介護施設で看護師が働くメリットデメリット

介護 メリット デメリット

満足度 対応
地域
求人数 詳細
看護のお仕事
ナース人材バンク

病院とは大きく違う介護施設で働く看護師にとって、働くメリットやデメリットを知っていくことは転職や就職を考える人にとって大切になります。介護施設の看護師としての経験はどのようなメリットやデメリットがあるのかを説明します。

介護施設の看護師として働くメリット

介護施設で働く看護師は、病院とは異なり残業がなく休日出勤もありません。定時上がりができることや休みがとれるため、プライベートを充実して過ごすことができる魅力的な職場です。家庭を持つ主婦や、小さな子供がいる家庭でも安心して仕事ができます。

介護施設は土日に休みがとれないことを不安に思う方もいますが、介護施設の中でもデイサービスや有料老人ホームでは土日休みを設けている場合もあります。介護施設によって、看護師の労働時間は異なるため、ご自身の勤務希望に合った施設を選ぶことができるメリットがあります。

介護施設の看護業務は、採血や点滴は少なく、バイタル測定や経管栄養・創部処置が主な医療行為になります。利用者で糖尿病の方は多くみられますが、インスリンは簡単に行えるペン型を使用するため、シリンジによる針を使用する必要はありません。難しい医療行為や針を使用した採血や点滴を行うことのできない看護師でも働くことができます。

介護施設の看護師で働くデメリット

介護施設では、緊急時には看護師が対応することになります。必ずしも医師に電話連絡ができる状況ではないため、看護師の判断が重要になります。病院とは違い高度な医療機器がないため、その場で行える応急処置や施設内にあるものを利用していくため、誰でも簡単に行うことができないデメリットがあります

介護施設で働く看護師は、医療行為だけではなく介護的なケアもしていくことになります。排泄介助や移乗など病院では看護助手やヘルパーに任せていることも行っていくため、体力的に大変な業務も行う場合があります。介護ケアが好きな人にとってはやりがいのある仕事になりますが、苦手な人にとってはデメリットになります。

介護施設の看護師としての経験とキャリアアップ

介護施設の看護師は、利用者や介護職員への説明や指導の役割を大きく担っています。知識の多い看護師が多くの情報を伝えて共有することで、介護施設全体のスキルアップにつながります。

介護施設の看護師として経験を積むと、説明方法や指導方法についてのスキルが上達していく点が特徴の一つです。

介護施設では介護保険制度を利用していくため、介護に関する知識が向上していきます。介護施設で働くことによる介護の知識と、看護師としての看護知識や経験をもとに、看護師のキャリアアップとして介護施設の立ち上げを目標としている人にとっては、介護施設での経験が生かされます。

コンサルタントの対応満足度NO.1!『看護のお仕事』

看護のお仕事は、希望に合う職場をとことん探してくれる点が評価され『コンサルタントの対応満足度NO.1』に選ばれました。職場の雰囲気や人間関係など詳しい病院情報も教えてくれるので人間関係で失敗したくない方だけでなく、第二新卒の方やブランクがある方・転職サイトの利用が初めての方にもおすすめです。

紹介実績NO.1 高給与求人が多い『ナース人材バンク』

高給与求人が多く、全国の病院の求人を網羅しているナース人材バンク。コンサルタントの対応も評判がよく、豊富な紹介事例とキャリア相談に定評があります。職場の人間関係がよく働きやすい求人やスキルアップできる求人が多く、看護師としての力をつけたい方におすすめです。

定着率がいい求人だけを紹介!『マイナビ看護師』

人間関係がよく働きやすい職場にこだわり、定着率が良い求人を厳選して紹介しているマイナビ看護師。コンサルタントの対応も評判がよく、利用者満足度は96%以上となっています。職場の人間関係がよく働きやすい求人や研修制度が整っている求人が多く、人間関係が原因で転職する方や、ブランクがあり復職する看護師に人気があります。

«PREV 

»NEXT 

あなたの悩みはどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧