看護師の転職~病院に採用される5つの決め手

看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク

希望している病院から「不採用」の通知が届き、目の前が真っ暗に…。そんな経験、あなたにはありませんか? 

看護師が病院の求人に応募して採用されるには、志望動機の書き方や面接での答え方などにちょっとしたコツがあります。それを知らず、自分の本当の魅力をアピールできなかったら本当にもったいないことです。

このページでは病院に採用される「決め手」をご説明します。

1.志望動機は相手目線で考えよう

転職活動をするうえで、「志望動機」はとても重要なポイントです。病院側は「なぜこの病院で働きたいと思ったのか」をとても知りたがっています。たとえスキルや経験が未熟でも志望動機が納得できるものなら、「この人なら頑張って働いてくれるだろう」と好印象を持つでしょう。

一方で、志望動機の内容によっては「この人、大丈夫だろうか?」と不安を与えることもあります。

つまり、志望動機は転職活動を左右する重要な要素なのです。以下で紹介するポイントを押さえておきましょう。

好印象を与える志望動機とは?

志望動機で好印象を与え、採用につなげるために気をつかなければいけないこと。それは「自分中心の発言は控える」ということです。 たとえば志望動機に「給料が高いので希望しました」「休みが多いのが魅力です」「家から近いので通勤が楽だと思いました」などとあからさまに記入(または話す)するのはNGです。

では「貴院は教育体制が整っているので、勉強をさせていただけると思いました」という志望動機はどうでしょうか?一見、前向きで意欲的なイメージがありますね。しかし、採用する側から見ると「受け身」と判断されます。

同じ「働きながら学びたい」という意欲を伝えるのならば、「経験はこれから積む段階ですが、貴院の教育体制を利用させていただき学ぶ姿勢を大切にしながら、看護師として貢献していきたい」と向上心があることをアピールするといいでしょう。

看護経験が長い人の志望動機は?

看護師の経験が長い人はそれまでの経験が強みになります。

「今まで○○年、看護師の経験を積みました。得意な科は○○科です」「△△病院で○○科と□□科で看護をしてきました。得意な分野は○○治療の看護です」など、過去の経験や得意な科、得意なスキルなどをアピールし、さらに「貴院ではこの経験を活かしたい」と伝えると好印象を与え、採用につながります。

2.面接でやってしまうと「不採用」になること

書面では様々なアピールを書いたとしても、面接では緊張してしまい、思うような受け答えができない方は多いものです。日ごろ患者に接している看護師でも、相手が面接官となると思ったことの半分も言えなくなってしまいます。

実際のところ、面接官は応募してきた看護師のどういった点を見ているのでしょうか。不採用になる人には、次のような特徴があります。

  • ・面接時に何もかも正直に話してしまう
  • ・笑顔が少ない
  • ・表情が暗い

看護師は患者を支える存在ですから、たとえ面接で緊張していても笑顔や明るい表情は忘れないようにしましょう。

また、何もかも正直に話すのもマイナスになります。例えば「穿刺が苦手です」とか、「忘れっぽいですが、これからは注意して仕事に取り組もうと思います」などは、「この人、大丈夫かな?」という印象を与えてしまいます。正直なのは良いことなのですが、面接では伝えるべきこと、伝えるべきではないことをしっかり判断しましょう。

3.前職の退職理由を聞かれたら?

面接で聞かれる定番の質問「前職を退職した理由」。これに対してどう答えますか?

本当は「残業が多かったので嫌になった」「業務量が多すぎてつらかった」などさまざまな理由があるとは思います。しかし、先述の通り「正直に何でも話してしまう」のはNGです。面接官の目には「職場のせいにする人なんだ」「うちで採用しても、また同じ理由で辞めるのではないか」とネガティブに写ってしまいます。

退職理由は、次のように前向きな内容に変えて伝えましょう。

退職理由 例:

「急性期病棟で4年勤務してきましたが、今後は慢性期病棟での看護経験を積みたいと考えています。前職(現職)では慢性期病棟がないため、貴院でぜひ経験し、看護師としてのキャリアを重ねつつ、多くの患者さんをサポートしたいと考えています」

もしどうしても退職理由が思い浮かばない場合は、転職エージェントのコンサルタントに相談してみましょう。自分の希望や本当の退職理由を聞き出して、採用につながるアドバイスをしてくれますよ。

4.内定を獲得してから、次を考える

看護師が病院への転職活動をすすめるうえで大事なのは、「とにかく内定を取りに行く」という姿勢です。面接時に自分がイメージしていた仕事内容と違う、待遇も思っていたより悪い、ということがわかったとしても、そこで投げやりな態度を取るのではなく、内定が出てから断ればいいことです。

そのためにも、志望動機は病院のプラスになるものを意識し、面接では明るく笑顔を心がけ、やる気をアピールしましょう。

5.第二新卒の看護師が目指すならこの病院

第二新卒(社会人1年目~3年目)の看護師が転職を考えるなら、次の3つの観点で病院を探してみましょう。

教育体制が整っている

経験が少なく、基礎教育が終わっていないため、新卒と同じ研修が受けられる病院なら安心して学べます。

同年代の看護師がいる

どの年代でも自分と年齢が近い人がいる職場は安心感があります。特に第二新卒はまだ社会や仕事に慣れていないため、同年代の看護師がいるかどうかを確かめましょう。

寮がある

新卒の看護師は寮に入っているケースが多いため、同年代の看護師と親しくなるためにも寮をおすすめします。寮は一般的に病院の近くにありますから、職場の近くに住めることも大きなメリットです。

6.転職するなら転職コンサルタントに相談を

「看護師経験が浅くて、自分の強みやアピールポイントが今ひとつよくわからない」という方や、「退職理由の内容で悩んでいる」など、自分ひとりで転職活動をしていると迷路に迷い込んだような気分になってしまうでしょう。

そんな時は看護師専門転職サイトのコンサルタントに相談してみましょう。あなたの事情に合わせて、面接や応募書類のアドバイスをしてくれます。医療機関の事情にも詳しいですから、職場の人間関係など、求人内容からは読み取れない情報まで教えてくれます。

一人で悩んでいても何も始まりません。ぜひ、看護師転職サイトのコンサルタントを活用しましょう。



おすすめの看護師転職サイト一覧

看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク
4位 マイナビ看護師
5位 ナースではたらこ

5月・6月は転職のチャンス!求人数も大幅増加

職場になじめず退職する新人看護師や、異動先が合わずに退職する看護師がいるため、急な欠員が出るのです。

そんな突然出る求人情報は、看護師専門の転職サイトで非公開求人として紹介されています。

転職サイトによって扱う求人情報が異なるので、複数のサイトに登録しておくと、求人情報をもれなくカバーできますよ。

どの転職サイトも求人紹介から入職するまで、完全無料で徹底サポートしてくれます。

利用者満足度96.2%! 『看護roo!』

首都圏・中部圏・関西圏対応

看護roo

看護roo!はサポートが手厚く対応地域(首都圏・中部圏・関西圏)の求人数が多いので、対応地域の病院を探している看護師さんは必ず登録しておきたい転職サイト。働いているスタッフでさえ驚くほど、どこよりも詳しい病院情報を事前に教えてくれることで有名です。利用者満足度も96.2%とNO.1を誇ります。

コンサルタントの対応満足度NO.1!『看護のお仕事』

看護のお仕事は、希望に合う職場をとことん探してくれる点が評価され『コンサルタントの対応満足度NO.1』に選ばれました。職場の雰囲気や人間関係など詳しい病院情報も教えてくれるので人間関係で失敗したくない方だけでなく、第二新卒の方やブランクがある方・転職サイトの利用が初めての方にもおすすめです。

紹介実績NO.1 高給与求人が多い『ナース人材バンク』

高給与求人が多く、全国の病院の求人を網羅しているナース人材バンク。コンサルタントの対応も評判がよく、豊富な紹介事例とキャリア相談に定評があります。職場の人間関係がよく働きやすい求人やスキルアップできる求人が多く、看護師としての力をつけたい方におすすめです。

«PREV 

»NEXT 

あなたの悩みはどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧