介護認定の区分と状態の目安

介護施設 介護認定

満足度 対応
地域
求人数 詳細
看護roo!
看護のお仕事

病気や障害により、日常生活を安全に自立して送ることが困難になることがあります。日常生活援助のサービスを受けるためには、介護認定を受けることが必要条件です。介護認定を受けた時にどの段階に当てはまることができるのかの目安を説明していきます。

要介護認定の7段階

要介護認定は、コンピューターによる一次判定と、介護認定審査会による二次判定により決まります。要支援1~2段階から要介護1~5段階まで7つの段階で分かれています。数字が高くなるほど介護度が重度化していきます。

要介護認定には、食事・入浴・排泄などの日常生活動作と、買い物・金銭管理・内服薬管理・電話利用などの手段的日常生活動作の自立度から考えられます。常時介助を必要とする場合、一部介助が必要となる場合、見守りが必要になる場合、自立している場合の状況に分かれて考えられます。

また、病気の進行度や家族の支援状況、精神状態や認知機能などによる今後予測される状態によっても左右されるため、現在の状況と将来性を合わせて決められます。

要介護状態の目安

要支援1

日常生活動作は一人で行うことが可能だが、手段的日常生活動作のどれか1つが見守りや介助が必要な人です。

要支援2

要支援1の状態に加え、下肢筋力低下や障害により歩行状態が不安定な人で、日常生活において問題を抱えている人です。

要介護1

手段的日常生活動作でどれか1つを毎日継続して介助が必要となる人で、日常生活動作においても下肢筋力低下や障害により歩行状態が不安定により一部介助が必要な人です。

要介護2

手段的日常生活動作や日常生活動作の1つだけではなく複数に毎日介助が必要となる人です。1つだけでも認知症の症状がみられる場合にはここに該当します。

要介護3

自立歩行が困難な人で、杖・歩行器や車いすを利用している人で、手段的日常生活動作や日常生活動作で毎日何かの部分で全面的に介助が必要な人です。歩行状態が自立している状態でも日常生活動作の多くの部分で全面的な介助が必要な場合も対象となります。

要介護4

移動手段には車いすが必要となり、常時介護なしでは日常生活を送ることができない人で、日常生活を送る上で全面的に介護を行う必要はあるが、会話が行える状態の人です。

寝たきりの場合でも胃瘻や点滴を利用しており食事介助の必要性がない人は、全面的な介護が必要でないと判断され、要介護4に該当することがあります。

要介護5

ほとんどを寝たきりの状態で、自力で食事が行えない状態の人が対象です。日常生活すべて常時介護をしていないと生活することが困難な人です。

 
看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク
4位 マイナビ看護師
5位 ナースではたらこ

«PREV 

»NEXT 

掲載サイト一覧