バリアフリー工事の補助金について

バリアフリー 補助金
 
順位 人気求人サイト 口コミ評価 詳細
看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク


要介護状態になった方が在宅生活を送るためには、自宅をバリアフリー化する必要があります。自宅で安心して日常生活を送れるようにするには、多くの場所を改装工事していきます。バリアフリー工事を行う場合は、条件を満たすことで補助金が出ます。バリアフリーへ向けた補助金について説明します。

バリアフリー工事の補助金を得る方法

バリアフリー工事を行う場合には、住宅特定改修特別税額控除の適用要件を満たした場合にバリアフリー改修工事の補助金を得ることができます。バリアフリー工事の適用条件を満たすことで、申請を行うことができます。

バリアフリー工事の補助金は、所得や居住場所によって大きく異なるため、利用する場合には、申請をする自治体に確認してから行う必要があります。

バリアフリー工事の補助金を得る条件

バリアフリー工事の補助金を得るためには4つうち1つの条件を満たしていることが必要です。

  1. 50歳以上の者で、バリアフリー工事を行う住宅に居住している方。
  2. 介護保険法により要介護や要支援の認定を受けている方。
  3. 障害者の中で、所得税が一定額より少ない方。
  4. 65歳以上の親族か上記の1.2.3に該当している親族の方と同居している方。

バリアフリー工事の補助金の対象となる改修工事

バリアフリー改修工事の補助金は、すべての工事が対象となるわけではありません。決められている内容に該当する場所を工事することができます。

  1. 車いすで移動しやすいようにする通路や入口の工事。
  2. 現在ある階段を撤去する工事や、階段を緩やかにする工事。
  3. 浴槽や浴室周辺の物品や設備に対する工事と車いすで介助を行いやすいようにするために必要な浴室の工事
  4. 排泄に関わるトイレや便座周りの工事
  5. 生活するために必要な手すりの工事。
  6. 段差の解消を行うために段差を低くする工事やスロープを取り付ける工事。
  7. 出入口の扉に対する工事。
  8. 転倒予防のために滑りにくい材質への取り替え工事。

バリアフリー工事の補助金を得るための注意点

バリアフリー工事を行う場合には、介護保険にて福祉用具や住宅改修と上手に調整していくことが大切です。自己負担額を考えた場合には、介護保険による住宅改修や福祉用具貸与の方が安く行えるため、優先して利用していきます。先にバリアフリー工事を行った場合には、同じ工事内容を介護保険で利用できないことがあるため、初めは住宅改修を優先して行うことが効率よく工事を行うことができます。

介護保険の住宅改修と福祉用具貸与に加えてバリアフリー工事の補助金を利用することで、自己負担額を少なく在宅生活を送ることができます。

 
看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク
4位 マイナビ看護師
5位 ナースではたらこ



利用者満足度96.2%! 『看護roo!』

首都圏・中部圏・関西圏対応

看護roo

看護roo!はサポートが手厚く対応地域(首都圏・中部圏・関西圏)の求人数が多いので、対応地域の病院を探している看護師さんは必ず登録しておきたい転職サイト。働いているスタッフでさえ驚くほど、どこよりも詳しい病院情報を事前に教えてくれることで有名です。利用者満足度も96.2%とNO.1を誇ります。

コンサルタントの対応満足度NO.1!『看護のお仕事』

看護のお仕事は、希望に合う職場をとことん探してくれる点が評価され『コンサルタントの対応満足度NO.1』に選ばれました。職場の雰囲気や人間関係など詳しい病院情報も教えてくれるので人間関係で失敗したくない方だけでなく、第二新卒の方やブランクがある方・転職サイトの利用が初めての方にもおすすめです。

定着率がいい求人だけを紹介!『マイナビ看護師』

人間関係がよく働きやすい職場にこだわり、定着率が良い求人を厳選して紹介しているマイナビ看護師。コンサルタントの対応も評判がよく、利用者満足度は96%以上となっています。職場の人間関係がよく働きやすい求人や研修制度が整っている求人が多く、人間関係が原因で転職する方や、ブランクがあり復職する看護師に人気があります。

«PREV 

»NEXT 

あなたの悩みはどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働くママナースにおすすめ
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 人間関係でもう迷わない!
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円
  • 保育園・幼稚園看護師への転職!
  • 休日が多い病院の選び方

掲載サイト一覧