夜勤が多く体調不良になってしまっている看護師の悩み

 
看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク

夜勤をしたい気持ちはあっても、体力的に無理な看護師の方も少なくありません。夜勤回数が多くて体調を崩しやすいナースが抱きがちな悩みや、体調を崩したために日勤のみで仕事をしているナースが感じる悩みについて、どのように対処することができるのかを解説致します。

この記事の目次

事例

「転職前の勤務先では夜勤もしていたのですが、年齢的なこともあり体力的に不安を感じて、日勤だけのクリニックに転職しました。今まで急性期の病院でずっと働いていたので、のんびりとした雰囲気や勤務体制に戸惑いを感じることもあります。

毎日同じことの繰り返しですので、病棟で働いていた時ほどやりがいは感じられませんが、健康が第一ですのでこれで良かったとも考えています。

分析

キャリアを追求するならば、夜勤をたくさん入れてバリバリ働くことが大事です。ですが、年齢的な衰えや元々の体力などを考えると、全てのナースがそのような働き方をできるわけではありません。

ですが、自分で決めたこととはいえ、なんとなく物足りなく思うのもよく分かります。どのように気持ちに折り合いをつけることができるのでしょうか。

アドバイス

大きな病気をする前に働くスタイルを変えたことは、非常に賢明な選択と言えます。おそらくこのナースさんは、危機管理に優れた有能な方なのでしょう。

大きな病気やけがをしてからでは、ナースと言う仕事自体も続けられなくなる場合もあります。そうなる前に自分の体調を把握して勤務スタイルを変えることは、誰にでもできることではありません。

今まで急性期医療の現場で、常に緊張感の中で働いていたのですから、なおさら毎日の看護業務が緊迫感のないルーティーンワークのように感じてしまうのでしょう。

ですが、ここでぼんやりと油断することは正しいことでしょうか。急性期医療ではないと言っても、看護を行う場所が命の現場である限り、思わぬトラブルや事故が潜んでいるのは事実なのです。

今できることを最善の方法で行う事、より良い看護を提供するために努力を続けることは、有能なあなたに課せられた使命でもあるのです。

体調不良が原因で日勤のみにシフトしたナースも、これからの体力が不安で日勤のみの職場に転職したナースも、その職場で最善を尽くすためにはまだまだ努力することは必ずあります。

 
看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク
4位 マイナビ看護師
5位 ナースではたらこ

«PREV 

»NEXT 

あなたの希望の転職先は?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧