介護施設における看護師の役割と仕事内容

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師

看護師が働く介護施設には、多くの介護関連施設があるため、それぞれに違った役割や仕事内容で働きます。自分に合った業務内容を知っていくことは、転職する時に介護施設を選ぶ基準になります。介護施設における役割や仕事内容の違いを説明します。

介護施設における看護師の役割
介護施設で働く3つのメリット
  • 入居者とのコミュニケーションが取れるので、密な信頼関係が構築できる
  • 自分のペースで働けるので、プライベートを充実させられる
  • 入居者の健康管理が主な介護施設だと、基礎的な看護技術があれば充分で働きやすい

介護施設における看護師の役割

介護施設と病院の一番大きな違いは、基本的に治療を行わないということ。

看護師の介護施設でのおもな役割は、介護と看護です。

介護施設では、特別な治療や高度な医療を行うことは少ないですが、医療行為看護ケアはとても大切になります。

介護施設で行う医療行為には、

バイタル測定・検査データ処理・点滴の管理・経管栄養・血糖管理・排便コントロールとして浣腸や摘便・吸引・内服薬の管理と投与・褥瘡の処置・身体への薬剤貼付や軟膏塗布の処置

などがあります。

看護ケアには、排泄介助や入浴介助といった介護業務と、マッサージや関節可動域訓練を利用したリハビリを行うことも含まれています。

そして、介護施設の種類としては主なものとして、

①介護老人保健施設

②特別養護老人ホーム

③有料老人ホーム

の三つを挙げることができます。

介護施設は介護士と看護師という職種が混在している環境で、看護師と介護士の大まかな割合は2:5程度。介護士の方が人数が多いというのも介護施設の特徴です。

それぞれの施設での看護師の役割と仕事内容について見ていきましょう。

介護老人保健施設での看護師の役割と仕事内容

介護老人保健施設では、看護師と介護職員が一緒に仕事をするという形をとっています。

看護師の役割として医療行為全般を行うことも大切ですが、介護職員と一緒に日常生活の介助を行うことも大切な役割です。

特に、介護老人保健施設は基本的な介護サービスは行われるものの、あくまでも入居者の在宅復帰を目的とした施設であるため、治療や処置がほとんど必要ありません。

介護老人保健施設では、日中は医師である施設長がいますが、夜間帯では夜勤の看護師1人が医師の役割を補います。

夜勤で24時間体制により利用者様を見ていくため、緊急時には看護師の判断が重要になります。

緊急時でも落ち着いて対応していき、応急処置や緊急時の判断ができるスキルは必要になります。

特別養護老人ホームでの看護師の役割と仕事内容

特別養護老人ホームでの看護師は、日勤帯のみの仕事になります。

看護師の人数も少ないことから、医療処置を行うことが重要になります。

利用者様の人数により人員は異なりますが、1人か2人で全員を回らなければいけないため、看護師の主な仕事は医療行為全般になります。

特別養護老人ホームでは、夜間帯には介護職員で見ていくため、看護師には介護職員への緊急時対応や、吸引等の介護職員が行える医療行為を指導する役割があります。

介護職員でも行えるようにわかりやすく説明し指導する能力が、特別養護老人ホームでは必要になります。

有料老人ホームでの看護師の役割と仕事内容

有料老人ホームでは、施設により看護師の役割や仕事内容は異なります。

一般的な介護付き有料老人ホームでは、昼間の勤務になることが多いため、特別養護老人ホームの看護師と同じ役割を持ちます。

住宅型有料老人ホームでは、介助の必要性が少ない利用者の対応をしているところでは、日勤帯のみの勤務が多くなっています。

経管栄養や点滴・人工呼吸器など重度の利用者の場合には、看護師は夜間も常駐しているため、介護老人保健施設のような医療行為と看護ケアを行うことが多くなります。

また、住宅型有料老人ホームでは、訪問看護と兼務で仕事をしていく職場もあるため、訪問看護のスキルが必要になります。

介護施設で実際に働く看護師が抱える悩み

介護施設で働くうえで最も大きな問題になりうるのが、介護士と看護師の人間関係です。

人間関係の悩みは病院で働く看護師においても共通していますが、

介護施設においては、看護師が医療的な考えを優先して利用者に接するのに対し、介護士は、利用者に生活の場を提供するといった目的を持って業務に当たることが多いということが特徴としてあります。

そのため、価値観の違いから両者に対立が生まれることも少なくありません。

施設で働く看護師の給料

施設や業務内容に左右されることはあるものの、約350~450万円程度です。

夜勤や残業のない施設が多いため、その額は看護師全体での平均年収472万円に比べると低め。

しかし、介護士の年収と比べると約150~170万円程度上回っており、これも介護士と看護師の対立を生む一つの原因であるといえます。

介護施設で働くメリット

病院と比較すると、平均在所日数が長い介護施設では、一人一人の入居者とじっくりコミュニケーションをしながら関わることが出来ます。

病院では大量の業務に追われ、患者と関わることが出来なかったという方にとって介護施設はおすすめの環境です。

また、夜勤や残業のない職場が多いため、定時で上がることができる施設が多いという点も、自分のペースで働きたい看護師にとっては大きなメリットだということが出来るでしょう。

治療ではなく、入居者の「健康管理」業務が主な介護施設の看護師は、基礎的な看護技術があれば充分です。

そのため、結婚や子育てを経験したママナースたちにとって、ブランク後の復帰がしやすいというメリットがあります。

つまり…

介護施設で働く3つのメリット

  • 入居者とのコミュニケーションが取れる→密な信頼関係の構築
  • 自分のペースで働くことが出来る→プライベートの充実
  • ブランク後の復帰がしやすい→子育てに追われるママさんナースでもOK

施設で働く看護師に向いている人とは?

病院よりもゆったりと時間の流れる介護施設では、利用者の方一人一人とじっくりコミュニケーションができる方が向いているといえます。

また、数少ない介護施設で働く看護師はいざとなった時に的確な判断追加のできる、判断力や対応力のある方も向いているといえます。

介護施設で看護師として働くには?

一括りに介護施設といっても、その仕事内容や形態は施設によって異なります。

自身の希望条件とのギャップを生まないためにも、転職サイトに登録して情報を入手し、自分に合う施設を探してみましょう。

また、自分が介護施設看護師に向いているか分からない…という方も転職サイトのコンサルタントのサポートを受けてみることをおすすめします。

自分一人で悩むよりも、数多くの看護師の転職を手助けしてきたコンサルタントに相談する事で、最も自分に合う職場・働き方を見つけることが出来るはずです。

おすすめの看護師転職サイト一覧

看護roo!
看護のお仕事
マイナビ看護師
4位 医療ワーカー

8月・9月は良い条件の求人に向かってスタートダッシュ! 

条件が良い人気求人は、限られています。

「転職シーズンの9月になってから登録しても遅くないでしょ?」という考えでは、なかなか希望どおりの職場に転職できませんよ。

スムーズな転職のためには、一足早く転職サイトへ登録して情報収集を行うのがおすすめです。

さらに今の時期から複数の転職サイトに登録することで、非公開の求人情報ももれなくカバーできるのです。

どの転職サイトも求人紹介から入職するまで、完全無料で徹底サポートしてくれます。

利用者満足度96.2%! 『看護roo!』

看護roo!はサポートが手厚く対応地域(首都圏・中部圏・関西圏)の求人数が多いので、対応地域の病院を探している看護師さんは必ず登録しておきたい転職サイト。働いているスタッフでさえ驚くほど、どこよりも詳しい病院情報を事前に教えてくれることで有名です。利用者満足度も96.2%とNO.1を誇ります。

コンサルタント対応満足度NO.1!『看護のお仕事』

看護のお仕事は、希望に合う職場をとことん探してくれる点が評価され『コンサルタントの対応満足度NO.1』に選ばれました。職場の雰囲気や人間関係など詳しい病院情報も教えてくれるので人間関係で失敗したくない方だけでなく、第二新卒の方やブランクがある方・転職サイトの利用が初めての方にもおすすめです。

定着率がいい求人だけを紹介!マイナビ看護師

人間関係がよく働きやすい職場にこだわり、定着率が良い求人を厳選して紹介しているマイナビ看護師。コンサルタントの対応も評判がよく、利用者満足度は96%以上となっています。職場の人間関係がよく働きやすい求人や研修制度が整っている求人が多く、人間関係が原因で転職する方や、ブランクがあり復職する看護師に人気があります。

«PREV 

»NEXT 

あなたの悩みはどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧