脳外科看護師の仕事と給料の実態!転職したいけどやっぱり忙しい?

脳外科看護師
看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク

脳神経外科の看護師は、重篤な患者が多く忙しい、高度な技術を求められる、責任が重い・・など大変な科目というイメージが強いと思います。

しかし、その分やりがいも大きいのが脳外科の特徴でもあります。

ここでは、脳外科看護師の仕事内容やメリット・デメリット、気になる給料事情について詳しく解説していきます。

脳神経外科病棟の特徴

押さえておきたい脳神経外科(脳外科)病棟のポイントについて紹介します。

脳神経疾患の患者の特徴

脳障害や意識障害のある患者が多く、意思疎通が図りにくいことも脳神経外科ならではの特徴と言えるでしょう。

今まで他科で働いていた看護師にとっては違和感があるかもしれません。

症状によっては、不穏状態で大声を出したり暴れたりする患者も。

特に術後は脳浮腫が強くなるため、そういう経過をたどるケースが多くなります。

脳疾患の後遺症などにより、体を思い通りに動かすことができない「全介助」の患者が多いです。

当然看護師が身体ケアにあたるため、他科に比べて体力勝負になる傾向があります。

脳外科の忙しさ

脳神経外科は、命にかかわる重篤患者の緊急入院や急変の対応が多いので、オペが多く看護師の仕事はとても忙しくなります

また、モニターや心電図の管理や観察が欠かせないので、専門的な知識や技術が必要になります。

術後の管理も細やかな観察が必要で、循環器と通じる点があるといえます。

また、病床数や夜勤の人数によっても、忙しさの割合は変わってくるでしょう。

脳外科看護師の仕事内容とやりがい

ネガティブな面をお伝えしてしまいましたが、脳神経外科(脳外科)の看護師は仕事のやりがいを十分に感じられ、メリットも多い魅力的な職場です。具体的に挙げていきます。

必要とされる能力と仕事内容

脳神経外科は脳に関わる診療を行います。主な疾患としては、脳血管障害である脳梗塞やくも膜下出血、機能的疾患であるてんかんなどになります。

脳神経外科の看護師の役割として、「患者への観察力」が求められます。病院によっては重篤な患者も多く、少しでも容態に変化があればすぐに確認を取ることが重要です。

例えば、脳腫瘍や頭蓋内血腫除去術などで行う開頭術の術後は、合併症を起こさないよう全身の観察が必要になります。

症状が軽いもの
  • 「普通に呼びかければ容易に開眼をする」
  • 「混乱した会話をする」
  • 症状の重いもの
  • 「理解不明の音声を発する」
  • 「痛みの刺激に全く反応しない」
  • 気道の確保・呼吸状態の確認やバイタルサイン等のチェックを行ないます。

    また神経学的所見からも診ていくことが必要で、瞳孔や意識レベルをジャパン・コーマ・スケール(JCS)やグラスゴー・コーマ・スケール(GCS)を使用し確認していきます。

    内容としては、症状が軽いものだと「普通に呼びかければ容易に開眼をする」や「混乱した会話をする」の項目があり、症状の重いものだと、「理解不明の音声を発する」や「痛みの刺激に全く反応しない」などの項目があります。

    これらの確認を徹底し合併症に繋がらないよう注意して行いましょう。

    また、頭部外傷後に起こることがある頭蓋内圧は、長時間脳が圧迫されると麻痺が残ったり、最悪の場合、死亡するケースもあるので、注意が必要です。

    この頭蓋内圧の症状は、嘔吐や頭痛、また視覚障害等があります。自覚症状があるかを必ず患者に確認をとり、症状が悪化する前に早期発見をしましょう。

    脳という専門分野を学べる

    「脳」という領域をしっかり学びたいと考える看護師にとって、脳神経外科はこの上ない職場です。

    大病院ともなれば最先端の脳外科医療に触れることもでき、この上ない環境といえるでしょう。

    一つの領域を専門的に学べるというのは、後々のキャリアアップに大きな好影響をもたらすはずです。

    患者の回復過程を間近で見られる

    急性期で搬送され、一時は命の危険さえあった患者が、次第に回復して退院を迎える。

    また、脳の麻痺によって自力での食事ができなかった患者が、嚥下リハビリを経て自力で食事がとれるようになる…。

    このように、患者の回復過程を間近で見られるのも、脳神経外科の大きな魅力です。

    これは医療に携わるものすべてが喜びを感じるポイントですが、脳神経外科は重症の患者が多いだけに、その喜びも大きいようです。

    スキルが身につく

    脳神経外科はモニターや心電図に触れる機会が多く、それを正確に読み取るスキルが身につくでしょう。

    さらにスキルアップをしたいなら全身管理をみることができる超急性期の病院をおすすめします。

    おすすめの看護師転職サイトはこちら

    順位 人気求人サイト 口コミ評価 詳細
    看護roo!
    看護のお仕事
    ナース人材バンク

    脳神経外科の看護師に向いている人とは?

    脳神経外科(脳外科)の大変な点や、得られるメリットなどを見てきました。これらを踏まえ、脳神経外科の看護師に向いているタイプ、向いていないタイプを性格の面からチェックしてみましょう。

    向いている性格:物事を的確に判断できる

    前述のように、脳神経外科は重篤な患者が多く、その状態をしっかりと観察する必要があります。

    変化があればそれに対して適切な判断をする能力も求められます。

    観察と判断力、この二つに自信がなければ脳神経外科の看護師は難しいかもしれません。

    向いていない性格:マイペース

    一方で、向いていないと言える性格は、ズバリ「マイペース」な方です。

    鋭い観察力と適切な判断が必要な脳神経外科には、ふんわりとした性格のマイペースな方はどうしてもマッチしません。

    患者の状態ありきで動くのが脳神経外科ですから、自分のペースで働きたいという看護師には脳神経外科で価値を発揮することは難しいでしょう

    脳神経外科看護師を辞めた理由ランキング

    脳神経外科(脳外科)看護師の向き不向きについて触れましたが、あなたは「向いている」でしたか? 

    さらに深くマッチングを判断するため、脳神経外科で働いていたけれど、辞めてしまった…という看護師の「理由」をランキングでみてみましょう。

    第1位:忙しい

    脳神経外科は緊急の患者も多く忙しいことが特徴です。特に三次救急の病棟であれば戦場さながらの忙しさです。

    そんな状況の中でしっかり看護師を務めるにはそれなりの精神力が必要。耐え切れずに辞めてしまったという看護師が多いようです。

    第2位:落ち着いた症状の患者を看たい

    こちらも1位の「忙しい」に付随した理由といえますね。忙しさの中でバタバタと患者と向き合うのではなく、ある程度腰をすえて患者と向き合いたいと願う看護師が多いようです。

    また、脳神経外科で患者さんの観察力を身に付け、その経験を生かして落ち着いた症状の患者を看たいという考えもあるようです。

    第3位:脳外でなく整形の患者が看たい(回復期リハビリ病棟)

    これは脳神経外科の中でも回復期リハビリの場合です。脳神経外科の場合、脳の麻痺などで会話がままならない状態の患者が多いです。

    一方で、整形外科の患者は同じリハビリを受けていても、会話のできる患者がほとんどです。

    そのギャップから、整形外科で働きたいと考えてしまうようです。

    脳神経外科の給料と必要なスキル

    ここまで、脳神経外科(脳外科)看護師の良い面悪い面を見てきました。トータルに考えて、脳神経外科に転職したいという気持ちが強くなった方もいるでしょう。

    そうなると気になるのが「自分が通用するのか」というスキル面と給与などの待遇面

    そのほか、脳神経外科への転職にまつわる情報を紹介します。

    脳神経外科看護師に求められるスキルや条件

      転職に有利になるケース
    • 脳神経外科での3年程度の経験
    • 脳神経外科で役に立つ認定看護師資格の保有
    • 年齢制限未満であること

    脳神経外科で働くうえで、特に「このスキル・経験がなければならない」というポイントはありませんが、転職に有利になるケースとして「3年程度の経験」が挙げられます。

    まったく経験がないよりは即戦力として採用されやすいでしょう。

    一方で、新人でも受けれてくれる病院もあり、ここは病院によって異なるといえそうです。

    ほかには、脳神経外科で役に立つ「皮膚・排泄ケア」「摂食・嚥下障害看護」認定看護師の資格や

    「脳卒中リハビリテーション看護」認定看護師の資格があれば転職には有利になります。

    また、年齢も一つのポイントになります。

    今までの経験により異なるため一概には言えませんが、年齢制限として「40代」を一つの区切りとしているケースがあります。

    脳神経外科は忙しく、麻痺がある患者のケアなど重労働も多いため、40代になると体力的に厳しいと判断されてしまうことが多いためです。

    また、脳神経外科の看護師は手術のサポートをを行うこともあるので、一緒に仕事をする脳神経外科医とよりよい関係作りをしておくのがよいでしょう。

    脳外科の看護師の給料と残業

    一般的に忙しいとされる脳神経外科の看護師ですが、他科と比べて際立って給料が良いわけではありません

    高給を望むのであれば、大きいグループ法人の病院を狙いましょう。また認定看護師を目指しキャリアアップを狙うのも一つの方法です。

    残業に関しては、脳神経外科勤務だから多い少ないというわけではなく、病院によって異なります。

    どの病院でも共通といえるのが、残業が多いということは、つまり人員が不足しているということです。

    残業時間の実態を知りたいなら、看護師の人数に注目してください。

    忙しさが不安な方におすすめの脳外科看護師求人は?

    「脳神経外科でキャリアを積みたいけれど、忙しいのはちょっと…」という方もいるかもしれません。

    そんな方には「スタッフ数が多く、体制が整った脳外科専門病院」がおすすめです。

    スタッフが多いことで業務量が分散されますし、体制が整っていることでキャリアを積む仕組みも整っているからです。

    また、「脳神経外科に興味はあるけれど、忙しさに対応できる自信がない」という方には脳神経外科本来の業務とは異なりますが、回復期リハビリや整形外科をおすすめします。

    脳神経外科とは切っても切れない関係にあるリハビリの知識を蓄積できるでしょう。

    病院形態ごとのメリットとデメリット

    また、脳神経外科に転職するうえで決めておきたいのが病院の形態です。大きく「専門病院」と「総合病院」に分けられます。

    それぞれの特徴をみていきましょう。

    専門病院

    メリット
  • 一般病棟から回復期病棟、療養病棟と幅広いシーンの専門的な脳神経外科医療を学べる。
  • デメリット
  • 他の科について触れる機会がない。
  • 脳神経外科を専門に学びたいようであれば、総合病院よりも脳神経外科の専門病院への入職をおすすめします。

    デメリットで挙げた点も、そこまで問題になることはありません。

    脳神経外科で学んだ知識は、今後他科で働くことになっても生かすことができるでよう。

    総合病院

    メリット
  • 脳神経外科以外の医療についても学ぶことができる。
  • デメリット
  • 専門病院に比べて脳神経外科の患者数が少ない。混合病棟であれば患者の割合が変わる。
  • 幅広い知識を得たいのであれば、脳神経外科だけではなく他科も学べる総合病院がおすすめです。

    脳神経外科の専門知識を深く学びたいなら専門病院、

    脳神経外科をメインにしながら他科の知識も平行して学びたいなら総合病院、ということですね。

    脳外科の転職は専門のコンサルタントに相談しよう

    脳神経外科(脳外科)で働く看護師について紹介してきましたが、これらは脳神経外科の実態の一部にすぎません。

    転職を考える上で大事な「現場のリアル」を把握するには、実際に働いている看護師に聞くことが一番です。

    でも、それは現実的に難しいですよね。そこで、看護師専門の転職コンサルタントに相談してみてはいかがでしょうか。

    コンサルタントは看護師転職のプロです。脳神経外科の現場についても詳しく、あなたのスキルや経験に合わせて最適な職場を紹介してくれるでしょう。

    ひとりで悩むのではなく、コンサルタントを味方につけて理想的な転職を果たしましょう!

    おすすめの看護師転職サイト一覧

    看護roo!
    看護のお仕事
    ナース人材バンク
    4位 マイナビ看護師
    5位 医療ワーカー

    8月・9月は良い条件の求人に向かってスタートダッシュ! 

    条件が良い人気求人は、限られています。

    「転職シーズンの9月になってから登録しても遅くないでしょ?」という考えでは、なかなか希望どおりの職場に転職できませんよ。

    スムーズな転職のためには、一足早く転職サイトへ登録して情報収集を行うのがおすすめです。

    さらに今の時期から複数の転職サイトに登録することで、非公開の求人情報ももれなくカバーできるのです。

    どの転職サイトも求人紹介から入職するまで、完全無料で徹底サポートしてくれます。

    利用者満足度96.2%! 『看護roo!』

    首都圏・中部圏・関西圏対応

    看護roo

    看護roo!はサポートが手厚く対応地域(首都圏・中部圏・関西圏)の求人数が多いので、対応地域の病院を探している看護師さんは必ず登録しておきたい転職サイト。働いているスタッフでさえ驚くほど、どこよりも詳しい病院情報を事前に教えてくれることで有名です。利用者満足度も96.2%とNO.1を誇ります。

    コンサルタントの対応満足度NO.1!『看護のお仕事』

    看護のお仕事は、希望に合う職場をとことん探してくれる点が評価され『コンサルタントの対応満足度NO.1』に選ばれました。職場の雰囲気や人間関係など詳しい病院情報も教えてくれるので人間関係で失敗したくない方だけでなく、第二新卒の方やブランクがある方・転職サイトの利用が初めての方にもおすすめです。

    紹介実績NO.1 高給与求人が多い『ナース人材バンク』

    高給与求人が多く、全国の病院の求人を網羅しているナース人材バンク。コンサルタントの対応も評判がよく、豊富な紹介事例とキャリア相談に定評があります。職場の人間関係がよく働きやすい求人やスキルアップできる求人が多く、看護師としての力をつけたい方におすすめです。

    脳外科看護師の仕事と給料の実態!転職したいけどやっぱり忙しい?の関連記事

    «PREV 

    »NEXT 

    あなたの悩みはどれ?

    • 美容クリニックに転職
    • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
    • 人間関係で悩まない!
    • 働くママナースにおすすめ
    • 第二新卒の看護師の復職のポイント
    • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

    掲載サイト一覧