高額介護サービス費支給制度とは

高額介護 支給精度
 
順位 人気求人サイト 口コミ評価 詳細
看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク


介護保険制度を利用して介護保険サービスを利用していく場合に、1割は自己負担として支払う必要があります。収入の少ない人にとっては、1割負担とはいえ経済的負担は大きいです。そのため、1割負担の中で1ヶ月に一定額を超えると高額介護サービス費支給制度を利用することができます。高額介護サービス費支給制度についてわかりやすく説明します。

高額介護サービス費支給制度の仕組みについて

介護保険を利用して介護サービスを行った場合に、サービス料の1割を自己負担していきます。その1割が一定額を超えた場合に払い戻しされる制度が高額介護サービス費です。月ごとに自己負担した費用の領収書や明細書を、市町村や保健センターに届け出をしていく必要があります。申請をして返還されるまでに3ヶ月ほど時間を有するため、すぐに利用できない場合があります。そのため、自治体によっては資金貸付制度を利用することができ、自治体より早く返還できる場合があります。

高額介護サービス費支給制度を利用するには、世帯単位として計算することができるため、要介護認定を受けている人が世帯の中に2人以上いる場合には、その合計額によって返還される金額が決まります。また、低所得者の場合には世帯ではなく個人として計算されるため、2人以上いた場合でもそれぞれ返還していただくことができます。

高額介護サービス費支給制度の返還額や利用者上限

高額介護サービス費支給制度の一定額には、所得によって区分が分けられており、区分の違いによって利用者様の最大自己負担額が異なります。

自己負担額を決める区分は、住民税の課税や年金収入と合計所得によって分けられます。

  • 第1段階は、生活保護を受給している方が対象で負担の上限は個人で、15,000円となります。
  • 第2段階は、世帯全員が住民税を課税されていない方が対象で、老齢福祉年金を受給している方と年金収入と合計所得が80万円以下の方は2人以上の世帯であれば24,600円、個人で15,000円となります。
  • 第3段階は、世帯の中でだれかが住民税を課税されている方が対象で、世帯で37,200円となります。
  • 第4段階は、現役並み所得者に相当する方がいる世帯の方で、世帯で44,400円となります。

現役並みの収入というのは、同一世帯内の 65 歳以上の方が1人の場合は、収入が383 万円以上で、同一世帯内の 65 歳以上の方が 2 人以上いる場合には合計所得が520万円以上のことを指します。

施設入所されている中で、居住費や食費など介護保険サービスを利用していない負担については、負担額として認められないため適用になりません。また、介護保険サービスの中で住宅改修や福祉用具の購入は対象外とされており、介護保険の限度額を超えたサービスについても適用にならないため注意していく必要があります

 
看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク
4位 マイナビ看護師
5位 ナースではたらこ



利用者満足度96.2%! 『看護roo!』

首都圏・中部圏・関西圏対応

看護roo

看護roo!はサポートが手厚く対応地域(首都圏・中部圏・関西圏)の求人数が多いので、対応地域の病院を探している看護師さんは必ず登録しておきたい転職サイト。働いているスタッフでさえ驚くほど、どこよりも詳しい病院情報を事前に教えてくれることで有名です。利用者満足度も96.2%とNO.1を誇ります。

コンサルタントの対応満足度NO.1!『看護のお仕事』

看護のお仕事は、希望に合う職場をとことん探してくれる点が評価され『コンサルタントの対応満足度NO.1』に選ばれました。職場の雰囲気や人間関係など詳しい病院情報も教えてくれるので人間関係で失敗したくない方だけでなく、第二新卒の方やブランクがある方・転職サイトの利用が初めての方にもおすすめです。

定着率がいい求人だけを紹介!『マイナビ看護師』

人間関係がよく働きやすい職場にこだわり、定着率が良い求人を厳選して紹介しているマイナビ看護師。コンサルタントの対応も評判がよく、利用者満足度は96%以上となっています。職場の人間関係がよく働きやすい求人や研修制度が整っている求人が多く、人間関係が原因で転職する方や、ブランクがあり復職する看護師に人気があります。

«PREV 

»NEXT 

あなたの悩みはどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働くママナースにおすすめ
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 人間関係でもう迷わない!
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円
  • 保育園・幼稚園看護師への転職!
  • 休日が多い病院の選び方

掲載サイト一覧