病院を辞めたい、転職したい…看護師の退職理由と退職のコツ

 
順位 人気求人サイト 口コミ評価 詳細
看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク


今の職場に不満を感じていませんか?

多くの看護師が給与や福利厚生制度などの待遇面、環境や人間関係に不満を感じています。

今の病院を辞めたい、転職したいと思うこともあるのではないでしょうか。

しかし、そうはいってもなかなか退職を切り出せないのが現実という方もいると思います。

そこで今回は、気になる看護師仲間の退職理由と、辞めたい職場を円満に退職できるコツについて紹介します。

1.病院勤務の看護師の退職理由ランキング

今回、豊富な経験を持つ看護師転職コンサルタントの方に、「看護師の方はどのような理由で病院を退職されるのか?」をうかがってみました。

全国の看護師仲間がどのような理由で退職しているか、ランキング形式でを見てみましょう。

【5位】妊娠や出産

女性の場合は妊娠や出産を機に退職する人も多くなっています。

特に現在の職場では家庭と仕事の両立ができない場合に退職を余儀なくされています。

【4位】残業が多い

残業が多い職場には当然不満がたまってしまいます。

一人当たりの業務量が多く、非常勤でも定時に帰れなかったり、なかには終電間近まで残業だったりという声も聞かれます。

【3位】休みが少ない

体力的にも精神的にも疲れやすい看護師の仕事。なかなか休みが取れないときついですよね。

長期休暇が取れないといった理由のほか、週2回の休みも取れないから辞めたというケースもあります。

【2位】給料が安い

基本的な給料が安いといった理由のほか、家の経済的な理由で給料を上げる必要が生じて退職したというケースも見られます。

また病院の経営の関係でボーナスが減ったことなどに不満を持って退職している看護師もいます。

【1位】人間関係

上司や先輩と合わない、いじめなどのトラブルに見舞われた、など人間関係による理由が1位となっています。

人間関係は仕事をしていくうえで重要なポイントですよね。

そりが合わずに辞める方は多いようです。

【番外編】病院勤務の看護師の退職理由

ランクインはしませんでしたが、とても重要な退職理由を紹介します。

経営者のやり方に納得できない

病院経営者の考え方がはっきり現れるポイントとして「衛生管理」があります。

マニュアルがなかったり、感染管理が徹底しておらず、衛生面に不安を感じて辞める看護師は多いです。

年配の経営者の場合、昔ながらの不完全な管理方法を貫いている場合があり、看護師としては感染リスクの恐怖と日々直面しながら働く事になりますから大きなストレスにつながります。

これは患者と自分を守るために非常に重要なポイントですから、衛生管理が徹底された病院に転職すべきでしょう。

クレーム対応

患者さんからの理不尽なクレームに耐えかねて退職しているケースも跡を絶ちません。

できるだけクレームの少ない職場で働きたいと思いますよね。

正直な話、クレームに対しては有効な手立てはないといえるのですが、どうしても理不尽なクレームが続くのならば、土地が自分に合っていないということも考えられます。

そこで、クレームへの対応方法をどうするかという考えから脱却し、「地域性を考えてみる」というのも一つの手です。

離れた場所に転職し、気持ちの良い環境で働いてみてはいかがでしょうか。

その他の退職理由

「病院のやり方や経営者と考えが合わない」「病院が閉院された」「経営状態が悪化した」、など病院の経営に関する理由で辞めている方もいます。

また「インシデントばかり起こしてしまい、病院勤めが怖くなった」「今の仕事に物足りなさを感じる」といったように、看護師の仕事そのものを理由に退職に踏み切る方もいます。

このように、さまざまな理由で今の職場を変わりたいと思う人がいることがおわかりいただけたのではないでしょうか。

2.看護師の退職のコツ

では、退職したい旨をどう伝えれば円満に退職できるのでしょうか。

ポイントを具体的に見てみましょう。

退職を切り出す方法

まず師長など直属の上司に面談の機会を設けてもらい、そこで退職の意思を伝えましょう。

直属の上司を飛び越えて、看護部長などに伝えてしまうことは失礼にあたるため気をつけましょう。

退職を交渉するポイント

病院は基本的に看護師が不足しているため、退職したいと切り出しても引き止めに合うことがほとんどです。

しかし、一度断られたからといって諦めるのではなく、何度も面談の場を設けてもらうことが大切です。

「退職する」という強い気持ちを持って交渉しましょう。

すでに転職先から内定をもらっていたら「次の病院が決まっているので辞めます」と言ったり、ほかに転居する予定があれば「○月に○○県に転居してこれまでのように出勤できなくなるため辞めます」と言ったりするなど、今の病院を続けられない理由を明確に伝えるようにするとベストです。

3.看護師専門の転職エージェントに相談してみよう

いかがでしたか?

退職の理由は一人ひとり違いますが、その理由をはっきり告げることが円満退職につながります。

退職する方のほとんどが転職を考えているかと思いますが、その場合には看護師専門の転職サイトに登録するのがおすすめです。

専門のエージェントが、退職理由に合った転職先の紹介をしてくれます。

また退職がなかなかできないときにも気軽に相談にのってもらえますよ。

ぜひこの機会に登録してみてください。



おすすめの看護師転職サイト一覧

 
看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク
4位 マイナビ看護師
5位 ナースではたらこ

利用者満足度96.2%! 『看護roo!』

首都圏・中部圏・関西圏対応

看護roo

看護roo!はサポートが手厚く対応地域(首都圏・中部圏・関西圏)の求人数が多いので、対応地域の病院を探している看護師さんは必ず登録しておきたい転職サイト。働いているスタッフでさえ驚くほど、どこよりも詳しい病院情報を事前に教えてくれることで有名です。利用者満足度も96.2%とNO.1を誇ります。

コンサルタントの対応満足度NO.1!『看護のお仕事』

看護のお仕事は、希望に合う職場をとことん探してくれる点が評価され『コンサルタントの対応満足度NO.1』に選ばれました。職場の雰囲気や人間関係など詳しい病院情報も教えてくれるので人間関係で失敗したくない方だけでなく、第二新卒の方やブランクがある方・転職サイトの利用が初めての方にもおすすめです。

紹介実績NO.1 高給与求人が多い『ナース人材バンク』

高給与求人が多く、全国の病院の求人を網羅しているナース人材バンク。コンサルタントの対応も評判がよく、豊富な紹介事例とキャリア相談に定評があります。職場の人間関係がよく働きやすい求人やスキルアップできる求人が多く、看護師としての力をつけたい方におすすめです。

«PREV 

»NEXT 

あなたの悩みはどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働くママナースにおすすめ
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 人間関係でもう迷わない!
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円
  • 保育園・幼稚園看護師への転職!
  • 休日が多い病院の選び方

掲載サイト一覧