異動先が激務で技術力もおいつかず、辞めたいと考える看護師の悩み

 
看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク

大学病院や総合病院では、病院内の異動は比較的頻繁にあります。ですが、全く初めての診療科に配属される場合や、全く興味を持てない診療科に配属される場合、看護師としての意欲自体を失ってしまうことにもつながりかねません。 異動先が合わない看護師の悩みと、その対処策を解説致します。

この記事の目次

事例

「異動で配属になった胸部外科は、初めてのことばかりで毎日戸惑ってばかりいます。この30代後半と言う年齢で、全く初めての部署に配属されること自体が珍しいと周りのナースたちからも言われています。

新人ではありませんので早く仕事を覚えなくてはという焦りと、なぜ今になってこんなところに異動させられたのかという思いでいっぱいです。

胸部外科について勉強はしているものの、全く自分の希望ではないためやる気もなくなってきています。私が処置に手間取っていると、他のスタッフたちも『経験年数があるのに、どうしてそんなこともできないの?』という冷ややかな態度を露骨に示します。

毎日情けない気持ちでいっぱいです。もう少し頑張るべきか今までの経験を活かして内科で働ける病院へ転職するべきか迷っています。

分析

20代のときは全く新しい診療科に配属されても特に抵抗はなくても、30代後半くらいのベテランになると、全く新しい場所へ順応することが難しくなってくるものです。

まして希望とは異なる診療科の場合なら、なおさら「新しいことを覚えよう」という前向きな気持ちを持ちづらいでしょう。 異動した診療科に関しては「初心者」ですが、看護師と言う仕事に関しては「ベテラン」でもあります。

相反する状況に身を置くことの辛さも、味わっていらっしゃるのかもしれません。

アドバイス

看護師としてはもう初心者ではないという「プライド」があるために、新しい業務における技術力のなさや知識のなさを痛いほど感じていらっしゃるのがよく分かります。

ですが、その「プライド」を、新しいことを学ぶ上でも活かしてみるのはいかがでしょうか。 経験がない看護師が新しい技術を習得するまでに必要な時間より、経験豊富な看護師が新しい技術を習得するまでにかかる時間は少ないものです。

せっかくの新しい知識や技術を学べる機会を、「興味がないから」「今までにしたことがないから」と手放してしまうのは、本当にもったいないと言えます。

今まで内科で十分に経験を積んできたあなただからこそできる、胸部外科の看護があるはずです。少し時間が立てば、似ている点や今までのスキルが活かせる点がたくさんあることにも気付くはずです。

 
看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク
4位 マイナビ看護師
5位 ナースではたらこ

«PREV 

»NEXT 

あなたの希望の転職先は?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧