復職後の潜在看護師の心構え

 
看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク

復職を検討する元看護師は不安だらけです。ブランクが長くなればそれだけ不安が助長されます。今、病院で盛んに行われている復職支援制度を利用して現場復帰する元看護師がとても増えています。いざ就職となれば病院勤務にこだわらず介護施設、企業など多様な職場を視野に検討してみましょう。

30年のブランクから復職した看護師がいた!

復職を考えている元看護師はたくさんいます。しかし大きな壁になっているのが“不安”の二文字。これは復職検討中のどの看護師からも聞こえてくる声です。不安は心理と技量の2つに分けることができます。心理とは職場適合や就職活動への対応です。一方、技量は日進月歩進む医療機器の取り扱い、最新知識の取得についてです。

そもそも元看護師、潜在看護師といっても置かれている状況は各々異なります。ブランク期間、現役時代の診療科ならびに専門性などにより現場復帰のスピード、プロセスは変わってきます。1、2年の短期間なら復職のハードルはとても低くなります。10年以上ともなれば間違いなく大きな壁にあたります。ところがナースの世界は不思議なもので30年以上のブランクを経て現場復帰した元看護師も現実にいます。

これほどの期間が空いても現場復帰できるのが今の看護業界の状況です。ひとえに看護師不足が深刻化しているためですが、長期間のブランクも資格さえあれば再就職はできます。ある意味とても恵まれている職業といえます。

復職支援制度を利用しよう!

事前準備が必要です。まずは復職を成功させるには研修がとても大切になります。この研修とうのは通常、病院で行われている勉強会とは異なり、復職を希望する元看護師を対象にした研修会のことです。

潜在看護師の復職を後押しするため各医療機関では復職支援制度を導入しています。現場復帰を前提とした実務を重視している点は評価できます。体位交換からはじまり、注射・採血、吸引、胃管カテーテル挿入、輸液ポンプの操作などを少人数制で学び直せます。

研修終了後は短時間のパート勤務などを経てフルタイムでの本格復帰することも可能です。復職へのステップアップをサポートする体制はだんだん整いつつあります。しかし本当の壁は復職後にあるとされます。復帰を果たせばすでにスタッフの一員です。復職支援の研修ではお客さん扱いされます。看護師として再び臨床現場に立つと理想とは違う現実が待ち構えています。

担当チームの長は年下の看護師であることもあります。退職前の職場では経験年数が多い年上看護師が上司であることが普通です。復帰後は一回り、それどころか20歳も違う年下看護師が上司だったりします。

最新技術に不慣れなため年下上司から怒鳴られることもあるでしょう。指示、指導されるのもすべて年下看護師。今までに経験がないストレスに悩まされます。現実の上下関係を受け入れることができればよいですが、年下看護師からの指図は意外にもこたえるものです。

病院内勤務にこだわらない!

退職前の看護師時代とはまったく違う人間関係の中で仕事をしなければなりません。最新の看護知識や技術は時間が経てば身につくものです。ただ、人間関係だけは勝手が違います。度量を深くもてれば年下看護師とも上手く付き合うことができますが、なかなか現実は難しいところです。このような時には病院内勤務にこだわらず、訪問看護や高齢者施設などを視野に復職を検討するとよいでしょう。

福祉施設などでは常駐する看護師が1人または2人程度なため、入職していきなり看護担当の責任者として働くことができます。看護師としての専門性を活かしつつ、煩わしい上下関係に悩まされることもありません。ブランク看護師でもそれに見合った職場はいくらでもあります。病院、施設、企業など看護師求人のすそ野は広がり続けています。



おすすめの看護師転職サイト一覧

 
看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク
4位 マイナビ看護師
5位 ナースではたらこ

«PREV 

»NEXT 

あなたの希望の転職先は?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧