ヘルパーさんに頼んでいいこと駄目なこと

ヘルパー 依頼内容
 
看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク

介護保険サービスを利用するときに、一番多く利用されているのが訪問介護です。訪問介護によりヘルパーさんが自宅へ来られ、身体介護や生活援助をしていただけます。ヘルパーさんは何でも屋ではないため、頼んでよいことと駄目なことがあります。ヘルパーを利用するときに必要な情報を説明していきます。

ヘルパーさんに頼んでよい生活援助

生活援助では、日常生活を送る上で必要な生活の援助を行ってくれます。 料理や食事の準備、掃除、洗濯、片づけ、生活に必要なものの買い物を依頼することでサービスを受けることができます。

その他にも、ごみ出しや処方された薬や荷物を受け取りに行くことなど、ご利用者様に関わる内容であれば、ヘルパーさんに頼むことで行えます。

ヘルパーさんに頼んでよい身体介護

身体介護の中でも一般的な身体直接触れることで行う介助はヘルパーさんに頼んで介護をしてもらうことができます。

移乗や移動の介助、食事介助、排泄介助、着替えや洗面、口腔ケア、入浴介助の援助を受けることができます。その他にも、経管栄養剤の準備や血圧や体温測定、人工肛門の人のパウチ内排泄物の処理、普通に行う髭剃りや爪切り・耳掃除はヘルパーが行う内容として認められています。

痰の吸引や経管栄養を実施することについては、ヘルパーさんが特定行為の認定を受けており、所属している事業所が都道府県の登録がされている場合に、主治医から許可がおりていることによって実施することができます。

ヘルパーさんに頼んではいけないこと

訪問介護を利用する条件として、ご利用者様に対して援助を行うことが記されています。そのため、ご家族や配偶者であっても他の人への援助は一切禁止されています。 食事や買い物、洗濯に関してはご利用者様が利用する物だけと決められているため、家族の分を頼むことはできません。1つも2つも変わらないという理由でついでに行ってほしいと頼んでも行うことはできないので注意していきましょう。

ペットの世話や庭の手入れ、ご利用者様の使用しない部屋の掃除や片づけも頼むことはできません。その他にも、金銭管理や娯楽のための外出援助、褥瘡や創部の処置、ヘルパーによる薬の援助、カテーテル類の管理といった内容は行うことができません。

介護保険サービスを利用した病院の受診には限りがある

介護保険を利用したヘルパーでは、病院へ着くまでの乗降車介助や帰り道の付き添いは行えますが、病院内での付き添い介助については利用することができません。そのため、病院内での付き添い介助を行ってほしい場合には、介護保険外サービスとして事業所に頼むことで行うことができます。

多くの事業所では、事業所別による料金設定のもと介護保険外サービスとして病院への付き添いを行っているところがあります。介護保険サービスと介護保険外サービスを併用してヘルパーを利用していくことも1つの方法です。

 
看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク
4位 マイナビ看護師
5位 ナースではたらこ

«PREV 

»NEXT 

あなたの希望の転職先は?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧