地域包括支援センターや地域連携室って何をしてくれるの?

地域包括センター 活動 看護師
 
看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク

地域住民や入院患者の悩みを解決してくれる施設として、地域包括支援センターや地域連携室があります。それぞれ地域に密着して関わりを持っているため誰でも安心して利用することができます。利用方法がわからないため相談できない人のために、地域包括支援センターや地域連携室では具体的に何を行っているのかを説明していきます。

地域包括支援センターで行っていること

地域包括支援センターでは、介護予防を中心として地域住民に対して介護予防サービスを行っています。65歳以上の高齢者を対象としており、要介護状態にならないための健康事業を行っています。

地域包括支援センターでは、保健師や社会福祉士・主任ケアマネージャーが働いており、3職種がチームで活動しています。要支援者や特定高齢者には、介護予防ケアマネジメントを行っているため、地域包括支援センターがケアプランを立てていき、安心した日常生活を送れるようにしていきます。

介護予防事業として、地域住民のお宅へ訪問することや、健康や介護に対する悩み相談を24時間体制で電話相談しているため、高齢者の人だけではなく、介護をしているご家族も利用することができます。

地域包括支援センターには、高齢者の権利擁護として高齢者虐待や生活困難者を守る大切な仕事を担っています。定期的に高齢者さんが住んでいるお宅を訪問することや、地域の見回りも行っています。地域住民から情報や相談があった場合には、地域包括支援センターが調査や確認をしていきます。

地域連携室で行っていること

地域連携室は病院内にあり、病院を受診される患者さんから、現在入院されている患者さんまで病院に関わるすべての地域住民を対象としています。

地域連携室の役割として2つあります。

1つ目は、入院されている患者さんに対して、退院後に在宅生活を送る上で必要な情報を提供し、相談を行います。退院後に必要なサービスを行っている施設やクリニックを探すのはとても大変です。地域連携室には地域連携に関わる多くの施設やクリニックなど情報があるため、退院後に必要なサービスを紹介してもらうことができます。

患者さんに必要な情報の窓口となっているためスムーズに交換することができていき、退院してからすぐに受け入れしサービスを受けることができます。遠方から入院されている患者さんも安心して自宅復帰することができます。

2つ目は、地域の医師から紹介された患者さんの診察や検査の予約や、入院の受け入れをおこなっています。病院へ検査や入院など行う場合には、必要な情報を得るために多くの質問や何度か受診をしていく必要のある場合があります。しかし、地域連携室が関わることにより、情報交換がスムーズに行うことができるため、早期に検査や入院をしていくことで緊急時に対応できます。

 
看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク
4位 マイナビ看護師
5位 ナースではたらこ

地域包括支援センターや地域連携室って何をしてくれるの?の関連記事

«PREV 

»NEXT 

あなたの希望の転職先は?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧