訪問看護を受けるには?

訪問看護 受ける方法
 
看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク

介護保険サービスを利用する内容の1つとして、訪問看護サービスがあります。訪問看護を利用していくことは、ご利用者様が在宅生活を送る上でとても大切です。在宅生活を安心して送るために必要な訪問看護のご利用方法について説明していきます。

訪問看護とは

訪問看護は、在宅生活を送る利用者様に対して、看護師・准看護師・保健師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士がご自宅を訪問してサービスを行います。サービス内容は医療的な処置から日常生活の介助、リハビリテーションや生活に対する相談といった幅広い分野に対応しています。訪問看護といっても看護師だけではなくリハビリ職も行うため、リハビリの目的で利用する方も多いです。

訪問看護には介護保険を利用して行う方法と、医療保険を利用して行う方法があります。訪問看護の内容としてはどちらを利用しても変わりはありませんが、利用する方法や対象者が異なるため、現在の状態よって介護保険と医療保険を使い分けていきます。医療保険対象者は介護保険より医療保険を優先して利用していきます。

介護保険による訪問看護を利用する方法

介護保険サービスの訪問看護を利用するためには、要介護認定を受けて介護区分を得る必要があります。要介護度が決まっていれば、限度額内で訪問看護を利用していくことができます。要介護度が出ていれば、ケアマネージャーによるケアプランに訪問看護を組み込んでいただくことにより、主治医から訪問看護の指示がでます。主治医による訪問看護指示書のもと、訪問看護が行われます。

介護保険の訪問看護には20分から1時間以上になるものまであり、利用時間によって単位数が異なります。また、看護師や准看護師、リハビリ職によっても単位数が異なっていくため、限られた限度額の中で比較的高い単位がかかる訪問看護は、計画的に利用していく必要があります。

医療保険による訪問看護を利用する方法

要介護認定を受けてない人や受けている場合でも条件を満たして入れば医療保険の対象となります。条件を満たしており、主治医より医療保険による訪問看護が必要と判断された場合にのみ、医療保険で訪問看護を利用することができます。この場合には、ケアマネージャーによるケアプランは必要ありません。

利用回数や時間は、基本的には週3回までとなっていますが、厚生労働大臣が定める疾病等の患者さんや、特別看護指示書の出ている患者さんは、週4回以上で1日に複数回訪問することができます。 精神科を受診している患者さんであれば、精神科医療で訪問看護を利用することができます。ただし、すべての訪問看護ステーションが精神科医療を行っている場合ではないため、対応している事業所を選択していく必要があります。

 
看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク
4位 マイナビ看護師
5位 ナースではたらこ


利用者満足度96.2%! 『看護roo!』

首都圏・中部圏・関西圏対応

看護roo

看護roo!はサポートが手厚く対応地域(首都圏・中部圏・関西圏)の求人数が多いので、対応地域の病院を探している看護師さんは必ず登録しておきたい転職サイト。働いているスタッフでさえ驚くほど、どこよりも詳しい病院情報を事前に教えてくれることで有名です。利用者満足度も96.2%とNO.1を誇ります。

コンサルタントの対応満足度NO.1!『看護のお仕事』

看護のお仕事は、希望に合う職場をとことん探してくれる点が評価され『コンサルタントの対応満足度NO.1』に選ばれました。職場の雰囲気や人間関係など詳しい病院情報も教えてくれるので人間関係で失敗したくない方だけでなく、第二新卒の方やブランクがある方・転職サイトの利用が初めての方にもおすすめです。

定着率がいい求人だけを紹介!『マイナビ看護師』

人間関係がよく働きやすい職場にこだわり、定着率が良い求人を厳選して紹介しているマイナビ看護師。コンサルタントの対応も評判がよく、利用者満足度は96%以上となっています。職場の人間関係がよく働きやすい求人や研修制度が整っている求人が多く、人間関係が原因で転職する方や、ブランクがあり復職する看護師に人気があります。

«PREV 

»NEXT 

あなたの希望の転職先は?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧