく働ける
  • ゆったりとした雰囲気で、人間関係が良好な職場が多い

精神科は医療行為が少ないため、医療技術や医療器具の知識はあまり必要とされません。また、残業もあまりありません。

身体的なハンディを持つ患者がいない病棟勤務であれば、ベッドに移したり介護したりするなど肉体労働的な要素もありません。

夜勤の際も、容体が急変する患者がいないため、看護師の負担は軽い傾向にあります。療養病棟などを選べば、比較的年齢に関係なく働ける現場といえます。

このような職場環境だからこそ、精神科はゆったりとした雰囲気の職場が多く、人間関係が良好なところが多いのです。

精神科看護師のデメリット

一方で、精神科看護師にはデメリットもあります。

精神科看護師のデメリット
  • 医療行為をおこなう機会が少なく、スキルアップしづらい

精神科の看護師は、医療行為をおこなう機会が少ないため、仕事に物足りなさを感じる看護師もいます。

注射、採血、点滴、浣腸、カテーテル挿入などは、一般の診療科であれば早期のうちに体得する技術です。

最近では教育を受けた看護師については「特定行為」と呼ばれるさらに高度な医療行為が許されるようになっています。

臨床の現場で働く看護師は、やる気があれば毎日の業務の中でスキルアップできるのです。

精神科看護師のスキルアップのスピード

一方の精神科は、医療行為が少なくスキルアップの場面があまりないため、技術的な進歩は期待できません。

ずっと精神科で働き続けるのであれば、その道のエキスパートを目指せば問題ありません。

しかし、どこでも通用する看護師を目指すのであれば、より実践的な看護技術を身に付ける必要があります。

新卒で精神科の看護師となり、その後技術に不安を覚え転職する方やエキスパートを目指して精神科一本でいくのもありです。

また、ジェネラリストを目指すのであれば、精神科に勤めた後にほかの科に転職して医療技術を学び、また精神科に復帰するという方も多いようです。

スキル面などのデメリットもある精神科ですが、患者に寄り添った看護が特徴である精神科はやりがいが感じられる診療科です。

精神科病院とクリニックの違いとは

同じ精神科の看護師でも、総合病院とクリニックでは働き方に違いがあります。ここでは、両者の違いを見ていきましょう。

病院勤務でスキルアップ!資格取得も

精神科看護師大病院でスキルアップ

多くの診療科があり、豊富な情報に触れられる大病院。医療的な技術レベルは他の診療科が勝る、という点以外は、精神科で働く看護師の勤務形態は、一般的な看護師と違いはありません。

夜勤がある場合も、病院が決めた交代制にのっとって勤務します。

また、どこの病院の精神科看護師も求められる役割に違いはありません。

大病院では勉強会や研修会にも参加できるため、医療についての幅広い情報を得ることができます

精神科認定看護師・認知症認定看護師といった上級資格に挑戦するチャンスもあるかもしれません。

小規模病院と比べて患者数も多く忙しいですが、その分やりがいも感じられるでしょう。多くの患者と接する経験は、自身のスキルアップにもつながるでしょう。

プロフェッショナルな精神科の看護師を目指すのであれば、大病院に勤務するのは有効な手段です。

家庭と仕事を両立できるクリニック

精神科のクリニックの特徴

クリニックは患者との距離が近く、スタッフ同士のつながりも密になりやすいのが特徴です。

入院施設のないクリニックも多いため、ほとんどの場合は夜勤がありません。正社員でも日勤のみ、短時間勤務のパート看護師も多く働いています。

そのため、大規模病院より余裕のある働き方ができます。子育て中で家庭と仕事を両立をしたい方や、ペースを落として働きたい方には融通の利く職場といえます。

クリニックによってはデイケアサービスや認知症専門棟を併設し、点滴、インスリン注射、ストマ、褥瘡処置などの看護基礎が学べるところもあります。

技術を習得したい方は、そのような医療機関を探すとよいでしょう。

精神の不調を感じる方にとって、大学病院や総合病院の精神科は敷居が高く感じられますが、町のメンタルクリニックであれば比較的気軽に通院できます。

ストレスの多い現代社会では、精神科が以前よりも身近な存在となり、需要が増えています。

うつ病や神経症で悩む患者の手助けができるという手応えは、大病院以上に感じられるかもしれません。

精神科の病棟の種類

精神科の病棟にはいくつかの種類があります。ここからは病棟の種類を説明していきましょう。

もっとも大きな分類としては、開放病棟と閉鎖病棟があります。

急性期病棟と療養病棟は、症状がどの段階にあるかによって分類されています。

  • 急性期病棟
  • 興奮、混乱、混迷、拒絶など精神症状の急性期に対して、集中的な治療を行うための病棟。

  • 療養病棟
  • 急性期から回復し、安定した症状となった患者や、長期治療が必要とされる患者を収容する。

さらに病棟には年代による分類もあります。

児童・思春期病棟は、若年層特有の精神的な不調に対応し、老年期病棟(認知症病棟)は高齢者特有の精神疾患の治療をおこないます。

一方、入院設備がないクリニックは、病院と比較して症状の軽い患者が多くなります。入院患者がいないため夜勤の必要がなく、医療行為もさらに軽微になる傾向があります。

勤務する施設や病棟で悩んだらまず相談

順位 人気求人サイト 口コミ評価 詳細
看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク

精神科看護師のストレスや悩みとは

ここまで精神科の仕事内容や職場についてお伝えしました。ここからは、看護師自身に焦点を当て、看護師が抱える悩みやストレスについて見ていきましょう。

精神科患者から暴言・暴力も受けることも

精神科を訪れる患者の病名や症状の重度は、実にさまざまです。

症状としては、気分の落ち込みや不安感、イライラ、不眠などの日常レベルのものから、幻覚、妄想など重症化しているものまであります。

急性期にある患者のなかには、暴言を吐いたり、暴力をふるう人もいます。

精神科患者の影響で落ち込む看護師

精神科にいるすべての患者が暴力的ではありませんが、さっきまで大人しかった人が突然豹変して暴れ出すことも珍しくありません。

病状を落ち着かせるための投薬を拒否される場合には、拘束せざるを得ない場合もあります。

自分自身をコントロールできなくなるのが精神病の症状です。常識や社会的規範が通用せず、慣れないうちは対処に行き詰まる看護師も多いようです。

人の心と対峙することで驚きや発見も

精神科の治療はすべてオーダーメイドと言われています。目に見えない病状を改善するための治療の効果は、試してみなければわかりません。

ときには患者と良好な関係が築けず苦しむ看護師のいます。被害妄想の対象となったり、恨まれたりする場合もあります。

看護師の不用意なひと言が患者の状態を一変させることもあります。

いくらこちらが心を開いても相手に伝わらず、患者の回復が見られないと無力感を抱くこともあるでしょう。日々ストレスを抱えている看護師は多いようです。

実際、精神科看護師の退職理由を調べたところ、1位に「精神的にまいってしまう」ということがあげられました。

精神科看護師辞めたい理由

一方で患者の劇的な変化に感動したり、人間の回復力に驚いたりするのは精神科の看護師ならではの経験です。

患者の人間性について深く考え、心の動きに寄り添うことで、自分や家族などの在り方を見つめ直し、人生への大きな収穫を得ることもあります。

人の心と対峙する精神科には、驚きや発見がたくさんあるのです。

精神科看護師のやりがいとは

精神科看護師のやりがい

精神科看護師には知られざる苦労もある反面、働くことに大きな意義を感じている方もたくさんいます。

ここからは、精神科看護師のやりがいを明らかにし、仕事のモチベーションを探っていきます。

回復に貢献している実感をもてる

たとえば外科の場合、医師が手術を行い、看護師に術後のケアを指示します。回復に関わる業務も、主に医師が行います。

一方精神科では、投薬治療に加え患者を長期に渡って精神的にサポートすることがおもな治療とされます。ここで大きな役割を担うのが看護師です。

精神科の看護師は、患者の回復状態を誰よりも把握し、自身の貢献を実感できます。「手と目でみる」「まもる」といった意味を持つ「看護」という言葉をそのまま表しているのが精神科の業務と言えるでしょう。

看護という意味

精神科の患者は、社会の中でうまく生きられない人たちです。そんな人々が回復し、家庭や職場・学校に復帰することは看護師にとって大きな喜びとなります。

精神科看護師の仕事は、より治療の根源に近い仕事といえるでしょう。

精神科の経験は、転職にも必ず役立つ

精神科で培われる能力として、高いコミュニケーション能力や対人能力があげられます。とっさの対応力も高まり、常に平常心を保てるようになります。

このような看護の基本スキルを徹底して身につけられる点は、やりがいにもつながるうえ、看護師自身の武器にもなります。

一般科への転職の際、技術面を心配する看護師は多いようですが、流れの早い現代の医療現場ではいつ転職しても勉強し直すのは当然のこと。

自分自身の精神力の強さと、患者への対応力は、転職を考えるときにも必ず役に立つはずです。

精神科看護師の給料・年収を比較

精神科では医療技術はそれほど求められないにしても、高度な対人力が必要です。加えて看護師自身にかかる精神的負担はほかの診療科以上です。

ここでは、精神科の看護師は業務内容に見合う十分な給与を得ているのか見ていきましょう。

精神科看護師の給料の相場

精神科看護師の給料

精神科の給料は看護師全体と同じく、エリアや病院規模によって違いが見られます。

国立病院機構のWEBサイトによると、看護系の大学卒の基本給は20万3,500円。主要手当込みの月給は26万7,500円です。

精神科の場合、ある程度の規模の病院では月額25~30万円が平均ですが、地方によっては初任給が20万円を切る病院も。

月の給料にそれだけの差があれば、ボーナスの額も変わり、年収差も広がります。手当についても見ていきましょう。

夜勤がある場合は二交替夜勤1回あたり約1万円、三交代夜勤1回あたり約5,000円が支給されます。また、精神科では「特殊業務手当」として1万2,500円が加算されます。

手当 1回あたりの金額
二交代夜勤 約1万円
三交代夜勤 約5,000円
特殊業務手当 約12,500円

たとえば、二交替夜勤が3回ある精神科の看護師ならば、手取り額は24~25万円ほど。

夜勤手当がない個人経営のクリニックの場合、大規模病院と基本給はあまり変わりませんが、月4~5万円ほど少なくなります。

非常勤やパートの場合、地方は首都圏と比べて時給が低くなりがちです。しかし、精神科は慢性的に人手不足の傾向にあるため需要が高まっています。

看護師全体の時給は約1,800円であるのに対し、精神科看護師は時給1,700~1,900円が相場です。

精神科特有の危険手当とは?

精神科に支給される危険手当

精神科には「危険手当」と呼ばれる加算があります。よく知られているのは、手術室担当や放射線科といった感染や汚染に対しての危険手当です。

精神科の場合は、錯乱状態の患者による看護師への暴力や傷害が考えられます。また、注射などの処置の際に抵抗されることも考えられます。

いきなり暴れ出す患者からケガをさせられる可能性は、まったくないとは言えないのです。

しかしどの病院でも危険手当が付くとは限りません。個人経営のクリニックには危険手当がなく、あっても数千円程度だといわれます。

また、総合病院の精神科よりも、専門病院の方が給与・危険手当ともに高い傾向にあります。

危険手当の金額は、収容している患者の症状の重さによって異なります。相場としては1~2万円のところが多いようですが、病院によって3,000~3万円ほどとかなり幅があります。

先にもあげた国立病院機構では、精神科看護師への特別手当は1万2,500円となっています。

精神科の場合、暴力行為のほかにも、特別な感情を持たれて患者がストーカー化する、逆恨みを買うなどのケースがあります。

危険手当には「精神的負担への対価」も含まれていると考えてよいでしょう。

精神科が高給と言われるワケ

「精神科は高給取り」とはよく聞く話ですが、実際のところはどうなのでしょうか。

総合病院の精神科の場合、他の診療科と比べて目に見えて高額というわけではありません。総合病院は急性期ではなく療養病棟であったり、入院を受け付けない場合も多くあります。

他の診療科と基本給やボーナスの額が変わらず、夜勤勤務がなければ、他の診療科よりも収入が低くなることもあります。

精神科看護師と他診療科の給料の差

一方、精神科の専門病院は重症患者を扱うため、危険手当が高額です。

また、こうした病院は患者に刺激を与えず良好な環境を保つ、騒音・徘徊などによる近隣トラブルを避けるという理由から、郊外に位置する場合がほとんどです。

こういった場所は通勤に不便なため、就職希望の看護師が不足しがちです。看護師を確保するためには、高い給与や福利厚生の充実が欠かせません。

精神科は必ずしも他の診療科よりも高給とは限りませんが、こういった背景から、「精神科の看護師は高給」というイメージが作られているようです。

精神科の看護師になるために

未経験・新人・ブランク有もOK

最後に、精神科の看護師になるための方法をお伝えしましょう。精神科看護師は、未経験や新人、第二新卒、長期ブランクのある看護師でも勤められる職場とされています。

精神科の看護師に必要なのは相手を観察し、受け入れる精神的な技術です

医療技術の熟練度よりもその業務に合うかどうか、素質が大きなカギとなります。臨床経験がなくても、最低限の医療知識があれば精神科の即戦力になることは可能です。

特に総合病院の外来や、精神科のクリニックであれば、急性期の患者を扱うこともなくスムーズに仕事をおこなえるでしょう。

経験の少ない看護師であっても、精神科では学ぶ時間はたっぷりあります。患者の回復を見守りながら、自分自身のスキルアップも期待できます。

精神科看護師の志望動機

実際に精神科に転職する際には、どのような志望動機を伝えるかがポイントとなります。

精神科は単科病院か総合病院かによって、アピールすべき内容が異なります。

単科病院の場合は、超急性期で救急来院されることもあり、より深く精神科の経験を積むことができます。

一方、総合病院では単科病院に比べると症状が落ち着いていることが多いため、よりじっくり一人一人の患者さんに対してのケアが求められます。

転職の際には、転職先の精神科の規模を確認し、自分がどういったことを学びたいのかアピールしましょう。

多くの精神科求人が集まる看護師専門の転職情報サイトでは、志望動機の相談にも応じているので相談してみてもよいでしょう。

<志望動機の具体例>

病棟にて統合失調症を併発されている患者さんを受け持ちました。

症状は薬によってある程度抑えられていましたが、自分の対応によって患者さんをひどく混乱させてしまった経験から、もっと精神科看護について学び、看護師として成長したいと考えるようになりました。

貴院では急性期から慢性期まで幅広く精神科の患者さんを受け入れているため、より深く精神科看護について学べるのではないかと考え、今回志望いたしました。

精神科看護師のまとめ
  • 精神科は患者の精神不安が看護師自身にも影響を及ぼして、ストレスが溜まりやすい
  • 精神科は給料が高いはウソ。危険手当の諸手当があっても夜勤や残業が少ないので給料が特別高いわけではない。
  • 精神科は医療行為が少ないので楽だと言われることもある。
  • 精神科看護師の役割は、患者に寄り添う事。患者と向き合いたい人にはやりがいがある科目。

おすすめの看護師転職サイト一覧

看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク
4位 マイナビ看護師
5位 医療ワーカー

8月・9月は良い条件の求人に向かってスタートダッシュ! 

条件が良い人気求人は、限られています。

「転職シーズンの9月になってから登録しても遅くないでしょ?」という考えでは、なかなか希望どおりの職場に転職できませんよ。

スムーズな転職のためには、一足早く転職サイトへ登録して情報収集を行うのがおすすめです。

さらに今の時期から複数の転職サイトに登録することで、非公開の求人情報ももれなくカバーできるのです。

どの転職サイトも求人紹介から入職するまで、完全無料で徹底サポートしてくれます。

利用者満足度96.2%! 『看護roo!』

首都圏・中部圏・関西圏対応

看護roo

看護roo!はサポートが手厚く対応地域(首都圏・中部圏・関西圏)の求人数が多いので、対応地域の病院を探している看護師さんは必ず登録しておきたい転職サイト。働いているスタッフでさえ驚くほど、どこよりも詳しい病院情報を事前に教えてくれることで有名です。利用者満足度も96.2%とNO.1を誇ります。

コンサルタントの対応満足度NO.1!『看護のお仕事』

看護のお仕事は、希望に合う職場をとことん探してくれる点が評価され『コンサルタントの対応満足度NO.1』に選ばれました。職場の雰囲気や人間関係など詳しい病院情報も教えてくれるので人間関係で失敗したくない方だけでなく、第二新卒の方やブランクがある方・転職サイトの利用が初めての方にもおすすめです。

紹介実績NO.1 高給与求人が多い『ナース人材バンク』

高給与求人が多く、全国の病院の求人を網羅しているナース人材バンク。コンサルタントの対応も評判がよく、豊富な紹介事例とキャリア相談に定評があります。職場の人間関係がよく働きやすい求人やスキルアップできる求人が多く、看護師としての力をつけたい方におすすめです。

«PREV 

»NEXT 

あなたの悩みはどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧