訪問入浴の仕事は看護師の経歴にならない?仕事内容と医療行為の実態

看護師の訪問入浴
看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク

高齢社会の本格化にともない、訪問入浴看護師の需要が高まっています。

ですが、看護師の皆さんにとっても訪問入浴がどのような現場で、看護師がどのような役割をはたすのかイメージがつかない方も多いでしょう。

そこでこのページでは、訪問入浴看護師の実態について詳しく紹介していきます!

訪問入浴の看護師とは?

通常の訪問入浴は、2〜3人ほどの介護職員がチームで行うものです。そのチームに加わり、看護の観点からサービスを行うのが「訪問入浴の看護師」です。

医療従事者である看護師が同行するということは、利用者本人にとっても、その家族にとっても大きな安心を与えます。

そういう意味で訪問入浴の看護師は大きな価値を提供する仕事と言えるでしょう。

どんな看護師に向いているの?医療行為は?

訪問入浴は、看護というより「介護」に近い仕事をすることになります

その点が、病院やクリニックなどの医療機関で働く看護師と大きく異なります。

直接的な医療行為を行うことがほぼないため、「ブランクがあって看護技術に自信がない」「負担の軽い職場で働きたい」という看護師から注目を集めています。

また、日給制、月一回の勤務でもOK、とする企業が多いため、Wワークの看護師が働くケースも多いです。

訪問入浴の看護師の実態

「医療行為がない」「利用者をお風呂に入れる仕事」という点にだけ注目すると、訪問入浴の看護師はラクな仕事と考えてしまいがち。

しかし、実態は体力勝負のハードな現場なのです。訪問入浴の看護師ならではの苦労を以下に挙げてみました。

訪問入浴で働く看護師はとにかく体力勝負!

ご存知の通り、介護の現場はかなりハードです。訪問入浴も介護の一環として行われるものですから、当然ハードな現場です。

入浴機材を組み立て、利用者を抱きかかえて浴槽に入れ、洗体をします。

これを一通りこなし、看護師特有の仕事としてはバイタルチェックやカルテの記入もも行いますから、相当の体力が必要になります。

利用者を抱きかかえる際に腰を痛めてしまうケースが多く、それが原因で辞めてしまう看護師も多いようです。

医療従事者がひとりしかいない

訪問入浴に同行するのは介護職員と看護師。つまり、医療従事者は看護師ただひとりなのです。

利用者が体調を崩した時など、頼りになるのは看護師だけです。

医療機関であれば医師はもちろん、先輩看護師に頼る事もできますが、訪問入浴の現場では自分一人で判断をしなければなりません。

それなりにプレッシャーがかかる仕事といえるでしょう。

衛生面の不安

会社にもよりますが、訪問入浴では手袋をせずに素手で利用者を洗体するケースがほとんどです。

医療機関での勤務経験がある看護師にとっては違和感と不安を感じてしまうかもしれません。

訪問入浴は意外に残業が多い

訪問入浴の看護師は、定時で退社できるという印象を持つ方が多いようですが、実は残業が多い職場です。

家庭との仕事を両立したいと考えている方はその点をしっかり認識しておいてください。

「少なくとも1時間は残業がある」と考えておいたほうが良いでしょう。

訪問入浴のメリット?医療行為について

前述の通り、訪問入浴の看護師は医療行為を行うことはありません。

ブランクがある看護師にとっては安心の職場と考えてしまいがちですが、「やりがいがない」と感じて辞めてしまう看護師も多いのです。せっかく身につけた看護手技を生かせないというのは、想像以上につらいものです。

しかも、やりがいを求めて医療機関に転職しようと思っても、訪問入浴での看護経験は看護師の経験としてみなされないことが多いので、転職の際に不利になってしまいます。

確かに、訪問入浴の看護師はほぼ医療行為を行っていないのですから、当然といえば当然です。

それを考えれば、ブランクがあったとしても最初から医療機関に復職した方が賢明と言えるでしょう。

また、いま医療機関で働いていて、負担の軽い職場に転職したいと考えている方も、後々のことを考えて医療機関に転職する方が正しい選択です。

自分にピッタリの転職・復職先の見つけ方

仕事の負担が軽い医療機関を探すとしても、看護師の仕事は基本的にハードなものです。どのように探せばいいのか、途方に暮れてしまっている方もいるのでは?

そこでおすすめしたいのが「看護師専門の転職サイトを利用すること」です。

転職サイトに登録すれば、看護師転職のプロであるエージェントがあなたの相談に乗ってくれます。訪問入浴が気になっていた背景を話せば、それに代わる職場、それ以上の職場を探してくれるでしょう。

さらに、欲しい年収額、そのほか待遇など、なんでも相談してください。また、職場で気になるのは人間関係ですよね。エージェントは、その職場の実情もしっかり把握していますから、人間関係についても教えてくれます。

無料で利用できるサービスなので今すぐ登録し、相談してみるといいですね。

おすすめの看護師転職サイト一覧

看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク
4位 マイナビ看護師
5位 医療ワーカー

8月・9月は良い条件の求人に向かってスタートダッシュ! 

条件が良い人気求人は、限られています。

「転職シーズンの9月になってから登録しても遅くないでしょ?」という考えでは、なかなか希望どおりの職場に転職できませんよ。

スムーズな転職のためには、一足早く転職サイトへ登録して情報収集を行うのがおすすめです。

さらに今の時期から複数の転職サイトに登録することで、非公開の求人情報ももれなくカバーできるのです。

どの転職サイトも求人紹介から入職するまで、完全無料で徹底サポートしてくれます。

利用者満足度96.2%! 『看護roo!』

首都圏・中部圏・関西圏対応

看護roo

看護roo!はサポートが手厚く対応地域(首都圏・中部圏・関西圏)の求人数が多いので、対応地域の病院を探している看護師さんは必ず登録しておきたい転職サイト。働いているスタッフでさえ驚くほど、どこよりも詳しい病院情報を事前に教えてくれることで有名です。利用者満足度も96.2%とNO.1を誇ります。

コンサルタントの対応満足度NO.1!『看護のお仕事』

看護のお仕事は、希望に合う職場をとことん探してくれる点が評価され『コンサルタントの対応満足度NO.1』に選ばれました。職場の雰囲気や人間関係など詳しい病院情報も教えてくれるので人間関係で失敗したくない方だけでなく、第二新卒の方やブランクがある方・転職サイトの利用が初めての方にもおすすめです。

紹介実績NO.1 高給与求人が多い『ナース人材バンク』

高給与求人が多く、全国の病院の求人を網羅しているナース人材バンク。コンサルタントの対応も評判がよく、豊富な紹介事例とキャリア相談に定評があります。職場の人間関係がよく働きやすい求人やスキルアップできる求人が多く、看護師としての力をつけたい方におすすめです。

訪問入浴の仕事は看護師の経歴にならない?仕事内容と医療行為の実態の関連記事

«PREV 

»NEXT 

あなたの悩みはどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧