介護保険の仕組み

介護保険

満足度 対応
地域
求人数 詳細
看護roo!
看護のお仕事

高齢になることで日常生活を自立して行うのが難しくなっていきます。一人では生活できない中で介護サービスを利用することで安心して日常生活を送ることができます。介護サービスを利用し援助を行うために大切なのが介護保険制度です。介護保険制度の仕組みをわかりやすく説明します。

介護保険制度

介護保険制度は、平成12年4月から始まった新しい制度です。

高齢者や身体障害・精神障害を抱える人が安心して楽しく日常生活を送るために、自らの選択で介護サービスを利用することができます。介護サービスを利用することにより家族の介護負担が軽減され、一人でも安心して自宅で過ごすことができるようになります。多くの介護施設もあるため、自宅で生活するのが不安な方でも介護サービスを利用することで楽しく日常生活を送ることができます。

介護サービスを利用する人が毎年増加傾向にあることから、一人ひとりにかかる介護保険料の負担額も増加しています。人口推移や健康寿命により介護保険制度の見直しが必要になるため、3年に1度大きな見直しや改正をして、現在の状況にあった介護保険制度を作っていきます。

介護保険の仕組み

介護保険は医療保険に加入している40歳以上の人は、すべて被保険者といって介護保険の加入者になり、保険者である市町村に介護保険料を毎月支払います。強制加入のため介護保険料は医療保険と一緒に徴収されます。65歳以上であれば、年金から天引きされるため特別に支払に行く必要はありません。

介護保険を利用する場合には、1割の自己負担額を介護サービス事業者に支払うことで介護サービスを受けることができます。サービス事業者は残りの9割分を保険者に請求することで、国民から徴収した介護保険料と税金を用いて支払われます。国民全体で被保険者を支えるシステムにされています。

第1号被保険者と第2号被保険者の区別

介護保険制度は高齢や障害者であれば誰でも利用できる制度ではありません。介護保険制度を利用するためには、被保険者になる必要があります。被保険者には第1号被保険者と第2号被保険者に分類されており、自分の住民票がある地域に住んでいることがどちらも必要条件になります。

第1号被保険者は、65歳以上の人のことをいいます。

第2号被保険者は、40歳~65歳未満で医療保険に加入していることをいいます。第2号被保険者が介護保険制度を利用するためには、介護保険法に規定されている16の特定疾患に該当することが必要条件とされています。

 
看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク
4位 マイナビ看護師
5位 ナースではたらこ

«PREV 

»NEXT 

掲載サイト一覧